スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

691枚目 ビートルズ「マイ・ボニー」を聴き直しました。驚きました!!

691枚目 ビートルズ「マイ・ボニー」を聴き直しました。驚きました!!

レーベル :Polydor
発売年 1962年
発売元 日本グラモフォン株式会社


A面  マイ・ボニー
B 面  ザ・セインツ


マイボニー ビートルズ


晴れ間が出てもすぐに曇り、雪がチラつきます。気持ちがイラつきます。
で、気晴らしにネット・サーフィン。レコードの掘り出し物がないかなあ、と。
ありました!! これです。『激レア/ビートルズ/マイ・ボニー・ツイスト

ビートルズ マイボニー ツイスト


初めは目の錯覚かと、次にこれは何か悪いジョーダンかと思いました。155万円!我が家の年収とさして変わらない!
ジョーダンではなく、ちゃ~んと落札されていました

こちらが問題のサイトです。興味のある方はご覧ください


まてよ!! 『マイ・ボニー 、Polydor レコード』、これに似たのがある!!
スワ!!屋根裏部屋へ直行だ!!(今日はビックリマーク大連発です。)
屋根裏部屋から引っ張り出したのが最上段の写真の「マイ・ボニー」です。息急き切ってヤフオクでチェックしたら、特に希少盤ではなく価格もバラバラ、がっかりです。誰も見向きもしないような「マイ・ボニー」です。さらに私の「マイ・ボニー」はジャケットがなく、カラーコピーしたインチキなものですから、全く価値はないのです。

マイボニー ラベル


でもなぜ『激レア/ビートルズ/マイ・ボニー・ツイスト』が155万円? 納得できません。しかも国内盤です。UKポリドールや独ポリドールならわかりますが。
さらに、良く見ると演奏者がトニーシェルダンと彼のビートブラザーズですって!!ジャケットデザインもセンスなく、昭和の雑誌によくあったチープなもの。これは怪しい、何かある。

 と、いうことで手元にある資料を徹底的に調べることに。といってもこれだけの乏しい資料ですけど。


ビートルズ資料 BBCアーカイブス


ありましたよ!!The Beat Brothersは実在しておりました。クオリーメン、ムーンドッグス、シルバー・ビートルズは知っていましたが、The Beat Brothersは知らなかった!!

 しかしですよ。「マイ・ボニー・ツイスト」はどこをさがしてもないのです。1961年12月Tony Sheridan とリンゴ・スターがまだいなかったビートルズが『マイ・ボニー』 をレコーディングしました。ポリドールレコードの音源は155万『激レア/ビートルズ/マイ・ボニー・ツイスト』も私のカラーコピー付き『マイ・ボニー』も同じなはず。ビートルズブレイク前ですから、初版は当時流行っていたツイストをタイトルにかぶせた。で、2版目から正当なタイトルにした。ポリドールレコード関係者が見るはずもない超マイナーブログですから好き放題書きますが、きっとそのような経過だった・

わずかなタイミング、ネーミング等々の付加価値によってモノの値段が劇的に変わることを知りました。
 それにしても1枚のドーナツ盤に155万円を払う人がいるのですね。驚きました。


こちらはyoutube
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

毎度です

トニーシェリダンとビートブラザーズ名義ですね!

ハンブルグのクラブで燻ってた時代ですね。
ベースのスチュワートサトクリフがスタジオに現れずに、
ポールが彼の代わりにベースを弾いたことが、まあ後の形に繋がるわけです。

その辺の詳細なくだりは映画「バックビート」に詳しいですね。

本当は音楽よりも絵描きになりたいスチュワートだけれど、
ジョンとの友情でバンドに参加している。絵か友情か揺れつつ、
原因不明の頭痛と目眩に苦しみ、バンド活動を休むスチュワート…。
映画ではそんなスチュワートに業を煮やし、
「あんな奴クビにしろ!オレが代わりにベース弾くから!」とジョンに
詰め寄るイヤミな感じのポール。ジョンも彼との友情を貫こうとするものの、
さすがにこりゃあ庇い切れないなあ…と無言で不機嫌になるっていう描かれ方…
生々しいです。彼は脱退しハンブルグに残り、ビートルズの成功を見届けつつ永眠。

そんな悲喜交々なビートルズ青春篇を飾るのが、マイボニーの価値ですね。
その国内盤が155万円…はたして高いのか....もしかして安いのか??
ちなみにこの価格、ちょうどライカの最新機種がレンズ付きで
どうにか買えるかなって値段。それも随分法外な感じで難しいです。

No title

こんばんは。
凄い値段ですが、買う人がいるんですね。
ホントに価値観は人それぞれ、ということで。

私はYouTubeで音楽を聴いたりビデオを見ると生活に慣れてしまったので、全くピンと来なくなりましたが、昔は都内の輸入盤
、中古盤レコード店で、レア盤を見て指を加えてたのをふと思い出しました。

「バックビート」

こんばんは

 なるほど、この時代のことは映画「バックビート」にくわしいのですね。
 何人かの方がこの映画のことを紹介されていましたが、そのことすら忘れていました。
 このスチュワートサトクリフは若い時に亡くなるのですね。それに対するポールマッカトニーの冷たい対応、ビートルズの人間関係も見え隠れするようですね。是非見たいです。

 私はこのドーナツ盤を聴いて全くビートルズの姿が見えないので無視してきました。したがってレコードの程度も悪くないので、もしやと思ったのですが、まったく問題になりませんでした。

 やはりその道にくわしい人が出品し、落札するのですね。
 勉強になりました。

 カメラの世界もそうですか。その道は金額の問題ではないのですね。希少価値を求めて金に糸目はつけない、ということですか。
 実際の数字を見て、とにかくびっくりしました。

155万!!!

こんばんは。

いるんですね、こんな値段出しても買う人・・・。
まったくこういうことに興味が無いので、分かりません。
定価以上で者を買ったことが無い(買う気が無い)ので・・・。
ヤフオクで買えたためしがありません(^_^;)

よって、この値段がどうかって、評価できません(笑)

でもビックリはミキタカさんもこのレコードを持っているんですね!
スゴイ!

バックビートは結構面白い映画です。
ビートルズの映画ではなくて、スチュの映画ですが。

価値観は人それぞれ

yuccalina さん

 こんばんは

 本当に人それぞれ価値観が違う、ということを再認識しました。たかが300円程度のレコードですからね。

 レコードは確かに昔の方が高かったです。新品はもちろん、北海道の地方都市にある古本屋さんでもロックの名盤などは新品より高く、手が出ませんでした。レコードの価値が下がっていると思っていた時に今回の高値ですから、本当に驚きました。

 その意味ではyoutubeは凄い発明だと思います。本当にいつでも気軽に何でも、それもタダで聴けますから。
 私もずいぶん利用しています。
 最近はアマゾンのプライム映画も利用しています。アナログ通を 標榜しながら、デジタルにもどっぷりつかっています。
 
 いつもコメントありがとうございます。
 
 

イエ!これ持ってません!!

バニーマン さん

 <ミキタカさんもこのレコードを持っているんですね! スゴイ!

  い!いいえ!持っていません。
  たぶんですよ、音源が同じだろうな、と思うドーナツ盤を持っています。
  でもそれは私の勝手な想像であり、根拠はありません。(製造番号はかなり近いです。)

  <定価以上でモノを買ったことが無い

  私も同様です。

  従って今回はあまりの高額に驚いてしまい、皆さんを惑わすようなことを書き、申し訳ありません。

  題名はわすれましたが、オードリー・ヘップバーンの映画で確か遺産を受け継いだヘップバーンが悪党に追われる、その巨額の遺産は実は超高価な切手だった。
  今回のドーナツ盤は私にとってその映画のような物語でした。
  いつもコメントありがとうございます。
  
  

レコードは楽し!

mikitaka08さん、こんばんは。
115万ですかぁー? そりゃー凄いですねぇ。
僕の場合、あまり他人のことは言えませんが・・(苦笑)
ビートルズでは「プリーズ・プリージ・ミー」のゴールドとか米盤「イエスタデイー&トゥデイ」のブッチャーカバーとかが高額盤として有名ですが、それでもそんなにしないのではないでしょうか?

「マイ・ボニー」はもってないなぁーと思っていましたが、1995年頃に発売されたアンソロジー1という3枚組に、これがありました、あまり聴いてなかったなぁと反省!
で、このレコードには記録としては、優れたレコードだと改めて思った次第です。
レノンとハリソンの競作やマッカットニー、ハリソンの競作とか、正式なビートルズ以前の録音、楽曲がありますし、バディー・ホリーのカバーなんかも聴けます。
ビートルズが影響を受けたというか、原点的なものが聴けます。 
いやービートルズネタは尽きませんね~。

No title

MINGUS54 さん

 こんばんは

 そちらは先日の雪がたいへんでしたね。
 一転して今朝の旅番組では(タイトルは忘れました)九州南部の焼酎文化に触れていました。
 芋、麦、米と種類があり、宮崎や鹿児島は県内に何百という焼酎メーカーがあるんですね。
 驚きました。

 こちらのレコードは私と無縁の世界なだけに驚きました。
 音楽というより「lなんでも鑑定団」の世界ですね。

 <ビートルズでは「プリーズ・プリージ・ミー」のゴールドとか米盤「イエスタデイー&トゥデイ」のブッチャーカバーとかが高額盤として有名ですが

 私もジャズやクラシックの輸入盤なら貴重なレアものがあると理解できるのですが、
 今回は国内盤だったものですから取り上げました。

 「アンソロジー1」にも入っていたのですね。記憶にありませんでした。

 <いやービートルズネタは尽きませんね~。

  本当にそうですね。私も音楽の本質部分では語るべきものがないのですがその周辺部分で騒いでおります。
  皆さんからたくさんのことを教えていただき、認識を新たにすることが多いのですが。

  いつもコメントありがとうございます。

 
 

No title

ちょっとした違いだけなのに!
でも、mikitaka08さんがお持ちの「マイ・ボニー」だって
ものすごく珍しいですよねー。
すごい一枚をお持ちですね!

原曲は、スコットランド民謡らしく、
このレコードで始めてロックンロール調にアレンジされたようですね。
カミさんが高校生だった時の音楽の教科書に載っていたそうです。
(たぶん、スコットランド民謡としてだと思いますが)

それはそうと、断水、大丈夫ですか?
ニュースで、そちらが大変なことになっているとやっていましたよ。

原曲は、スコットランド民謡

つかりこ さん

 こんばんは

 ご心配していただき、ありがとうございます。

 当地は寒いですが、雪害は全くなく、今のところ積雪も例年より少ないです。
 ところが30~40キロしか離れていない岩見沢は今日も大雪だそうです。
 今年の大雪はオホーツクの方に集中しており、観測史上かつてない大雪を記録している所もあります。それも広い北海道の極限られた場所でピンスポットで、狙われたような感じの気候です。
 これも異常気象のひとつなのでしょうね。

 さて、マイボニーですが。

 <ちょっとした違いだけなのに!
 ハイ、外見は違うのですがyoutubeで聴いた曲と私のドーナツ盤は同じに聞こえます。
 レコードの品番号がこちらはDO-1254で私のはDP-1351です。カスっています。

 つかりこさんの奥さんが高校時代この楽曲を音楽の時間に習ったそうですね。
 私は中学時代に歌わされた覚えがあります。
 おっしゃるようにスコットランド民謡としてです。英詩もやさしく歌いやすいですから。
 したがって、このレコードを聴いたときは「学校でならう歌をなんでエレキで?」くらいの感想でした。ヒットもしなかったし、話題にもならなかった、と思います。

  それがこの値段ですから、わからないものです。
  50年も保管していたものですから、死ぬまでは手放さないでおこうと思います。いつもコメントありがとうございます。
  

 
 

 
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。