スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

683枚目 ピンクフロイド「Great Dance Collection」から「Another Brick In The Wall (Part 2)」を聴きなおしました

683枚目 ピンクフロイド「Great Dance Collection」から「Another Brick In The Wall (Part 2)」を聴きなおしました


pink floyd danceブログ

andy warhol



レーベル : COLUMBIA
発売年 1981年
発売元 CBS

Side1
1. One Of These Days
2. Money
3. Sheep
Side2
1. Shine On You Crazy Diamond
2. Wish You Were Here
3. Another Brick In The Wall (Part 2)

前回、芸術活動の一環としてリース作りに挑戦宣言をした私ですが、11月としては62年ぶりの大雪にすっかり芸術心(こころ)を折られてしまい、傷心と大汗と腰痛の日々を送っております。大雪も2~3日後に降った雨でかなり消えてしまったのですが、かと、言って芸術心が復活するわけでもないのです。
そんな言い訳の日々を過ごし、いつものように散歩に出かけたところ、例によって平日のフリーマーケットが開かれていました。あのおばさんがいました。覚えていました私のことを。「今日もいいレコードもってきたよ」と、おばさん。今回は1970年代に大流行した全集モノのひとつがありましたが、そそられません。他に、70年代子ども向けテレビ番組主題歌集や演歌のドーナツ盤がひっそりと数枚。柳の下にドジョウは二匹いませんでしたね。すぐに立ち去るのも気が引け、ブレンダ・リーのドーナツ盤でお茶を濁し、クリスマス用にアンティークなキャンドルスタンドを隣のおばさんから購入し、フラフラ歩き回っていたら、ありました!!ミッキーマウスのジグソーパズルの陰にアンディ・ウオホールのポスターが!!ビニールカバーは薄汚れ、一部破れています。良く見ると中はきれいで、日焼けがありませんサイズはB3でしょうか。そこのブースのお姉さんに値段を聞くと、「600円」ですって!!1000円札を渡し、「つりはいらね~ヨ」と小粋なセリフを吐きたくも、しっかりのみこみ、400円をいただき、その場を足早に立ち去りました。犯罪者のように。
 6枚の「絶滅危惧種」、teNeues Publishing Company 製です。シマウマの目が悲しい!!サイの色使いの見事なこと。カエルに関してはアンディ・ウオホールだけができる技ですね。これがすべてシルク・スクリーンですから。
 かつて年賀状をシルク・スクリーンで作り、あまりの細かさに体調を悪くしたことがありました。それだけ、難しいのです。といっても、説得力はありませんね。

さて、手持ちのピンクフロイド「Great Dance Collection」、ジャケットと紙スリーブの絵柄に惹かれて聴き直しました。特に紙スリーブの写真がいいのです。若者のダンスの写真と民族ダンスの写真、とりわけコサック帽を被ったおじいさんと、国はわかりませんがスクウエアダンスに興ずる高齢女性たちの写真が素敵です。
クリスマス商戦用に作られた、と酷評された「Great Dance Collection」。さらには日本語タイトル「時空の舞踏」にびっくりしましたが、Another Brick In The Wallは好きです、私。

こちらはyoutubeのAnother Brick In The Wall (Part 2)」
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

毎度です

ウォーホルのポスターは儲け物だったんじゃないですか?
特に組み物はポスターとはいえ、相当するはずですよねえ。

私もかつてウォーホル辺りで、かなり散財しましたよ!
もちろん当時の給料2ヶ月分くらいとか、高いんですけど、
絵画ほどではないって云う、微妙なところなんですよね。

少し前に、懇意にしてもらっていたあるブログ上で
「The Wall」の記事が取り上げられてたのに対し、
「私は、狂気以降の殺伐とした世界観が苦手なんです」
と云う主旨でコメントしたら、ブログ主さんから返ってきたのが
「世界中で売れたレコードなのだから、苦手というあなたの方が
むしろ異常とは考えないのですね?よく聴いて、好きになったらまたいらっしゃい」

ごめんなさい、ヨイショ出来ない性格なんです。
ああピンクフロイドは大好きなんですよ、「狂気」の前までは…。

No title

ウォーホルのポスターがどれくらいの価値なのか、さっぱりわまりません(^_^;)。
が、僕もウォーホルのディズニーのカレンダーを未開封で大事に?とってあります。
友人からアメリカ土産でもらったのですが、未開封なので中身がどうなのかも知りませんが、
なんとなく開封したら価値が下がるような気がして、以後そのままです。
カレンダーというのがちょっと問題だと思うのですが、いまのところオークションで売る気もないので・・・アホですね(笑)。

最近はピンクフロイドもご無沙汰なのでわかりませんが、このデザインもヒプノシスなんですかね?
こういったものは、やっぱりレコードならではですね。
CDでは小さすぎて、デザインの面白みに欠けますよね。

No title

pipco1980 さん

 こんばんは

 そうですか。価値がありますか。30×40センチで大きくはないのです。
 組み物は高い。知りませんでした。
 すでに開封してしまいましたから、価値は下がったでしょうね。
 私の考え、いや妄想としてはフレームを自作し、気分に合わせて飾ろうとしております。つまり今月はトラ、来月はカエルとか。

 給料の2か月分とはただならぬこと、あとで調べてみます。
 これも先日pipco1980 さんが「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ」について書かれた記事が鮮明に残っていたから、巡り合えた「幸運」と思っています。

 さて、ピンク・フロイド、楽曲によっては全くたいくつなものもあり、ふだんはほとんど聴きません。
 したがってコメントも正直、きちんとできません。写真は載せませんでしたが、ジャケットと紙スリーブのデザインは好きです。
 確かに世界中で相当売れましたね、まさにモンスターレコード、youtubeのヒット数にかつては数字のミスじゃないかと思ったことがあります。
ただ、この「great dance songs」は再構成したものですから、新鮮味はないです。したがって評判も良くない。

 「狂気」の前と後を少し、研究してみたいと思います。
 いつも示唆に富むコメントありがとうございます。

No title

バニーマン さん

 バニーマン さんのコメントを読む前のことでしたので、
 開封してしまいました!!

 ビニ本は破るモノという昔の習性で、つい。

 私のような轍を踏まず、そのカレンダーを未開封のままお持ちになっていた方が良いですよ。

 このレコード、印刷が悪いです。ソニーに買収される前のCBS製です。ジャケット、スリーブともにデザインはTCP GRAPHICSとかいてあります。

 ヒプノシス、バニーマン さんに教わるまで知りませんでした。今Wikipediaで調べたら、ジャケットデザイン、夥しい数ですね。極端に言うとロックの名盤と謳われるモノの大半がジャケットデザインをヒプノシスが担当した。もっと言うと、売り上げに貢献した。
 ジャケットで買う買わないを決めることってありますよね、特にレコードはそうです。
 
 私もヒプノシスモノが何枚かあることを知り、ますます手放せない状況におちいりました。夫の宝は妻のゴミと知っているのですが。
 貴重な情報のご提供ありがとうございました。

2枚組は疲れますぅ。

mikitaka08さんこんばんは。 
僕なんかは出来なかったことの言い訳だけはたくさん持っています(笑)

この曲はウォールの中の曲でしたね、僕も好きです。
僕とフロイドの出会いは1970年代後半のことでした。 当時、未だマイカーを持っていなかったので、週末に実家に帰る際に友人から車を借りました。
ラジオとカセットデッキ装備車でした、そこに1本のテープがありそれがフロイドの狂気だったのです。
それしかありませんから、両面を何度も何度も聴くハメになりました。 
当時はモダンジャズを主にきいていましたが、深夜に聴く狂気は凄く新鮮でなによりそのストーリー性に感じ入ったのでした。
売れたレコードがすべて良いのかというとこれは好みの問題ですから、なんとも言いようがありませんが、素直に好きならいいと思います。
今日はこのブログに感化されて「ウマグマ」を聴き倒しましたぁーちょいと疲れました(笑)

No title

ピンク・フロイドは、「狂気」と「おせっかい」はLPを持っています!
なぜか「エコーズ」が好きで、中学・高校とピンク・フロイドといえば
コレばっかし聞いていました。
久しぶりに聞きたくなりましたー。

ウォーホルの絶滅危惧種のやつは、B3版なら今後もどんどん珍しく
なると思うので、めっちゃお買い得では?
それにしてもおばちゃん、レコードといい、価値を無視して
どこから仕入れてきるんでしょうね。

> その場を足早に立ち去りました。犯罪者のように。

↑むふふふ

No title

MINGUS54 さん

 こんばんは

 相当お若い時からモダンジャズを聴いていたのですね。いつもジャズ・ライブラリーの多彩さに驚かされますが、当然ですよね。年期が違う。
 私は学生時代、お金を貯めてはジャズ喫茶に行ったものでしたが、社会人になり給料をもらうようになってからはあまり聴きませんでした。
 
 ビートルズのレコードは買いましたが、ピンクフロイドは買わなかったですね。
 深夜のドライブで「狂気」を聴かれたそうですが、合うでしょうね。

 自分が車を乗り始めた頃(車がなかったら生活できない場所だったものですから)を思い出すと、ピンクフロイドもBGMに意外に合ってたのではないかと思います。
 ほとんど対向車がない辺地だったのですから、大音量でピンクフロイドを聴きながら疾走する、と。

 「ウマグマ」を聴かれましたか、それはお疲れでしょう。私は正直、寝てしまいますね。
 ピンクフロイドをおしつけたようで申し訳ないです。

 コメントありがとうございました。

No title

つかりこ さん


 こんばんは
 <めっちゃお買い得では?

 そうですか。その道のプロである、つかりこさんにそのように言われると、何か大金を掴んだような気になります。
 このポスターを大金に換えた暁には、つかりこさんのご案内で歌舞伎町を豪遊しましょう。もちろん私のおごりで。できれば昔からある所を巡るのがいいです。一人では怖いですから。ただし、キャッチホニャララ~はダメですよ。

 中・高生でピンクフロイド、進んでましたねえ。苫小牧の冬景色に合ったでしょうね。でも、その頃の中学生は同じピンクでもレディの方じゃなかったですか?周囲と話が合わなかってでしょうね。
 私は中3の冬休み、高校受験を前に「クレイジーキャッツ」でした。お恥ずかしい。高校2年でやっとビートルズですから。ブログを通して、皆さんが音楽への関わり方が凄いのにいつも驚きます。

 <どこから仕入れて来るんでしょうね。

  今回は違う女性だったのですが、前回の方ももちろんいました。本当にいつも不思議に思います。ゆいしょある骨董市ではありませんし、古物商のライセンスを持っている方たちとも思えないのです。客がほとんどいませんから、利益も少ないと思うのです。前回は景品グッズ(Tシャツ、玩具、食器等)をズラリと並べていた方もいました。昨年暮れはジャズの名盤CDを10枚ほど見つけ、渋る妻に支払わせました。今年の暮れも楽しみです。
  さて、忘年会の季節、暴飲・暴食にお気をつけください。
  コメントありがとうございました。
  

 
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。