スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

676枚目 George Winston「Autumn」から「Longing/Love」を聴きなおしました

676枚目 George Winston「Autumn」から「Longing/Love」を聴きなおしました

autumn windam hills

じゃがいも


レーベル :Windham Hill 
発売元 Windham Hill
発売年 1980年

A面
SEPTEMBER
1.Colors/Dance
2.Woods
3.Longing/Love
B面
OCTOBER
1.Road
2.Moon
3.Sea
4.Stars

「関東・東北豪雨」で大きな被害にあわれた皆さんに心からお見舞い申し上げます。
大変なニュースやいやなニュースが続いている中で早くも9月は半ばを越えました。

今日はGeorge Winston「Autumn」を聴き直しました。このレコードには思い出があります。最初に手にしたのは、北海道西部の地方都市にあるリサイクルショップでした。ジャケットもなく、裸のレコードが透明のスリーブに入っているだけ。センター部のレーベルが白黒印刷なのです。しかも見たことがないレーベル。もしかして掘り出し物か、と引っ張りだすとジャケットに入っていないのにキズひとつなく、ピカピカなのです。300円くらいだったと思います。家に帰って聴くと音質も良く、全曲ピアノ1台だけのシンプルな演奏がとても心地よかったのです。
 その後「ウインダムヒル」というレーベルだと知りました。以後、きちんとジャケットに入っている美盤なのに見向きもされない「Autumn」を米盤、日本盤それぞれ一枚をリサイクルショップで見つけ大事に聴いています。いつ購入したか覚えていませんが、CD盤もいたる所で乱雑に取り扱われていましたね。もちろんキズのついていない良品を入手しました。
 さて、「9月」と「10月」とに分かれ、ジャケットの写真も各楽曲のタイトルも非常にわかりやすいこのレコードから1曲選ぶのに迷いました。迷いに迷って「Longing/Love」を。理由は今まで一番多く聴いたからです。
 月の光を浴びながら、冷たい雨の音を聞きながら、風の音・虫の音を聞きながら、枯葉が舞うのを見ながら、どんな状況にも似合います。 最近「じじバカ」と化し、安価な育児書を買い求め、「泣き止まない赤ちゃん」のためのCDとか赤ちゃんの脳を発達させるモービルやガラガラ等を息子夫婦の許可を得ず買い与える典型的なダメじじいの私、ひらめきました。George Winstonの「Longing/Love」を乳幼児用に製品化しよう、と。その際、「赤ちゃん○○ポ」「西○屋」、「コ○ビ」のどこに企画書を提出すべきでしょうか。と、深夜徘徊に加え、妄想も加速化しております。
 
紹介が遅れましたが、苦労して育てた「不揃いのジャガイモたち」です。大きな木の陰になり、花が咲かず、収穫をあきらめていたジャガイモが採れました。種イモ2~3個からこれだけの収穫ですから、自然のありがたさを感じます。来年はもっと研究して、多くの収穫を目指します。


こちらはyoutubeの「Longing/Love
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

こんばんは

このアルバム、もといウインダムヒル系の音楽、
私は正直言って得手ではないですけど、家人が昔好きで聴いてましたね!。
ジョージウイントンとか、リチャードクレーダーマンとか…。
もちろんまだ一緒になる前ですから、ホントは苦手なのに、好きなふりを
してたりね..懐かしいです。

おばんです

おお、なつかしい!
当時、なぜかジャズ・フュージョン等インストルメンタル流行りの風潮がありまして、
ウィンダム・ヒルレーベルは、 “イージー・リスニング” なんて呼ばれるジャンルの
代表でしたよね。
ミュージシャンにしてみれば、うれしいんだか悲しいがわからない呼び方です。
ジャズ好きの間では、「ふーん」なんて言って聴き流されていました。
裸のレコードが透明のスリーブに入れられて、セコハン屋さんで売られていた
というのは、そんな扱いのひどさがうかがえるハナシですねー。

いまこうしてご紹介いただいて聞き直してみると、どうしてどうして、
けっこういいですねー。
ピアノ一本だからでしょうか。
環境音楽的な印象もあるし、全然イージーじゃないですね。
アタマがぽわーんとなります。

北海道西部とは、小樽あたりでしょうか。
僕は北海道南西部、苫小牧出身なんです。

No title

pipco1980 さん

 こんにちは

 <ホントは苦手なのに、好きなふりをしてたりね

 なかなかつらいものがありますね。そのうち好きになったりすることも、ままにあるかもしれません。
 
 レコードやCDを聴くだけでは我慢できるとして、コンサートに出かけるときはどうでしょう。
 一緒にノッたふりをしているカップルがけっこういるのかも。
 pipco1980 さんのことではありませんよ。
 
 私もカンツオーネが好きだった妻につきあわされて、よく聴かされました。
 当時のステレオは妻の貯金を叩いて買ったもの、好きなふりをしていました。
 妻ではありませんよ。カンツオーネをね。
 コメントありがとうございました。 

No title

つかりこ さん

 こんにちは(土曜日の昼なので、おばんですと返答できずにスイマセン)

 確かにジャズの好きな人は聞き流すでしょうね。
 
 <環境音楽的な印象もあるし
 私も同感で、ウインダムヒル系は他のイージーリスニング系とは一線を画すのでは、と勝手に解釈しています。

 ハイ、つかりこさんの出身地、苫小牧です。
 もう20年ほど前のことです。
 札幌にはたくさん古レコード屋はありましたが、苫小牧にはなかった。リサイクルショップの片隅にレコードがおかれていました。「はー○お○」や「2nd ○トリート」などのチェーン店はありませんでした。古くうす暗い店が大半でしたね。
 ご存知のように苫小牧は転勤族が多いから、不用品がたくさん出るのですね。
 中にはレコードプレーヤー用のカートリッジがゴロゴロある店もありました。作業用前かけと黒い腕ぬき姿のじいちゃんがカートリッジいっぱいの工具箱から取り出して見せてくれました。MC
やMM式カートリジがそれぞれ500円と1500円でした。メーカー問わずにです。
 日本のオーディオ界が最も元気だった1970年代のモノがたくさんありました。さらに、そのじいちゃんは当時のオーディオについて詳しいのです、。話を聞くだけで楽しかったですね。その日の機嫌にもよりましたけど。機嫌のいい時にピカピカのLP「レッドツエッペリンⅢ」を500円で売ってくれました。店頭ではなく、自室から持ってきたものを、です。「はー○お○」や「2nd ○トリート」では絶対にありえないでしょう!!
 ずいぶんご無沙汰して、苫小牧には行っておりません。
 そのような面白い店はもうないでしょうね。チェーン店が台頭し、淘汰されましたね、どこの地方都市も。

 スイマセン、話が大きくそれました。

おはようございます

へー!苫小牧にそんなおもしろい店があったんですねー。
僕は、高校卒業後ぽつぽつと帰っただけで、よく考えたら
ちっとも自分の生まれた街のことを知らないんですよ。
この7月にも行ってきましたが、いわゆる「駅前」は、
中古屋さんはおろか大型チェーンの類もどんどんいなくなって
いるように見えました。
人口は増えているようなので、街の元気が外側に散らばって
いるようですね。
レコードを愛する人には、カートリッジやアンプの昔の名機などを
扱っている店はとてもうれしい存在なのですがねぇ。

とてもいいハナシをありがとうございました!
望郷の念に駆られました。

No title

つかりこ さん

 おはようございます。
 苫小牧にはしばらく行ってないのですが、駅周辺の衰退は全国の他都市と同じだそうですね。
 レコードに関しては駅裏のバイパス通りにあったレンタル店が全レコードを300円均一で投げ売りしていたのも思い出です。80年代ロックの名盤がゴロゴロありました。
 今もたぶんあるでしょう国道沿いの「鳥源」(源の字が違うかも)の焼き鳥は絶品でしたね。チェーン店のそれとは全然違います。錦町に若鳥の半身をから揚げする店もありました。マスターがなくなりましたが、居心地良いバーもありました。
 ハスカップというフルーツを知っていますか。「ヨイトマケ」に使われている。その生産量が著しく減っています。昔は勇払原野に群生していたのです。私は今ハスカップの栽培に挑戦中です。難しいのです。ー蛇足でした。ー

 苫小牧は自動車部品の生産量がかなり増えているようで、○ヨタやイ○ズ、○イシン、デ○ソー等に勤務する人も増えています。元気な地方都市のひとつですよね。
 反面、つかりこさんの卒業した小学校や中学校はもしかして統合され、名前が変わったかもしれません。どの学校にもあったアイスホッケーチームが今や合同チームですから。児童・生徒の数が当時に比較すると激減です。一抹の淋しさがあります。
 元気な街と言っても、商業圏は違うのですね。客は郊外の大型店に取られ、さらには札幌まで買い物にでかける人もいるのではないでしょうか。

 <ちっとも自分の生まれた街のことを知らないんですよ
 
 そうですね。
 高校時代までは行動範囲が絶対に狭いですよね。部活動などやっていたものなら、家と学校との往復で一年が終わります。
 自分の中・高時代を振り返るとまったくその通りです。
 私は転勤族ですので、当時は休みの度に苫小牧中をウロウロしました。

 是非、機会がある都度、帰省してください。長くなりました。お許しください。

No title

こんばんは。

 いいですね~。
この曲の有名な旋律の部分しか知らなかったのですが、
今、つかりこさんとのやり取りを、この曲をBGMに拝見していたら
短い小説を読んでいるような気分になりました。
秋なんですね~。

ホクホクのジャガイモ料理も似合いますね。

懐かしいです!

私もいっぱい聴きました、カセットテープで・・・(^-^;)
アナログなものは劣化してしまうので、今はもうテープが伸びて聴けなくなってしまって残念。
久しぶりにユーチューブで聞き直して懐かしくて落涙ものでした。

ウィンダムヒル系のカセットを続けて入手して何度も聴いたのが何年前になるかなぁ。
まだ公務員(教員)だった頃に、後輩に教えてもらって、すっかりはまったのでした。
ジョージウィンストン版のカノンを文化祭の劇のBGMに使った覚えもあります。
しばし、タイムスリップしてしまいました。
ありがとうございました。


秋なんですね~。

櫟コナラ さん

 こんばんは

 秋をイメージした曲を何の工夫もなくアップしたのですが、皆さんからコメントをいただき、色々思い出したり、知らなかったことを教えていただいたり、嬉しいです。

 <短い小説を読んでいるような気分
 実際に小説を書かれている櫟コナラさんにそのように言っていただき、嬉しいような気恥ずかしいような。 ありがとうございます。
 ボケ気味の脳にエンドルフィンが染み出てきます。

 大きな声では言えませんが「ホクホク」ではないのです。(第1号を試食した結果)
 いちばん合うレシピが「いももち」(私たちはいもだんごと呼びます)なのです。
 「ホクホク」のジャガイモは後で購入する予定です。大きな声では言えません。
 コメントありがとうございました。
 

No title

ナカリママ さん

 こんばんは

 カセットテープで聴かれた。
 そうですね。1980年代はCDよりカセットやレコードの方が多かったですよね。
 おっしゃる通り、伸びてしまう。特にカーステレオは、ですね。ちなみに私の車は未だにカセットデッキです。たまに同乗する若者は声を上げて驚きます、異次元の物体を見たように。
 
 ジョージウィンストン版のカノンがあったのですね。さっそくyoutubeで聴きました。
 一味違うカノンとジョージウィンストンの魅力を知りました。
 自分が流した情報が他の人を経由して膨らむ。ブログを始めて本当にそう感じます。
 年寄りにはとてもありがたいです。

 さて、カノンを中学校の文化祭でBGMに採用する。なんて素敵な演出。
 ナカリママさんのクラスの様子が目に見えるようですね。
 中学生の劇はセリフだけでも精一杯で、BGMまで「凝る」のは難しいでしょう。
 むすこたちの文化祭を見に行ったことがありましたが、劇などとてもとても、といった状況を思い出しました。

 コメントありがとうございました。
 

No title

ハスカップ、もちろん知っていますよ。
昔はよく、沼ノ端から千歳あたりにかけての、いわゆる勇払原野方面に
採りに連れて行かれました。(ひとんちのやつかなあ・汗)
家庭で、ジャムや梅酒みたいにリカー漬にして食べるのが
ジモティの習慣でしたねー。

三○星の「よいとまけ」は、苫小牧の代表的なお菓子の一つですねー。
オブラートを張り付けた外側がベタベタして食べにくいですが
甘酸っぱくておいしいですよね。

ハスカップネタ

つかりこ さん

 こんばんは

 そうですか、実際に採りに行きましたか。それも何回も。。。
 うらやましい!!そうです、ジャムはもとよりハスカップ酒もいいんです。
 私はハスカップ採りの名人からよく頂きました。一度ハスカップ摘みにつれて行ってもらいたかったのですが、名人が亡くなり、それも実現できませんでした。
 つかりこさんが行かれた勇払原野のハスカップが激減して、今や苫小牧以外のシルバー人材センター等に栽培を委託しています。私は今年隣の恵庭市にハスカップ摘みに行ってきました。

 そうです、日本一食べずらいお菓子、「よいとまけ」がハスカップを世に知らしめたのですね。三○星だけでなく、モ○モトもハスカップを使ったお菓子を開発しています。もちろん、「よいとまけ」にはかないませんが。私も大好きです。
 なにしろオブラートでくるむという発想が凄いですね。つかりこさんのぶろぐの切り口に似た所があります。
 その、ブルーベリーや他のべりーをはるかに凌ぐハスカップの生産量が20~30%も減っていると先日の道新に書かれてました。
 昔は身近にあって、あたりまえのことやモノがなくなって、その存在の大きさに気がつくのですね。
 製菓業界はハスカップの復活を画策しているようです。
 地元ネタのコメントありがとうございました。思わず力が入りました。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。