スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

674枚目 ロバータ・フロック「Killing Me Softly」から「Killing Me Softly やさしく歌って」を聴きなおしました

674枚目 ロバータ・フラック「Killing Me Softly」から「Killing Me Softly やさしく歌って」を聴きなおしました

robert flock

くいちぎられたとうきび

 アライグマに食い荒らされたトウモロコシ

スイカとカボチャ

  無事だったが農場主を激しく落胆させたスイカと比較的出来の良いカボチャ達

レーベル : Atlantic
発売元 ワーナー パイオニア
発売年 1973年

A面
1. Killing Me Softly With His Song
2. Jesse
3. No Tears (In The End)
4. I'm The Girl
B面
1. River
2. Conversation Love
3. When You Smile
4. Suzanne




悔しいです!!」
 お笑いコンビ ザ・ブングル加藤の持ちネタではありません。
せっかく種から蒔いて今日まで大切に育てたトウモロコシが食い荒らされました。犯人はアライグマ!!
初孫誕生のために3日間ほど畑に行きませんでした。どうやら我が畑には鳥や動物たちの情報網があるらしいのです。数日前からソワソワして畑仕事に力が入らない私をじっと物陰から見ていたのですね。カボチャとスイカ畑にはカジキマグロさえ釣れる太い釣り糸とネットで完全防備をしました。
 一方、トウモロコシの方は釣り糸2本と使わないCDを2枚ぶらさげておいただけ。事件が発生したのはディフェンスがかなり甘くなっていた、トウモロコシ畑(といっても2列だけですが)。留守を幸いに好き放題のアライグマ、まずは幹を引き倒し、大きく育ったトウモロコシをきれいに食い尽くしたのです。憎らしいことに、実があまり入っていない小さいトウモロコシは少しかじって遠くに捨てているのです。(カラスがはこんだのか?)さらに憎いのは、引き倒されなかったモノ達の扱い。まだヒゲが茶色になっていない小ぶりのトウモロコシの皮を一部チェックし、「けツ!!まずい」と、食べかけのまま放置してあるのです。一見「無事だった!!」が、実は齧られていた!!「悔しいです」

 荒らされた畑をかたずけて、被害をうけていないカボチャとスイカをあわてて採りました。スイカは直径25センチほど、重さは3キロを超える立派なモノでした。ところが家に帰って割ってみると、薄いピンクの部分が中心部10センチほど、残りは白と言おうか、白っぽいクリーム色と言うべきか、要はスイカではありません。早すぎたのです!!外見だけで判断したのです。アセリがありました。
 「作ったモノはのこさず頂く」がモットーですから、食べられるはずのピンクの部分を切り取って食べると、これがなんとも生臭く、「ムリ!無理!」思わず、若者用語が口から出ます。
 アライグマは完全防備のスイカにアタックするのは無理!と思ったのではなく、まだ食べごろではないことを熟知していたのです。耕作放棄地で生きるアライグマはしたたかでした。完敗! 「悔しいです」
 
 ということで、ロバータ・フラック「Killing Me Softly やさしく歌って」を聴きなおしました。 これは私自身へ、なぐさめの楽曲。

 こちらはyoutube の やさしく歌って
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

おめでとうございます!

あまりにサラッと書かれてらっしゃいますが
初めてのお孫さんが誕生されたんですね!
おめでとうございます!!

それはソワソワを見抜かれても仕方がないですね。
もしかしたらアライグマが「あの農場主のここ数日の気の散り様ときたら、
まるでご自由にお召し上がりくださいとでも言っているかのようである・・・云々」
などとブログにでも書いているかもしれず、
それで鳥やら他の動物の間でも情報が回っているんじゃないでしょうか。

わたしの叔母は毎年猿にトウモロコシをいたずらされる話をしますが、
いよいよ出荷しようと朝採りにいくと
一足先に来ていた猿が逃げてゆき、そこには一口ずつ齧っただけのトウモロコシが残されていると悔しがっていました。
まるごと平らげていったのは、よほど美味しかったんですね。

スイカも悔しい限りですが、数年後には
かわいいお孫さんに採れたてを食べさせるという「じいじ」の執念が勝るにきまってますから、また作戦を練り直してがんばってくださ~い。

お孫さんにも聴かせたいほど優しい曲ですね♪

ありがとうございます

櫟コナラ さん

 こんばんは
 ありがとうございます。初めての孫なので、実はウキウキワクワクの毎日でした。
 そんなところへ妹から特別老人ホームに入所している母の意識がなくなったと連絡が入り、急きょ200キロ余りを運転して東北海道にある帯広市へ行ってきました。
 ふだんは使わない高速道路を飛ばしました。
 病院へ着いたら、「今治療を受けて施設の方に戻りました」とのこと。老人ホームの看護師さんが適切な処置をしてくれたおかげで一命をとりとめ、入院することもなく、一安心でした。
 近くにも病院があるのですが、その看護師さんが「脳外科のある病院へ」と、救急隊員に指示してくれたそう。ところが運ばれた病院の若い医師が老人ホームの看護師さんに「この程度なら5分ほど様子を見て、それから判断して連れてきてください」と言ったそうです。呼吸の止まった母の様子を見て、すかさず酸素マスクを着け、心臓マッサージをしてくれた看護師さんは妹夫婦の前で「5分間様子を見ていたら、この患者さんは確実に死亡しました」と怒鳴ったそうです。
 妹夫婦が言うにはその若い医者の眉毛が半分なかったとのこと。
 最近は眼科に定期的に行くだけで、あまり病院に行かないのですが、半分眉毛をそり落とした医者が搬入された年寄りを見て迷惑そうな顔をする光景を想像して、腹がたちました。「現代医療も地に落ちた」と。
 これは例外だと思います。たまたまのできごとだと思います。
 腕がよければ、医師として立派であれば外見はどうでも良い。ですが、母がお世話になっている特別老人ホームの全スタッフの方々がすばらしいものですから、つい医者の倫理を外見を含めて疑ってしまいました。
 すいません、愚痴と返事のコメント遅れの言い訳を聞いていただいて。
 ということで、畑はほったらかしです。、今頃鳥獣たちのパーティ会場と化しているかもしれません。
 後日報告したいと思います。
 お祝いのコメントあらためて、ありがとうございました。

おめでとうございます!

初孫のお誕生、ほんとにおめでとうございます。
初めての孫というのは自分にとって初めての経験なので、ほんとにドキドキワクワクします。
わたしなんかもう六人もいるのですが、それでもやっぱりワクワクの存在です。

お母様よかったですね。
素晴らしいスタッフ、信頼できますね。
残念ながら、信頼できる医者が少ないのが現実のような気がします。
わたしの行く病院でもなぜ医者になったのかしら?と思うような人もおります。
もちろんそうでない人もおりますが。
私の両親はもうとうになくなりましたが、夫の母は元気に毎日畑に行っております。有難いことです。病気でも年老いても人として普通に暮らせる世の中であってほしいです。

トウモロコシ収穫目前にして悔しかったですね。
こちらも10年ほど前は動物に食い荒らされることはなかったのですが、最近は囲いをしないとやられてしまうので収穫期前にネットで囲いをしています。
特にトウモロコシがやられますね。
わたしの小さな畑は気にぐるりと囲まれたうちの敷地の中なので大丈夫なのですが。
以前はそんなことをしなくても大丈夫でしたのに、昔と比べた山に食べ物が少なくなってきたでしょうか、それに反して動物が増えてきているでしょうか。
3年前に久しぶりに訪ねた霧ヶ峰でも増えてしまったカモシカに木の新芽など食い荒らされて、山の生態系が壊されているようなことを聞きました。
スイカ、めげずに来年も植えてください。
わたしはまだスイカを植えたことがありません。
秋野菜も全然手を付けておらず、手仕事のほうを優先しています。
懐かしい曲ですね。ついでに別の曲も聞きました。

おめでとうございます。

mikitaka08さん、こんばんは。

僕もこのレコードは持ってますよ。 昔は聞き倒しました、コーヒーを飲みながら・・嘘です、焼酎を飲みながらでした(笑)

なんとお孫さんの誕生とか! おめでとうございます。 じいじの野菜を早く食べてもらいたいですね!

こちら鹿児島でも収穫前の作物を動物達に狙われるのは同じです。特にトウモロコシなどは即やられてしまいます、アナグマとかタヌキとかだと思いますが・・
まーめげずに頑張りましょう!





ご声援ありがとうございます

櫟コナラ さん

 昨日はつい感情的になり医者の悪口ばかり書きました。
 相手はたったひとりなのに、世界中のお医者さんが悪いように表現し、反省しております。

 <そこには一口ずつ齧っただけのトウモロコシが残されている
 猿もしたたかといおうか、性格が悪いと言おうかトンデモないですね。
 出荷予定の農産物ですから大変ですね。
 私は家庭農園のわずかな量でしたので、あきらめはつくのですが。
 
 <「じいじ」の執念が勝るにきまってますから
 ありがとうございます。
 お隣のプロの畑は荒らされていないのです。特に防御手段を講じてないように見えるのですが、機会をみて聴いてみようと思います。
 とにかく作戦を練り直します。ご声援ありがとうございました。
 

No title

ノラさん

 こんばんは
 <病気でも年老いても人として普通に暮らせる世の中であってほしいです。

 まったく同感です。
 医療や介護現場では様々な問題があります。
 私は国道と道道(国道よりランクがひとつ下。そちらでは県道ですね)の交差点近くに住んでいますが、交差点を歩いて渡るのがとてもこわいです。多くの運転者の目が交差点を渡る年寄りを蔑むか、拒否するか、冷たいのです。気のせいではありません。はっきりと「気配」を感じます。普段の生活の場でも、問題があると感じます。

 悔しいのでノラさんのお義母さんのように、私も畑仕事で体を鍛え、医者の世話にはならん!と開き直ろうと思っています。
 
 <収穫期前にネットで囲いをしています。
 そうなのですね。対策を練り準備が必要なのですね。
 見通しが甘かったこと、モノを作ることの大変さんを身をもって知りました。
 八百屋の安い野菜を見て「買った方が得!!」と思いました。
 勝手なものです。
 カボチャはなんとか食べれるようにできたので、来年スイカを頑張ります。
 ありがとうございました。

No title

MINGUS54 さん
 
<じいじの野菜を早く食べてもらいたいですね!
 ありがとうございます!!

 九州男児は豪快ですね。
 焼酎飲みながら「Killing Me Softly やさしく歌って」を聞き倒す。
 北海道日本ハムファイターズが福岡ソフトバンクホークスに勝てない訳だ。
 私は今、手製の紫蘇シロップにサイダーを割って飲みながら、この記事書いていますよ。

 台風で倒された栗の大木を目の前にして、ジャズを聴くMINGUS54 さんには圧倒されます。
 たかがトウモロコシであたふたする私は。

  動物による野菜被害はそちらも同じなのですね。もう少し若ければハンターの免許を取り、シカやイノシシ、タヌキを仕留め、手際よく皮をはぎ、肉をスモークにしたぬきの毛皮と尻尾で帽子を作ってかぶりたいものですが、こんなことを書いていると、また動物たちの反撃にあうので...。

  めげずに頑張ります!!
 

No title

こんにちは。
ふたたびお邪魔します。
ふたつもお返事をいただいてありがとうございます。

実は最初のコメントを拝見して、特養から救急車で病院に運ばれた祖母のことを思い出しました。
ホームの職員さんたちは祖母に本当によくしてくださっていたのですが、
運ばれた病院へ見舞った時、わたしが誰のところへ来たのかわからない医師と看護師が
あまりに冷たく対応している様子を目の当たりにしてしまいました。
100歳近くまで頑張って生きてきて、もうすぐ人生を終えようとしている人間に対して
もう少し温かい気持ちを向けてもらえないのだろうかと悲しくて、
おぶってでも連れ帰りたい気持ちになりました。

祖母が運ばれた病院がたまたま、いえ、対応したあの二人がたまたま酷かったのかもしれませんが
今となっては祖母とそんな話も出来ないので、ずっと心の底に残っていました。


お母様は退院されたとのことで本当によかったですね。
ひ孫さんとの嬉しいご対面をされることをお祈りしております。

長々と失礼いたしました。



お孫さん誕生おめでとうございます

本当にサラッと書かれてらっしゃるので、うっかり読み過ごすところでした。
初めてのお孫さん、可愛らしいでしょうね!!ウキウキをおすそ分けしていただきました。


とにかく畑仕事、と聞くだけで、頭がさがる私です。
土から離れて人は生きていけない、と、よく聞いたものですが、
今は庭の雑草抜きと木々の剪定程度しかできてなくて、
先日はうっかりアシナガバチに刺されてしまう始末でした。
野生動物と共生しつつの栽培育成、ご苦労が察せられます・・・
どうか、お体には気をつけて。

それと、お母様もご無事で何よりでした。
私の父も結局は2年前の外科手術中の医療ミスが命を縮めたと思っているので、
医療関係者の方々には、本当に、一人一人の患者さんに全身全霊込めて対応して欲しいと願うばかりです(実は、ヒポクラテスの誓いを担当医への手紙にも書きました)。

ユーチューブで紹介してくださった「やさしく歌って」
恥ずかしながら、私は「ネスカフェのCMだ!」と反応してしまいました。
しっとり、心に沁みる優しい曲ですね。ありがとうございました。


No title

ネスカフェのCMを思い出します。(汗)
『Feel Like Making Love』も大好きです。

お孫さん、お誕生おめでとうございます!

ネスカフェのCMだ!」

ナカリママ さん

 こんばんは
 そうです! ネスカフェのCMだったのです。
 実は記事を書きながら、これ何かのCMじゃなかったかな?と思いつつ、その何かが思いつかないのです。

 先日も妻との会話の中で「ジャスコ」という名前が出てこないのです。転勤族だった私、各地方都市にあり、さらには札幌にも4つあり、いずれも何回か行ったことはあるのです。説明しても、妻に伝わらないのです。数日前の買い物先を覚えていないのです。で、それを思い出そうとすると、イライラしてくるので、そこで思考をストップします。脳には良くないのでしょうが。
 すいません、「老人ボケ」ネタで。

 <先日はうっかりアシナガバチに刺されてしまう始末でした。
  それは大変でしたね。アナフィラキシーショックの方は大丈夫でしたか。アシナガバチに刺された時も起こるそうですから。
   畑仕事で一番怖いのは蜂です。私は5月にスズメバチトラップを作り、2匹退治しました。
   おかげでスズメバチには襲われませんでしたが、常に蜂除けスプレーを作業エプロンのポケットに入れております。

  お父様も医療ミスの被害にあわれたそうで、本当にお気の毒です。ナカリママさんの記事
 「ヒポクラテスの誓い~」を読みましたが、その存在も知らなかった私はあの文章を読み、複雑な気持ちでした。母を診た眉毛そり落とし医師と孫が生まれた病院で丁寧に病室への行き方を教えてくれた中年医師の対応の違いを3日間で体験したものですから。

  とりとめのない文章をお許しください。
   
  最近は音楽ブログの体をなしていないのですが、アップした音楽を気に入っていただけて、嬉しいです。
  
  コメントありがとうございました。
  






ネスカフェのCM part2

つかりこ さん

 ありがとうございます。一応音楽ブログを謳っていますので、家族のことは書くつもりなかったのですが、親バカならず、ジジバカでして。すいません。

 さきほどもナカリママさんからのコメントに返事を書いたのですが、この楽曲が ネスカフェのCMだったことを忘れていました。

 <『Feel Like Making Love』も大好きです。
  
  これもいいですね。
  ピーボ・ブライソンやルーサー・ヴァンドロスとの共演といおうか、「~を従えて」という雰囲気が漂いますね。自然に。
  アメリカでは聴く側に当時の自分のロマンスを思い出させる楽曲top10のひとつらしいですね。
 
コメントありがとうございました。
 

No title

こんにちは。

遅ればせながら、お孫さんのお誕生おめでとうございます!これからの成長が楽しみですね。

さて、アライグマの件。スイカが当てはまるかは分からないのですが、未熟な果物には毒性があるものですから、動物が食べごろに敏感なのも分かりますね。体の小さい動物なら、少しでも命取りになる可能性がありますもんね。

畑をされてる方達は皆、動物との闘いは避けて通れないみたいです。今後も知恵比べになるかもしれませんが、めげずに頑張ってくださいね。

No title

yuccalina さん

 ありがとうございます。

 熟していない果物には毒性がある。初めて知りました。ただ、甘くないだけと思っていました。

 このように自称自給自足生活探究老人グループ代表の私、ひたすらに無知なのです。
 したがって、酸いも甘いも噛み分けるアライグマやカラスたちに足元を見られるのですね。

 今回のことを教訓に今後は確かに動物や鳥たちとの知恵比べですが、どうやら私の知恵が彼らに追いつかないのも事実です。

 みなさんのお知恵を拝借しながら、畑仕事に精を出していきたいと考えます。
 コメントありがとうございました。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。