スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

673枚目 レッドツエッペリン「Led ZeppelinⅡ」から「Whole Lotta Love胸いっぱいの愛を」を聴きなおしました

673枚目 レッドツエッペリン「Led ZeppelinⅡ」から「Whole Lotta Love胸いっぱいの愛を」を聴きなおしました
zeppelinⅡ

インゲンマメブログ用


レーベル : Atlantic
発売元 ワーナーブラザーズ パイオニア
発売年 1969年

Side 1
1 WHOLE LOTTA LOVE / 胸いっぱいの愛を
2 WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE / 強き二人の愛
3 THE LEMON SONG /
4 THANK YOU
Side 2
1 HEARTBREAKER /
2 LIVING LOVING MAID (SHE'S JUST A WOMAN)
3 RAMBLE ON
4 MOBY DICK / モビー・ディック
5 BRING IT ON HOME

 ビートルズをヒットチャートから蹴落としたと言われる「Led ZeppelinⅡ」から「WHOLE LOTTA LOVE / 胸いっぱいの愛を」を久しぶりに聴きました。暑さがひと段落したので屋根裏のレコードを整理している時に見つけました。
 WHOLE LOTTA LOVE / 胸いっぱいの愛を!! わかりやすくて良い!
 期待したほどにできの良くないわが畑の野菜たちに聴かせてあげたいのです。花、野菜や果物にはモーツアルトを聴かせなさい、と何かに書いてありました。イヤ、私はレッドツエッペリンのWHOLE LOTTA LOVEを聴かせたい。元気になるはず。
 というのも、トマトがなかなか赤くならない。それどころか、大きくなったのに下の部分が黒ずんでしまう。他に伝染しないようにもぎとる。せっかく種から育てたのに。ニンジンがなかなか大きくならない。秋の収穫に間に合うのだろうか。セロリも背が低いまま。苗にするのが大変だった。ごぼうも悪い虫たちに食べられ、2回目の種まきでやっとの思いで芽をだした。これも収穫前に一気に襲ってくる寒さにやられないだろうか。最近ポコポコ実がなり始めたプリンスメロンも甘く柔らかくはならないだろうね。研究して美味しい漬物にしてあげる。枝豆がやせたままなのです。私はビールを飲まないから枝豆がなくてもちっとも困らないのだけど。言い訳だけは用意しておこう。カボチャは健闘している。でも、葉っぱがウドンコ病になり、菌が落ちないようにそっと切り取って遠くに捨てる。状況を察知したアライグマからの被害は今のところゼロ。シソの葉は増えたがシソジュースを大量に作るには無理か?夕顔は元気にツルを伸ばしてしているが、肝心の実がひとつもならない。
 と、なかば落胆しながら農作業をするのです。しかし、けっして口には出しません。妻と語る時も家に帰ってから。現場では禁句なのです。何故なら、野菜達に聞かれ、へそを曲げられては困ります。不満顔を彼らに見せません。さらに毎日の声掛けも忘れません。「大きくなって」「おいしくなって」と。
 そんな中で各種インゲン豆の活躍が目立ちます。写真のように、たくさん実がなりました。これは今収穫しないで晩秋までジッと待ち、おいしい冬豆にする予定です。煮豆が大好きな私、冬は毎日いただきます。乾燥豆は野菜の王者だと思います。なにしろ冷蔵や冷凍する必要がない。納戸に放っておいて、必要な時に水に浸すだけ。
 さて、他の畑では見られない、長年放置されたビニールハウスの錆びた鉄柱にまきつくインゲンマメ達のさらなる成長を楽しみに、著しく低い対費用効果のことなど考えずに作業を続けることとします。

 一応音楽ブログに登録していますが、今は耕作放置畑ブログになりつつあります。お許しください。

こちらは 野菜たちを元気にさせたいWHOLE LOTTA LOVE / 胸いっぱいの愛を
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

こんばんは。

多分初めて買ったZEPはこのⅡだと思いますが、A面は「胸いっぱいの愛を」以外は
理解できませんでした・・・(^_^;)。
それとロバートの歌声も何だか好きになれませんでした。
それにジミーによるこの手の込んだサウンドもやり過ぎに感じました。
って、文句ばっかり書いていますが、結局好きになっちゃいましたね。
不思議なものですね、音楽って(笑)。

中学生のころ、楽器をやる人間はパープルのファンで、楽器の弾けない人間はZEPの
ファンが多かったですね。中坊にはZEPは難しかったようです(笑)。

No title

バニーマン さん

 なるほど、当時の状況が良くわかります。
 中学生がディープパープルにあこがれ、全国の中学文化祭でどれだけ多くの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」が演奏されたことか。

 一方では陽水や拓郎のフォークを生ギターで演奏するグループがいた。演奏しないのがレッド・ツエッペリン派とは鋭い分析ですね。

 さらに付け加えると高校生の進んだ(?)連中は楽器店の店先でレッド・ツエッペリンを弾いて腕前をアピールする。演奏曲目第1位は『天国への階段』だったのでは?

 すでに社会人になっていた私は若者たちの音感の良さに驚いたものです。

 <中坊にはZEPは難しかったようです
 そうですね。レッド・ツエッペリンを弾きまくる中学生は可愛いくないです。
 
 <ジミーによるこの手の込んだサウンドもやり過ぎに感じました。
 ギターテクニック的なことは良くわからないのですが、名手と言われたジミー・ペイジの活躍がエリッククラプトンやカルロス・サンタナに比べると後年になって色あせたと思うのですが、原因はそこにあったのでは?
 コメントありがとうございました。
 

毎度です

ギターで一番最初に覚えたのは「胸いっぱいの愛」で、
次が「ハートブレーカー」と「リヴィングラビング〜」でしたかね。
もちろんソロパートはチョーキングとトリル多めで誤魔化してましたけど…。

イアンギランみたいな唄い手は、わりとざらに(学年に一人くらい)いるんですけど、
ロバートプラント役はなかなかいなかった…、街に一人くらいしか
いなかったです!。そういうわけで、LZを演奏したいのはヤマヤマなのに歌が…
というのが、実態ですね。あとドラムもボンゾのように叩けるヤツは、
R&BにもJAZZにも通底してるんで、もう引っ張りだこだったですねえ。

英メロディメイカー誌チャートにおいて「アビーロード」を追い落としたのは
「クリムゾンキングの宮殿」で、それを追い落としたのがFRANK ZAPPAの
「HOT RATS」。同誌の人気投票でビートルズを落として1位になったのが
LZでした。いずれにせよ、とっても濃い時代でしたね。

No title

こんばんは。
拍手が好きなだけ出来たら、手が痛くなるまでしたかったですよ~。最高です。
インゲンさんたちは何に巻きついているのだろうと思いましたが、
ビニールハウスの錆びた鉄柱とは、さすがmikitakaさんに元気をくれるお豆さんたちですね。逞しい!
耕作放棄地ブログ部門第一位になること間違いなしですね~。

わたしたちの畑の作物が美味しい理由もわかりました。
いつも仲間たちと大声で自画自賛しているからのようです。
褒めて伸ばす。子育てではうまくできなかったので、
野菜たちは褒めちぎってあげようと思います。

ツェッペリン効果がありますように~\(^^)/



No title

pipco1980 さん

 当時のレッド・ツエッペリン状況をくわしく説明してぃただきありがとうございます。

 <イアンギランみたいな唄い手ー学年にひとり
 <ロバートプラント役ー街にひとり、とは非常に明快な分析です。
 <ボンゾのように叩けるヤツは、R&BにもJAZZにも通底してるんで、もう引っ張りだこ

  なるほど、学校祭やいなかの自治体文化祭でひとりで2つや3つのグループをかけもちしていたドラマーがいました。

  それにしてもpipco1980 さん、さぞかしカッコ良くステージ上できめていたのしょうね。
  体育会系で楽器や歌が全くダメな私は「けツ!軟弱なやつら」と誰も聞いてくれない捨て台詞をはきながら、内心「楽器ができるなんて、なんてすごいんだ」と羨んでおりました。

  「アビーロード」「クリムゾン」「FRANK ZAPPA」「レッド・ツエッペリン」の関係を整理していただきありがとうございました。私の解説がいかに雑だったかを恥ずかしく思います。

 

No title

櫟コナラ さん

<耕作放棄地ブログ部門第一位になること間違いなしですね~。
  
  ありがとうございます。ここの件(くだり)はなかなか理解されないだろうと思ったのですが、さすが経験者である櫟コナラ さんに伝わった!!嬉しいです。

<いつも仲間たちと大声で自画自賛しているからのようです。
  
  そうでしょうね。私、わかっていたのです。里山で大勢の人たちとワイワイやりながら里山作りのかたわら野菜を育てるコナラ方式と、プロの農家や隣の畑で家庭菜園をしている4~5人グループの車ごしの視線を「素人が何やってるの」と思われているのだろうと、やっかみながら農作業するmikitaka方式ではおのずと作品のできが違う、と。
  
 さらに言えば、上記の外野席を意識するあまり、褒め言葉が小さいのです。つまり、褒めちぎってはいないんです。見られていないだろうなって小声なのです、腰が引けているのです。で、今日もとびっきり安いスーパーでじゃがいもがひとふくろ100円、たっぷり袋に入った南蛮が120円、さらにはちきれんばかりに太った枝豆が100円、を発見しました。私、思わず舌打ちしました。「買った方が安い!うちの野菜ときたら!」
 このような姿勢ですので、なかなかうまく育てられません。

 わたしの子育ては、褒めて育てるどころか、中途半端なスパルタと「俺の背中をみろ」といって振り向いたら、息子2人ははるか後ろを逆走していました。とてもくわしく書けません。
 スイマセン。せっかく温かい拍手をいただいたのに。
 そのうちまた収穫報告させていただきます。いつもコメントありがとうございます。

No title

おはようございます。
インゲン豆たくさん成って良かったですね。土と相性良かったんでしょうか。

さて、ゼペリンですが、私は解散後に出た『コーダ』以外は全て後追いで、聴いた順番もメチャクチャなんです。天国への階段を単品で知ってから、サードとか、結構アコースティックなのから入りましたが、ハードなやつも結構スンナリ好きになりました。パープルよりもゼペリン派だったのは、バニーマンさんのいう通り、私もギターテクニックとか、分かってなかったからかも?

それと、ゼペリンには見た目ブスがいなくて、プラントがかなりイケてたのは、とても重要だと思ってます。プラントがあのルックスでなかったら、どんなに音楽性が素晴らしくても、あそこまでヒットはしてなかったのではと。アイドルでなくても、昔の方が見た目に厳しかった気がします。10ccのグレアム・グールドマンが長い間ソングライターとして、地下に潜ってたのは、やはり見た目がパッとしなかったからで、レコード会社は売る為にはシビアだったことが伺えたのでした。

毎度ですが話ズレちゃってスミマセン。

No title

yuccalina さん

 こんにちは

 拙ブログのつたない部分をフォローしていただきありがとうございます。5~6行で完結する内容がおかげで、どんどん膨らみます。

 手元にリッチー・ヨークという人が書いた「レッド・ツエッペリン」(1976年発行 シンコーミュージック)があります。
 レッド・ツエッペリンの魅力はたしかにルックスの良さ、特にロバート・プラントの、にありますね。あのヘアスタイル、前をはだけた、あるいは袖丈の短いシャツのセクシーさ、は多くのファンを魅了したにちがいありません。で、レッド・ツエッペリンのマネージャーも他のビートルズやストーンズのマネージャーに劣らず辣腕であった。このマネージャーの画策か、と思ったのですが、ロバート・プラントがグループに加わった最大の理由は当時新しいヤードバース結成を目論むジミーペイジのお耳にかなった。から、と著者は書いております。さらにグループの方向性も決まったとも。
 見た目の厳しさは、ロンドンに住まわれたことのあるyuccalina さんを前に語るのはお恥ずかしいのですが、1960年代後半のロンドンを中心とするイギリスのカルチャーにあって現在よりはるかに強かったでしょうね。ファッションのみならず、映画や写真・絵画のジャンルまで。
 ロバート・プラントに関していえば、両方を兼ね備えていた、ということでしょうか。
 ほとんど読まずに放置してあった「レッド・ツエッペリン」を再読する機会を与えていただき、ありがとうございました。
 断捨離を実行しないでよかった。こういう機会もあるのです。言い訳です。

No title

こんにちは^^
ご苦労が目に浮かぶようです。
雑草や、ヘビ、虫から始まって、ですものね・・。
こんなに畑らしくなっているだけでも、スゴイと思いました。
それにしても、mikitaka08 さんの文章がユーモラスで、ついつい、楽しく読ませて頂いてしまいました。
ふと思いましたが、そちらは凄く美味しい食べ物が多いから、mikitaka08 さんはイマイチの出来だと思っていらっしゃるかもしれないけれど、もしかしたら、私がいつも頂いているレベルとあまり変わらない、とかいうことは?

ツェッペリンを聴かせてあげようという mikitaka08 さんの愛情が、野菜たちに伝わると良いですね^^

No title

 Ariane さん

 こんばんは
 
 <私がいつも頂いているレベルとあまり変わらない、とかいうことは?
  
   断固ありません。正真正銘イマイチなのです。
   理由はお隣の畑でトウモロコシ、長ネギ、蕎麦を作っているプロの方が  『そこは土地がやせているからね。あと4~5年かかるよ』とおっしゃってい ます。我が地主さんから土地を借りる時はそんなこと一言も聞かなかったので すが。

   土地のせいだけではないのでしょう。植えるタイミングや追肥の加減もあ  ると思います。
   自然を甘く見て、カッコいい農業本や家庭菜園本(本屋には最近ずいぶん  並んでいます)に書いてあるような野菜が簡単にできると思っていたので  す。
   雑草に養分をずいぶん吸い取られたとおもいますし、何よりも虫の強さに  驚きます。蚊だと思うのですが、刺されて薬を塗っても効き目がありませ   ん。家で刺された場合、薬を塗るとすぐに効くのですが、畑の虫たちは薬の  数倍の毒を私の体に注入するのです。
   
   今年は一年目、これに懲りずに来年また頑張りたいと思います。まだ、   シーズンはおわっていないのですが。
   応援ありがとうございます。
   
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。