スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

647枚目 ジョン・レノンの「ジョンの魂」から「ゴッド」を聴きなおしました

647枚目 ジョン・レノンの「ジョンの魂」から「ゴッド」を聴きなおしました

ジョンの魂


レーベル :Apple 
発売元 東芝EMI株式会社
発売年 1970年
定価:2200円

A面
1. マザー (母)
2. しっかりジョン
3. 悟り
4. ワーキング・クラス・ヒーロー (労働階級の英雄)
5. 孤独
B面
1. 思い出すんだ
2. ラヴ (愛)
3. ウェル・ウェル・ウェル
4. ぼくを見て
5. ゴッド (神)
6. 母の死


 1980年の今日、ジョン・レノンが暗殺されました。34年前のことです。
 今日は世界中で多くの人々がジョン・レノンの死を悼んでいることでしょう。私も彼の死を偲んで、ビートルズ解散後初のソロアルバム「ジョンの魂」を聴き直しました。11曲、どれも名曲のこのアルバムが、ロック史上大傑作と言われますが、まったくそのとおりと思います。

 その中から「ゴッド」を選びました。
『僕は神を信じない  マジックを信じない タロット もバイブルも信じない キリストもブッダも信じない 僕はエルビスもボブ・ディランも信じない 僕はビートルズも信じない 信じるのはヨーコと自分』と強いメッセージで当時の世界に語りかけました。

 今日聴き直して感じることは、44年前のものとは思われないほど現代にマッチしたメッセージ性を持っていることです。プラスチック・オノバンドがバックをつとめているのですが、ドラムがリンゴ・スター、ベースは「リヴォルバー」のイラストを担当したクラウス・フォアマン(Klaus Voormann)。あとはギターとピアノをジョン自身が担当しています。音楽的にはとてもシンプルなものです

 バックがシンプルなだけに、魂のこもった歌声が心に染み渡ります。さらに私のアナログ盤のチリチリ音が歌詞とかぶさり、当時を思い出します。
 ビートルズが解散し、音楽状況としてはひとつの時代が終わったという喪失感が広がり、ロック音楽を聴くモチベーションが下がった。さらにはハードロック、サイケデリック、プログレ、グラムロックなど色々なジャンルが広がった。
 そんな状況の中で「ジョンの魂」は私たちに大きな衝撃を与えた

話は飛びますが、「ジョンの魂」発売後、ジョンは音楽のみならず、「生き方」を世界に知らしめ、その10年後に40歳の若さで殺されてしまった。
 
 アルバム「ジョンの魂」発売44年後、そしてニューヨーク市ダコタハウス前でのジョン・レノン殺害34年後、2014年アメリカでは黒人少年を射殺した白人警官と、煙草不法販売容疑の黒人男性の首を絞めて窒息死させた白人警官2名が不起訴となりました。2名の不起訴を受けて、多くの人々が抗議デモをし、本日もカリフォルニア州バークレーでは暴動が起きています。ジョンが生きていたら、この状況をどのように感じたでしょう。

 日常生活の中でビートルズのLPやCDを聴くことはしょっちゅうあるのですが、このアナログ盤「ジョンの魂」は熱い魂と叫びで、聴く者に強烈に迫ってくるのです。したがって、いつも気軽に手にする一枚ではないと思います。

 やはり、1年に一度、12月8日に聴くモノなのかなあ。


こちらはyoutubeの「ジョンの魂」
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

黒人のオバマ氏が大統領になっているにも関わらず、
というよりオバマ氏が大統領だからこそ黒人に対して、
かえって不幸な事件がおきてしまうと言われているアメリカ
ですが、どちらにしてもおかしなことですよね。

“ジョンの魂”はその内容が故に、おいそれと聴くことができず、
“イマジン”の方がよく聴いてしまいます。

12月8日は正座して聴かないといけませんね。

おいそれと聴くことができず

バニーマン  さん

 こんばんは
 本当に同感です。おいそれとは聴けず、若干構えて聴く必要があります。

 私はこのアルバムが出た時はまだ貧乏学生で、将来の展望もなくひたすらアルバイトに明け暮れてました。

 それだけに胸を強く打つものがあり、どの曲にも感動しました。
 といっても音源はラジオでしたが。

 1960年代後半はアメリカの各地で今回よりももっと激しい黒人闘争がありました。
 時代は変わったようで変わっていない。
 そんな感じを受けます。

 コメントありがとうございました。

No title

こんにちは。
私も丁度同じような事を思っていました。
今ブルーズのDVDを見ていて、60年代の公民権運動の話も出てきたんですね。
JBルノアーの歌詞に

うさぎには狩猟期があるけど、俺にとっては一年中狩猟期

というのがあって、ショックだったのですが、今でも黒人というだけで安易に発砲してしまう意識が、どこかにあるのかしらと。

俺にとっては一年中狩猟期

  コメントありがとうございます。
 
  実は yuccalina さんからのコメントを読む前にyuccalina さんのブログにおじゃまし、実に貴重なPVを見せていただいたところでした。

 中でも

 この歌詞、ーうさぎには狩猟期があるけど、俺にとっては一年中狩猟期 がー。
 
 狩猟の狙いは黒人と知って背筋が寒くなりました。

 残酷な歌詞に似合わないメロデイにギターとブルースハープお心地よい音色が かぶさります。ちょっとホッとします。
 
 <今でも黒人というだけで安易に発砲してしまう

  よくわかりませんが、その後が納得いきませんよね。不起訴になることが。
  服部君事件(フリーズとプリーズを聞き間違えて射殺された高校生)も含め て有色人種への危害が、あとでお咎めなしになるアメリカの裁判制度が納得で きません。
  白人を殺したら、ああはならない。

   ただ、抗議する人々の中に多くの白人がいることに救われます。
  

初めまして

オバマ大統領就任後の核軍縮演説には新しい時代の幕開けを感じました。
早々に広島長崎に献花に訪れるだろうと勝手に期待をしました。
今思うのは、彼は黒人初の大統領である以前に、一米国人の元首だったという事。

『僕は神を信じない マジックを信じない タロットもバイブルも信じない キリストもブッダも信じない
僕はエルビスもボブ・ディランも信じない 僕はビートルズも信じない 信じるのはヨーコと自分』
とレノンが言ったのは、近しい人であればたとえ裏切られてもそれが運命だ因果応報だと納得
できるからだと思いました。
遠い大きなものをヘタに信じてしまうと、その先に待つのは虚脱だけですから。

No title

似非無頼 さん

 こんばんは
 コメントありがとうございます。

No title

似非無頼 さん
 <黒人初の大統領である以前に、一米国人の元首だったという事。

  アメリカという巨大な国の大統領は大変な仕事だと思います。
  さらにアメリカという国は訳がわからない所が多すぎます。
  

No title

似非無頼 さん
  コメントがうまく入りません。切れ切れをお許しください。
警官がよってたかって無防備の黒人を「息ができない」と訴えているにもかかわらず、首をしめ続けて死に至らせた。
 どこに正義が、民主主義があるのでしょう。
  オバマ大統領も黒人側として感情的に白人警官を罰したいと思ったのではないでしょうか。でもそれができない何か大きなプレッシャーがあるのでは?

プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。