スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

643枚目 クリーム『Crossroads 』を聴き直しました。

643枚目 クリーム『Crossroads 』を聴き直しました。

レーベル :RSO  
発売元 : ポリドール 株式会社
発売年 :1968年

クリーム

バラの写真11月1日


『最後の一輪』 我が家のバラ、多分今年度最後の一輪になるでしょう。もうひとつ蕾がありますが、11月1日現在から察すると、花開く前に降霜か降雪に会うでしょう。

 クリームのジャックブルース死亡についてたくさんの方々がブログにその想いを書かれています。
 「今頃ジャックブルース死亡について書く」。腰が引けるのですが、それでも出遅れ感いっぱいでコメントします。

 実はこのLP盤、再掲です。
 一回きりではコメントできない大作なのだ、と言い訳します。

エリック・クラプトン派かジャック・ブルース派か、はたまたジンジャー・ベイカー派か、によって評価が分かれる名盤なので、もしかしたら、このあとも3回、4回と書き足すかもしれません。

リアルタイムでは、ラジオを通してしか聴いたことがなかった『Crossroads』。
『Crossroads』が入っているこのアルバムを入手したのは社会人になって金銭面でゆとりができた時でした。ちょっと高かったけれど中古レコード屋で購入しました。

クリームについては、その後のクラプトンの大躍進によって、クラプトンの知名度が上がり、ロックグループとしてのクリームの名前は忘れ去られた感じすらありました。

なにしろ、クラプトンは今や日本の高校英語教科書に載るくらい有名になってしまったのです。

 それと比較してあとの二名の活躍はどうだったのでしょう。。。

今回、ジャックブルースの死亡を知り、あらためてクリーム以後のジャックブルースを調べてみたら、以外に活躍の履歴が記録されていないのです。
しかし、ジャックブルースの音楽性はロックのジャンルを越えるとコメントし、その作曲能力の高さを褒め称える人が多いのにも驚きました

ご冥福をお祈りします。

こちらはU-チューブ。1968年頃全盛期ですね
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

こんばんは。

僕にとってクリームはこの曲です。

ジャック・ブルース絡みだとサンシャイン・ラブになってしまいますが・・・。

いや勿論彼等のオリジナルということではサンシャインは代表曲ですし、
ロック史的な名曲だと思いますが、“クリーム”ということだと
クロスロードですね。

オリジナルのロバート・ジョンソンのバージョンを初めて聴いたときのは
あまりの違いにビックリしました。
アコギのブルースがハードロックになるって、こういうことなんだと。
この曲をネタにした?映画(1986年公開のアメリカ映画)も面白かったです。

No title

mikitaka08 さん、こんばんは^^
薔薇の花びらがビロードのように光っていて、とても綺麗ですね。
それにしても北海道は、そろそろ霜が降りたり、雪が降ったりする季節なのですねぇ。

エリック・クラプトンは、クリームというグループを結成していたのですね。
さすがにクラプトンの名は知っていますが、YouTube の画像を見ても、どの人がクラプトンなのか分からないほど、何も知らないんです・・。
でも、カッコいい曲だなぁと思いました。

同じものの話でも、一度の記事では書き足らない事って、ありますね。
その時々の自分のあり方によっても違うし、どういう人を対象に書くかという想定によっても違ったり、書くことによって考えが進んだり、人の意見を聞いて何かを思いついたり、というのは楽しい事だと思います。

No title

バニーマン  さん

 こんにちは

 コメントありがとうございます。
 なるほど、オリジナルのロバート・ジョンソンをyoutubeでさっそく聴きましたが、全然違うものに聴こえました。
 さらにロバート・ジョンソンはストーンズの師マディ・ウオーターに大きな影響を与えたブルースシンガーだったことも知りました。ロバート・ジョンソンの伝記とも言える映画もあったのですね。初めて知りました。いつか見てみたいと思います。
 さすが、音楽にも映画にもお詳しいバニーマン さんだと感心しました。

 クリームは三人が突出しすぎて、それぞれの楽曲に三人の個性が凝縮して、どの曲を選曲するか、迷います。

 実は私にとってのクリームは「ホワイトルーム」です。なぜならラジオで一番聴いたのがこの曲ですので。
 
 ありがとうございました。

どの人がクラプトン

Ariane さん

 こんにちは

 はい、北海道はもう冬支度です。タイヤはスタッドレスタイヤに履き替えました。
 今日はこれから庭の草木に冬囲いをします。

 このバラは夏の間、咲くとすぐに散ってしまうのですが、この季節は長く咲いてくれます。
 あまり詳しくないのですが、バラは種類によって咲き方が全然ちがうのですね。

 さて、エリッククラプトン。彼ほど外見が大きく変化したミュージシャンを私は知りません。
 Ariane さんがおっしゃるようにこの画像では誰がクラプトンか見分けがつきません。1960年後半はサイケファッション? 多くのロックミュージシャン同様にまさにヒッピーファッションでした。

 ところが今のクラプトンはアルマーニに身をかためたセレブリティーのひとりですから。
 とまれ、1960~70年代に活躍した多くのミュージシャンがなくなっている今日、ジャック・ブルースの分も今後ずっと活躍して欲しいと思います。
 

No title

こんばんは。

バラの凛とした佇まいからも、ひんやりとした空気が伝わるようです。
冬囲いはすっかり整えられましたでしょうか。

映画の「クロスロード」、たしかレンタルで観ました。
それで、ロバート・ジョンソンの方も聴きたくなってCDで買ったのですが、
クラプトンのゴージャスな演奏とは真逆な素朴さが新鮮でした。

わたしもこの「銀盤」を書いている最中なのですが、
一向に書き終わらず、まだ下書きのままです。
アップする日は、いつになるやら(^^ゞ




No title

櫟コナラ さん

 こんばんは

 youtubeでロバート・ジョンソンの「クロスロード」を聴きながら、書いております。本当に便利な時代になりました。昨日も バニーマン さんのブログを見て「バックコーラスの歌姫たち」を観たくなり、レンタルショップに行ったのですが、おいてないということで○天の動画配信サイトで購入し、すぐに観ることができました。

 冬囲いは終えましたが、縄のしばり方が自己流です。ネットで動画を見てもなかなかその通りにできないのです。未熟です。

 櫟コナラ さんグループのように始終、里山で汗を流し、林業や農業を体験するのと違って、小さな庭での作業は汗もかかずに終わりました。

 第一次産業的趣味をお持ちの女性がクリームやアメリカ南部ブルースシンガーの歌や演奏を聴き、それについてコメントをする、今まで会ったことがありません。
 新鮮な驚きです。
 
 さて、映画「クロスロード」は来週の週末に○天動画配信で楽しもうと思います。
 ありがとうございました。
 

No title

こんばんは。

えーっと、映画のクロスロードですが、映画としては
それ程の作品ではありません。

ただロックファンには興味深い作品ではあります。

ギター好きにはライ・クーダー(ライは出てきません。ギター担当のみ)と
スティーヴ・ヴァイのギターバトルが見ものです。

もう見てしまって、なんじゃこれ?って思われていたらごめんなさい(^_^;)。

No title

バニーマン さん

 コメントありがとうございます。

 <映画としては それ程の作品ではありません。

 そうですか。
 じゃ、映画配信で見るほどでもないですね。
 「バックコーラスの歌姫たち」がバニーマン さんお薦めのように面白かったものですから。

 ギターにもあかるくないので、今回はよします。

 またお薦めの映画がありました、ご推薦をお願いします。

No title

こんばんは。
クラプトンはクリームより、ブラインド・フェイス以降の方がよく聴いているのですが、なるほどCrossroadsのカバーが原点とも思えますね。
昔はロバート・ジョンソンのオリジナルを聴いても、全く入り込めなかったものですが、年と共に音の間を楽しめるようになりました。
そう言う意味で、クリームの音には、若さを感じますね。

No title

yuccalinaさん

 こんばんは

 コメントありがとうございます。

 <年と共に音の間を楽しめるようになりました

  同感です。
  ロバート・ジョンソンのオリジナルは聴いていてトロい感じがしたのです  が、聴きこむと味がある。ついでにyoutubeの右側に出てきたマディ・ウオー ターを聴くとこれもいい。
  1960年初期にビートルズやストーンズがアメリカのブルース・シンガー 達に影響を受けた理由がわかる気がします。

No title

ミキタカ08さん、お久しぶりです。

このジャケット、私のよりも状態が良いではありませんか。
(以前に銀がはがれてきたような事を仰っていませんでしかた?)

クリームというより、私の場合はクラップトンを追いかけですが、やはりこのアルバムが一番好きです。ジャック・ブルースはやはり声質が全然違うので二人を比べるのは私にとって難しいです。どちらもクリームの顔というか。
個性の強い3人が長く活動を続けるのは難しかったことでしょう。
最近、クラップトンの自叙伝を読みましたが、あまりに赤裸々に書かれてあったので驚きました。自分が亡くなった時に誤解を招きたくなかったからと言い訳がありました。

数年前ジャック・ブルースを何かの雑誌で見かけましたが、とても不健康そうなメタボになっておられて少し心配になりましたが、まさかお亡くなりになるとは想像もつきませんでした。

以前に書いたクリーム関係のものですが、リンクさせて頂きます。
http://nono54.blog88.fc2.com/blog-entry-153.html

No title

まん丸クミ さん

 こんばんは

 カナダはもう雪が降りましたか?
 
 コメントありがとうございます。以前も書いたのですが、このアルバムジャケットは特殊な加工をしているためか、湿気に弱い感じです。我が家の屋根裏部屋は乾燥気味なのですが、このレコードだけは、なんとなくカビのにおいがします。

 >個性の強い3人が長く活動を続けるのは難しかったことでしょう。

  まさにその通りですね。
  手元にある「ロック本」では3人が自己主張するあまり、三国志状態の混乱 に陥った、と書いてあります。

  ちょっとオーバーです。

  1年前に書かれたまん丸クミ さんのクラプトンに関わる記事を再読させて  いただきましたが、レコードをちょっと聴いて、感想やレコード周辺のこと  をササっと書きなぐって終わりの当ブログがあまりに貧弱で恥ずかしくなり  ました。

  
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。