スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

634枚目 荒井 由実『14番目の月』を聴き直しました。

635枚目 荒井 由実『14番目の月』を聴き直しました。

14番目の月

tulips.jpg


レーベル :EXPRESS  
発売元  東芝 EMI 株式会社
発売年 1976年
A面
1. さざ波
2. 14番目の月
3. さみしさのゆくえ
4. 朝陽の中で微笑んで
5. 中央フリーウェイ
B面
1. 何もなかったように
2. 天気雨
3. 避暑地の出来事
4. グッド・ラック・アンド・グッド・バイ
5. 晩夏(ひとりの季節)

我が家の庭にもチューリップがやっとさきました。本日の最低気温は6度です。

さて、

酒井順子さん著「ユーミンの罪」第4章『14番目の月』には「女性の自立と助手席と」という小見出しがつけられています。

この章でとりあげられた楽曲はたったの2曲。A面2曲目の「14番目の月」と5曲目の「中央フリーウェイ」です。それを12ページにわたって解説・分析しているのです。
また、このアルバム「14番目の月」は荒井由実という名前では最後のアルバムとなり、この後松任谷正隆氏と結婚し、松任谷由実に変わります。

今回は荒井由実の4枚目にして最後のアルバム「14番目の月」からA面2曲目の「14番目の月」を選びました。

酒井順子さんはこの「14番目の月」を「女の勝手」を歌っていると解釈します。それまでの日本の歌における女の姿は、男から選ばれることを欲する女であり、男を待つ女であり、受動的な女でした。と、言っております。

 淡谷のり子、笠置しず子、二葉あき子、美空ひばり、島倉千代子、五月みどり、畠山みどり、三沢あけみ、都はるみ、奥村チヨ、小川知子、ちあき なおみ、いしだ あゆみ、藤 圭子、小柳ルミ子、南 沙織、天地真理、山口百恵、桜田順子、森昌子、石川さゆり、八代亜紀等々の女性歌手が歌った歌がそうなのですねエ。

 それに対して「14番目の月」は「女の自立」を歌っている。つまり、タイトルが示すように恋愛成就を満月に例えるならば、十五夜ならぬ十四夜は恋愛の成否がまだ決定していない決定権は『私にあるの』とユーミンは歌う。と、解説するのです。

 フーム、「♪ つぎの夜から欠ける満月より 14番目の月が好き ♪」
この部分だな。

「14番目の月」のシチュエーションは男女が車に乗っている女性は助手席だそうです。酒井さんの分析鋭く、1976年当時の車の運転というのは『男性がするもの』、統計によると当時の車の免許所有率は男性76.7%、女性23.3%だったそうです。

 そのくせ、『♪ 月影の道で急に車止めないで ドキドキするわ ♪』と、
恋愛の自主性は手に入れているけど、進む方向は男性まかせ。なんです。

確かに「女の勝手」を歌っているなあ。

スピッツも歌う「14番目の月」はおよそ40年前に作られたとは思えない、確かに「女性の自立」や「女の勝手」を歌っているのだろうけど、そっちはどうでもよく(失礼)ポップス感&ロック感が満載だ。「ユーミンを聴く」私には、そう感じます。



こちらはステージで踊り、はねるユーミン 6分頃から始まります

こちらはスピッツ、ぜんぜん違う曲に聴こえます
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

こんばんは^^
今、こんなに綺麗にチューリップが咲いているのですね!

面白い曲だなぁ、と思いました。
告白までが一番ワクワクして楽しい・・・これって、アバンチュール的な恋ですよね。
決定権は「私にある」と思っているかもしれないけれど、この歌の女の人は、自分からこの男性に告白することも絶対にないですよね。

一般的に、恋愛感情って、長続きしないと思われているような気がしますが、真剣な恋愛も、必ずそうなんでしょうかね・・・。
そんな事もないんじゃないか、と言ってみたいんですけれど(笑)

自分から告白しない

Ariane さん

 こんばんは
  Ariane さんの写真に触発されて私も写真をのせております。
 SIGMA DP2 という接写に強いカメラなのですが、私の腕が悪く、
 いままでのデジカメと出来栄えは変わりません。

 そうです。自分からは告白しないのですね。そこがユーミン以前の女性の歌と違う、と酒井さんは言います。

 恋愛感情は長続きしない、ことはない。私も声を大にして言いたいです。
 でも。。。
 

No title

こんにちは

 今までこの曲はスピッツの曲と思っていました。
 本当に違う感じですね。

No title

rockfreak  さん

 こんばんは

 好みによっては全然違うでしょう。

 ユーミンは男性シンガーにも多くの楽曲を提供しているのですね。
 バンバン、来生孝雄、ブレッド&バター等。

No title

連投すみません。
面白くてつい、あちこち読ませていただいています。

私の大好きな酒井順子さんが、そのようなことを書いていらしたのですね!
すぐにAmazonへ飛ばなくては、と思いました。

このアルバム、出た頃はずいぶん話題になりましたね。
「14番目の月」はお嫁に行く前くらいが一番楽しいのね、くらいにしか捉えていませんでした。
酒井順子さんの本のことと合わせて教えていただき、ありがとうございました。

今日は怒涛のような一日だったのですが、こちらのブログ様で、本当に幸せな気持ちで眠れそうです。
清志郎の記事も嬉しく読ませていただきました。
彼の「スイートソウルミュージック」が大好きで、オーティスの話も、昔の清志郎の本にも書いてあったなあ、と記憶しています。本もLPも、とっておけばよかったなあ。

又お邪魔させてくださいませ。

プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。