スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

629枚目 荒井 由実「コバルト・アワー」を聴き直しました

629枚目 荒井 由実「コバルト・アワー」を聴き直しました


cobalt hour


発売年 :1975年
レーベル :EXPRESS
発売:東芝EMI株式会社
 

SIDE 1
1. コバルト・アワー
2. 卒業写真
3. 花紀行
4. 何もきかないで
5. ルージュの伝言

SIDE 2
1. 航海日誌
2. チャイニーズ・スープ
3. 少しだけ片想い
4. 雨のステイション
5. アフリカヘ行きたい

 荒井由実 サードアルバム「コバルト・アワー」、誰もが知っている名曲揃いです
私にとってはユーミンのアルバムを購入したのはこれが初めて、給料が5万円ちょっとの時に2300円でした。それを友人に貸したまま戻ってこなかった。悲しい思い出のある一枚です。今回アップしたこのアルバムはその後購入して、帯もはずさずに大切に保管してきたものです。

バックのメンバーが凄いですよ。細野晴臣(Bs)、鈴木茂(G)、林立夫(Ds)、松任谷正隆(Key)、斉藤ノブ(Per)ハイ・ファイ・セット、吉田美奈子、大貫妙子、山下達郎、伊集加代子(Cho)等々そうそうたるメンバーです。もうこれだけで満足でした。

 さて、酒井順子さんの『ユーミンの罪』(講談社新書)では名曲揃いのこのアルバムを『近い過去を振り返る歌が多い』。明るいアルバムかと思いきや、このアルバムの楽曲のテーマはどれも明るくない、と分析します。
 
 私、このアルバムを買って40年。一度もそんな思いで聴いたことはありません。上記のミュージシャンたちに囲まれて歌うユーミン。ペーター佐藤のイラストによる購買欲をこれでもかとそそるアルバムの表紙と全く同じ絵が描かれた歌詞カード。解説は一切なく、10個の歌詞が並ぶだけ。当時はそれだけでお洒落でした。

 歌詞をじっくり吟味することもなく、メロディラインを追うだけで今日に至りましたが、私にとっては、どの曲もキラキラ輝くラブソング。各曲に散りばめられた、たとえば---ミルキーウエイ、白いベレG、チャイニーズ・スープ、ルージュの伝言、60年代ポップスを彷彿させる擬態語ディンドンディンドン、プティオニオン、銀色のセスナ、などなどのお洒落なキーワードにノックアウトされるのです。

 ところが立教女学院の後輩酒井さんは「チャイニーズ・スープ」は半ばやけっぱちムードと非virgin感が漂うと一刀両断。「卒業写真」では卒業写真のあの人とは誰かと問いかける。「コバルトアワー」でさえも元彼と元彼女の深夜から夜明けにかけての訳ありドライブと推理します。そして結論は、「このアルバムでは過去も不幸も旺盛に咀嚼しながら、ユーミンの飛躍は続くのです」とクールに解説します。

なるほどねえ、おじさんには若い男女の人情の機微を読み取ることができません。酒井順子さんの『ユーミンの罪』を読んで勉強させていただき,じっくりとユーミンの名曲を聴いていきます。もちろん、アナログ盤で。



こちらはyoutube の卒業写真
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

こんばんは^^
私は個人的には卒業写真というものにはグッとこないし、そんなものはみんな、あっという間にどこかへ行ってしまいまして、「訳ありドライブ」の方がよほど面白そうだと思います。
でも、「コバルトアワー」という曲、有名なのでしょうけれど、私は聴いたことがないみたいです。

それにしても、最近の若い男女は、恋愛関係を面倒くさいと言って、恋愛ゲームの方をするそうですね。
若い男女の気持ちは、いよいよ分からなくなりつつあります・・・。

恋愛関係を面倒くさいと

Ariane さん

 こんばんは
 コメントありがとうございます。

<最近の若い男女は、恋愛関係を面倒くさいと言って

 そうなんです。そのことを酒井順子さんが鋭く分析しています。車を欲しがらないことと絡めてじ女性ならではの感性でユーミン論を展開しています。
 切り口を変えることで、音楽の聴き方が変わる気がします。

 年代は違いますが、Ariane さんの感性は共通するものというより強く惹きつけるものがとても多く、いつも感心させらてます。
 ありがとうございました。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。