スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

622枚目 ボビー・ヴィントン『ブルー・ベルベット』を聴き直しました

622枚目 ボビー・ヴィントン『ブルー・ベルベット』を聴き直しました

ボビービントン

冬着物


発売年 :1963年
レーベル :CBSソニー
発売:CBSソニー株式会社
 
B面  ミスターロンリー他   
 

 1963年9月全米ナンバーワンのこの楽曲、「1962年から1966年までのアメリカヒットチャート上位曲はすべて知っている」大瀧詠一だけでなく山下達郎に多大な影響を与えた。と、勝手に解釈しております。
 なんのことはない。山下達郎のアルバム「オン・ザ・ストリートコーナー」にこの曲が入っているのです。

 ビートルズやローリングストーンズが席巻する前のポップスシーンに典型的であった曲作りがそこかしこに見られるボビー・ヴィントン『ブルー・ベルベット』。この4曲入りEPは発売年が書かれていませんが、オリジナル盤はB面がミスターブルー。オリジナル盤の画像が小さくて老眼で緑内障の私、自信はありません。レーベルはエピックだと思います。

 ネットを検索してわかったこと、同じ題名の映画が作られていた。挿入曲はこれ。一度見てみたいものです。

 さて、北海道の冬の寒さ、昨日は一休みという感じで温かった。ずいぶん雪が溶けました。でも安心はできません。来週はほとんど雪マーク。今朝からずっと雪が降っていますヨ。北国の冬は長~いのです。時の人「田中 マー君」は当地からJRで50分にある駒澤大学苫小牧高校野球部の冬の練習で基礎体力を磨いたのです。雪の中を夏と同じ練習をしたそうです。厚着をして。。。

 そこで今日ご紹介する「長い冬と闘うグッズ」は通勤時に着る物、マー君に触発されて,冬道通勤で体を鍛えます。
 かつてはステンカラーのビジネスコートを着たこともありますが、今は冬道をかなりの距離を歩くので、常に重装備。まずはダッフルコート。重いです。最近のファッションはこのダッフルコートが超短いのです。大半の若者が男も女もこれを着ており、昔ながらの重厚長大の私のコートは白い眼で見られます。かつて漁師たちが冬の漁場で着たダッフルコート、今流行の短いものは本来の機能を備えていないのです。次にダウンジャケット。これも今は○○クロを始め、軽量のものを作っていますね。素材が違うらしい。私のものはずっしりと重い。ダウン70%、フェザー30%、さらに表面が皮ですので今流行のものの5倍以上の重さがあるのです。そして、なくてはならないものが耳カバー、これは表面が毛糸です。今シーズンすでに2つ(昨シーズン以来4つ)紛失した手袋は妻の命令で新規購入とならずに数年来雪かき用に履いていたごついしろものを引っ張り出して着用。人前には出せません。マフラーは一応スーツの色に合わせます。(誰も見ていないのですが、これ位はおしゃれをしたいという老爺心。。。)、そして、リュックサック。かつてはショルダーや手提げバッグを使用していましたが、このリュックが冬道を歩くのに最適なのです。できればウオーキング用のポールを持ってさっそうと歩きたいのですが、手袋だけでなく、JRやバスの定期までを何回も落とし、管理能力のない私に妻から購入許可がおりません。したがって足元不安定な雪道をトボトボとヨボヨボと歩くのです。

こちらはyoutube ボビー・ヴィントン『ブルー・ベルベット』
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ヘンタイ映画ですが、、

山下達郎のアルバム、私も愛聴しております。お目当ては「Blue Velvet」でなく、「Remeber Me」で、渋谷陽一のサウンドストリートで、オープニングテーマに使用されていたからです。
ところで、映画の方はデヴィッド・リンチ監督の、ちょっとヘンタイちっく作品なので、曲のイメージで見ると、ムムッ?となるかもしれません。

ヘンタイ映画ですが

yuccalina さん

 こんばんは
 コメントありがとうございます。映画「Blue Velvet」、youtubeの予告編的なものを見ましたが、確かに変態っぽかったですね。曲のイメージに合わない感じがします。
 1986年の映画。バブル期のものですね。ヒット後20数年たってからの映画音楽で採用する、そのタイミングがよくわかりません。でもDVDは売れているそうですね。
 山下達郎のもいいです。60年代ポップスを語らせても、歌わせても上手ですね。

No title

こんばんは^^
「ブルー・ベルベット」、ゆったりとした曲調がいいですね。
同じ題名の映画もあったとは知りませんでした。
超短いと、寒くないですか?というツッコミ、ありますね。私も少し長めのコートなので・・・。^^;

少し長めのコート

saya さん

 こんばんは
 コメントありがとうございました。
 冬のコートは長いのが定番ですよね。体を寒さから保護するのですから。でも、最近のファッションは超がつくほど短く、体にピッタリです。

 saya さんの影響も受けながら60年代ポップス聴きなおしています。

No title

こんばんは^^

やたら短い丈のジャケットやコートが、近年流行っているみたいですね。
うちの夫はオーソドックスなファッションが好きなので、とても悪く言っています。恰好悪いと。皆さん、北海道でよくそんな寒い恰好をしていられますね。

「ブルー・ベルベット」は、何時どこで聴いたのか・・・よく覚えていました。

No title

mikitaka08さん、こんばんは。

Blue Velvet の映画は昔観ましたが、その時の曲がこれだったのかまったっく記憶にありません。

とにかくリンチの映画は異様な感じだったのでそれに気ばかりとられていたのかも。イザベラ・ロッセリーニ?だったか理由もなく道端でヌードだったのがイメージとして焼きついています、どうしてでしょうね?

映画の挿入歌って不思議な効果をもたらすものですね。私の場合まったく効果はなかったようですが・・・

ダッフル・コート、懐かしいですね。私も日本製の短いのを持っていましたがこちらの冬にはまったく通用しませんでした。去年はジオックスの長めのダウン・コートを購入しました。軽くて暖かくてやはり近年のテクノロジーは凄いですね。

No title

Ariane さん

  こんばんは
  コメントありがとうございます。ご主人がおっしゃるとおり、昔からあるも のを極端に加工したものはあまり恰好の良いものじゃありません。価値観の違 いと言えばそうなんですけどね。不易流行、ファッションにはあてはまらない のでしょうか?

No title

まん丸クミ さん

 こんばんは。
 そちらの寒さはいかがでしょうか。北海道も一部の地域はマイナス30度を越えました。ただ札幌近郊はそんなに寒くはありません。しかし、分厚い防寒着で身を守ることは必須です。GEOXは日本ではとても高額です。日本製のダッフルコートが通用しないカナダでは必要なのでしょうね。

 さて、デイヴィッド・リンチの映画、「ブルー・ヴェルベッド」は見てませんが、「デューン」や「ツイン・ピークス」は私にとっては難解でした。映画の挿入歌は音楽監督のセンスにもよるのでしょうが、絶対に忘れることのできない場面と結びつき、その効果は絶大ですね。
 寒さ厳しき折、ご自愛を。

防寒グッズ

こんにちは!
「ブルー・ヴェルヴェット」と聞くと、すぐデヴィッド・リンチ監督の映画を思い浮かべます。
たしかあの映画ではスロー・テンポで女性が歌っていたのでは?
この曲と同じかどうかはわかりません。

ところで、関西の都市部ならいざ知らず、北海道では防寒服は大事でしょう?
ダッフルコート、厚めのメルトン生地で、足まで長さがあるのが本物です。
その代わり、英国製など買おうものなら、肩が凝るくらい重いんですよね。

トレンチコートの話を最近書きましたが、ダッフルコートやピーコートも好きです。
ダッフルなら、キャメル色のが欲しいなあ、と憧れています。
いっそこれも古着でいこうかな、なんて思いますよ。

肩が凝るくらい重い

只野乙山 さん

  こんにちは。いつもコメントありがとうございます。この曲はデヴィッド・リンチ監督の映画で使われた曲と同じです。私は皆さんからのコメント同じ名の曲であることを知りました。

  さてコートの件。これはグローバーオール、イギリス製ですから本当に肩が凝るほど重いのです。ダッフルはヴァンジャケット全盛の時代流行った記憶があります。ですから私はダッフルは若者の着るものときめつけていました。今から十数年前でしょうか、中高年向けの「男の隠れ家」的雑誌のファッションコーナーで伊勢丹がグローバーオールと提携したダッフルコートを限定販売した記事を見て、中高年も着てもいいんだと知りました。購入後はあまり着用しませんでした。車の運転がしずらいのです。転勤後JRや地下鉄を利用するようになり冬道を歩かねばならなくなったので着用しております。これは8年ほど前にネットオークションで買いました。安かったです。通勤時に長いダッフルを着る通勤男性は北海道でもあまり見ませんね。でも冬道を歩くには重宝しておりますので全然気になりません。ただ今日驚いたのはネットでグローバーオールを検索しましたら長長いものの中に短いのもありました。本家本元が短小ブームに火をつけたことを知り、がっかりです。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。