スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

605枚目 『リボルバー』から「トゥモロー・ネバー・ノウズ」を聴き比べました

605枚目 『リボルバー』から「トゥモロー・ネバー・ノウズ」を聴き比べました

revolver.jpg



発売年 :1965年 , 2009年
レーベル:Apple PARLOPHONE
発売: 東芝音楽工業  EMIミュージック・ジャパン

1. タックスマン
2. エリナー・リグビー
3. アイム・オンリー・スリーピング
4. ラヴ・ユー・トゥ
5. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
6. イエロー・サブマリン
7. シー・セッド・シー・セッド
8. グッド・デイ・サンシャイン
9. アンド・ユア・バード・キャン・シング
10. フォー・ノー・ワン
11. ドクター・ロバート
12. アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー
13. ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
14. トゥモロー・ネバー・ノウズ



今朝の北海道新聞第1面は対照的な記事が2つのりました。
ひとつはベルギーで行われている世界体操で17歳の白井健三選手が金メダルを獲得。並んで、もう一つは福島第一原発で4か月作業した札幌の男性が労災を申請

 白井選手は間違いなく2020年東京オリンピックで日本の体操界を背負って活躍する希望の星です。白井選手は安部首相が世界に向けて福島第一原発を『完全にコントロールした』とスピーチし、7年後に世界中から多くの選手達と観光客をおもてなしするオリンピックの中心にいるでしょう。
 北海道新聞が報じた労災申請した札幌の男性の記事は第一面だけでなく、社会面でも大きく取り上げられました。基本給月30万円プラス危険手当1日1万円の条件で重機オペレーターとして4カ月働き、被ばく線量が原発作業員の年間法定限度50ミリシーベルトを超えたために仕事をやめた。その10カ月後に膀胱がんが見つかって手術を受け今年の3月に大腸がんと胃癌も見つかって労災を申請。なお、福島第一原発で被ばくによる労災申請をしている方は4名だそうです。今後増えそうな気配がします。
現場の生々しい記事は http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/496299.html に書かれているので是非ご覧ください。

 先日も昨年度TVドキュメンタリー大賞をとったNHKスぺシャル『メルトダウン 連鎖の真相』を見ましたが、今朝の北海道新聞の記事と重ねるにつけ、安部首相の『完全にコントロールした』言葉がむなしく聞こえます
 2011年民主党政権の『原発事故収束宣言』と自民党の『完全にコントロールした』宣言は福島県の多くの県民を怒らせました。NHKスぺシャルを見た後、素人目で見ても今後の福島第一原発の再建はいばらの道が続くでしょうし、汚染水処理の問題は7年後の東京オリンピック時も続いているのではないかと疑うのは私だけでないはずです。

 さて、本題にもどり、デジタルリマスター版CD大トリはイギリスで発売されたビートルズ7枚目のアルバム『リボルバー』。
2トラックから4トラックに進化した録音技術でこのアルバムは逆回転特殊効果をほどこして込み入ったサウンドつくりを成功させたのです。個人的にはビートルズの名曲は『ラバー・ソウル』の方が多いと思うのですが、今までにないサウンド作りはその後のアルバムや他の多くのミュージシャンに多大な影響を与えたのです。また、当時のヒッピームーヴメントの影響を受けた、いやリードしたカルチャー面でも大きな意味を持つ1枚だと思うのです。



こちらはyoutubeの『ラバー・ソウル』
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

リヴォルヴァー

こんにちは!
『リヴォルヴァー』はLPで持っています。
これはなんだか『サージェント・ペッパーズ…』の練習版というか、
新しいテクノロジーを使ってどんなことができるか、
あれこれ試行錯誤しているような感じがします。

曲だけでいえば『ラバー・ソウル』のほうがいいかもしれません。
「エリナー・リグビー」や「イエロー・サブマリン」、
『トゥモロー・ネヴァー・ノウズ』あたりが好きです。

曲だけでいえば『ラバー・ソウル』のほうがいいかも

乙山さん

 こんばんは
 いつもコメントありがとうございます。
 そうですね。確かに『ラバー・ソウル』の方がいいですね。
 乙山さんがおっしゃるように、『サージェント・ペッパーズ』や『アビーロード』へのジャンプ台的なアルバムと言っても過言ではないでしょうね。
 当時としては画期的かつ実験的な音づくりであったことはまちがいありません。
 タイトルが1966年の日本公演で買ったリボルバーのおもちゃ(モデルガン)からつけたというエピソードをご存知でしたか?

No title

こんばんは

やっとこのCD入手しました。70年代に"Got to Get You~"を聞いて「シカゴみたい」と思ってしまいましたが、ビートルズが元祖でした。やはり時代の最先端だったんですね。

時代の最先端

HY さん

 こんばんはコメントありがとうございます。
 そうですね。ダイナミックなホーンセクションが入っているので、『ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ 』は当時は画期的なことだったでしょう。ポールの傑作の一つにはいる楽曲ですね。シカゴやBSTに影響をあたえたのかどうかはわかりませんが、ロックの流れを変える実験的な試みがなされていますね。

 
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。