スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

602枚目 『ウイズ・ザ・ビートルズ』を聴き比べました


with the beatles

発売年 :1964年 , 2009年
レーベル:Odeon Parlophone
発売: 東芝EMI株式会社 EMIミュージック・ジャパン

『ウィズ・ザ・ビートルズ』

1. It Won't Be Long
2. All I've Got To Do
3. All My Loving
4. Don't Bother Me
5. Little Child
6. Till There Was You
7. Please Mister Postman
8. Roll Over Beethoven
9. Hold Me Tight
10. You Really Got A Hold On Me
11. I Wanna Be Your Man
12. Devil In Her Heart
13. Not A Second Time
14. Money

『ミート・ザ・ビートルズ』
A面
1. I Want To Hold Your Hand 
2. I Saw Her Standing There 
3.- This Boy   
4. It Won't Be Long  アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。
5.  All I've Got To Do アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。
6. All My Loving アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。

B面
1. Don't Bother Me アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。 
2. Little Child  アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。
3. Till There Was Youアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。
4.- Hold Me Tight  アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。
5- I Wanna Be Your Man アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。
6. Second Time (Lennon - McCartney) アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。




 私がよく訪問させていただく櫟コナラさんのブログがありがたいことに私のブログを紹介しており、びっくりしました。こちらがコナラさんのブログ「レコードを聴きながら」
http://kunuginodonguri.blog.fc2.com/


そのブログを拝見した際に発見したことがひとつ。
 『ミート・ザ・ビートルズ』は『ウィズ・ザ・ビートル』と違う
 ジャケットのモノクロの写真が同じ(ハーフシャドウという手法でロバート・フリーマンが撮影)ですが、楽曲がいくつか違うのです。しかも私のそれは赤盤
きちんと確認しないで今日まできたのですが、同じジャケットの写真にだまされて、中身をチェックしなかった私が悪い。早速困ったときにすぐひく私のバイブル『ビートルズ事典』を調べたら、日本版『ウイズ・ザ・ビートルズ』が載っていません。
 何故?
ウイキペディアを調べて初めてわかりました。
『ウイズ・ザ・ビートルズ』日本版のリリースはビートルズ解散から6年後の1976年6月だったのです。1974年発刊の『ビートルズ事典』にのってないはずだ。
また、『ウイズ・ザ・ビートルズ』(Parlophone)をアマゾンで調べたら、6000円以上もするのです。
 
で、LP盤「Meet the Beatles」(ジャケットだけ見ると、小さな文字で書かれたMeetとWithの見分けができない)はコナラさんがおっしゃるように日本オリジナルアルバム東芝音楽工業から発売されたビートルズ・アルバム第一号なのです。そして奇しくも、コナラさんが『ミート・ザ・ビートルズ』をとりあげたその日私たち中高年の愛してやまなかった『オールナイトニッポン』の初代ディスクジョッキー高崎一朗さんが亡くなり、『ミート・ザ・ビートルズ』のライナーノーツを書いたのが高崎一朗さんでした。他の方がとりあげたブログから多くを学び、何十年も勘違いしていたことを新たに発見する。
 楽しいです。

あ、そうそう聴き比べは「オール・マイ・ラヴィング」
イントロなしで始まるこの楽曲、ノイズ交じりの赤盤の方が臨場感が伝わってきます。

youtube の「オール・マイ・ラヴィング」
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

お久しぶりです、時折ブログ拝見しています

初期のビートルズの中でもこの「オール・マイ・ラヴィング」は得に好きな曲です♪
おそらくポールが作った曲と思いますが、ジョージのチェット・アトキンスを意識したアドリブ・フレーズ、
ジョンの小気味いい3連符のカッティング、ポールのジャズコードのランニングベース、そしてリンゴの
8ビートのストローク、このバラバラな4人の演奏が見事にマッチしているんですね、当時まだ若干22~24才位と思いますが?すごい才能ですね、   ・・気ままな親父・・

No title

bass9410 さん

 こんばんは
 コメントありがとうございます。
 バリバリの現役プレイヤーだけにbass9410 さんのコメントは専門用語が散りばめられて、私には難解です。
 おっしゃるとおりポールの作曲です。高崎一郎さんの解説にはジョンとリンゴが23歳、ポール21歳、ジョージ22歳とあります。本当に才能にあふれた4人だったのですね。
 bass9410さんも今後ますますお元気で演奏活動をお続けください。ありがとうございました。

No title

 こんばんは。

 わ、わたしの名前が出てる・・・と嬉しくなりました。ありがとうございます。

 元々は、mikitaka08さんの600枚目、「Please Please Me」を拝見したことから始まった偶然の出来事ですから、ブログは書くだけでなく、他の方のを読ませていただくところにも、面白みがあるものなんですね。実感いたしました。

 それと、赤いレコード盤なんですね。
ビートルズにもそういうのがあったなんて、初めて知りました。

 というか、何も知らなかったんだわ~と、思い知らされております(笑)。


 




 

赤いレコード盤

櫟コナラ さん

 こんにちは
 先週、先々週は忙しくブログをゆっくり読む暇もなかったのですが、
 やっと日曜日、のんびりしております。

 <他の方のを読ませていただくところにも、面白みがあるものなんですね。
  おっしゃるとおりですね。
  しかも、世代を越え性別を越えて誰とでも交流でき、いろいろな方々の考えや経験を
  知ることができる。時には外国にお住まいの方達とも瞬時に繋がることができる。
  これ、なかなか日常ではできないですよね。
  専門家じゃないから好き勝手なことを無責任に書き込むのも楽しい。そして、たまに他の方々  から拍手やコメントをいただく。これもたまりません。
  ほかの方のブログを訪問させていただくと、中には100近い拍手をもらっている方もいらっしゃ  る。感心するしかありません。そこまでは無理としても、他の方々に読んでもらうのは大きな魅  力ですね。今後も細々と続けていきたいと思います。
  ありがとうございました。
  

  
 

ミート・ザ・ビートルズ

mikitaka08さん、こんばんは。

僕がレコードを始めて見た(聴いた)のが、この『ミート・ザ・ビートルズ』でした。 
小学生の頃、友達の兄貴のレコードがこれでして、聴かせてもらったことを憶えています。
ビートルズといえば、『抱きしめたい』がいの一番に思い出されます。

この『ミート・ザ・ビートルズ』こそが、ビートルズのデビューアルバムであると思っていました。
高校生になって、友人が『プリーズ・プリーズ・ミー』を購入して、初めて聴いたときも、これ『抱きしめたい』が入ってないじゃないか! おかしい? なんて思ったものです。

日本ではUSA盤から、入ってきていたのでこうなっていたのでしょうね。
今ではイギリスオリジナルを中心に聴いていますが、この『ミート・ザ・ビートルズ』だけは、特別な思いがあります。 
このUSA選曲も魅力的で捨てがたいです。 

『ウイズ・ザ・ビートルズ』に関しては、 All My Loving 、Till There Was You 、Devil In Her Heart、 Not A Second Time 等が特に好きです。

すいません、ビートルズになると、つい熱くなってしまいます(笑)

ウィズ・ザ・ビートルズ

こんばんは!
家にあるCDを見たところ、『ウィズ・ザ・ビートルズ』であることがわかりました。
1980年代に買ったらしく、値段は3200円と記してあります。
今、CDが一枚3200円だとすると、かなり引いてしまいますが、
当時はそれが当たり前だったのですね。

『ウィズ・ザ・ビートルズ』はほとんどがオリジナルで、
当時としてはかなりの野心作だったのではないかと思います。
一部でアイドルのように見られますが、ハンブルクなどでぶっ続けで演奏した、叩き上げのバンド。
自分たちのやりたいことが、徐々に表れてきている、初期の傑作ではないでしょうか。

No title

mikitakaさん、今晩は。

私が聴いたのはいったいどちらだったのでしょうか?
兄貴のレコードだったので確かではありません。

今度彼の家に行ったら調べてみますね。
ブログで色々な事を発見できるのは楽しくて!

Please Mister Postman、 This Boy、とか好きだったな。 

ところでハスカップを調べました。こういうフルーツがあるのですね。
初めて知りました。栄養価の素晴らしい小粒な宝石ですね。 
いつか味わってみたいです。

USA選曲も魅力的で捨てがたい

MINGUS54 さん

 こんばんは
 熱いコメントありがとうございます。ジャズにあかるくない私がMINGUS54 さんのブログを訪問した際は短いコメントしか書けないのに、心のこもった長文をありがとうございます。
 さて 『ミート・ザ・ビートルズ』はUSA盤から入ってきたのですね。
 その辺の事情がよくわからないのですが、レコード会社独自のルートがあるのでしょうね。
 当時、私は高校生、MINGUS54 さんは小学生と世代が違うのですが、友達の兄さんに聴かせてもらったというのは「昭和的」でいいですね。
 レコードの貸し借り、あるいは友人のところで聴かせてもらう。音楽雑誌を貸してもらう。音楽文化が人と人を繋いでいた感じがとてもします。
 今後ともアナログ盤を媒介にして情報交換をお願いいたします。

1980年代に買った『ウィズ・ザ・ビートルズ』

只野乙山 さん

 こんばんは
 1980年代に買ったものとは。。。
 アナログ盤からCDへの転換期で、とても高かったですよね。
 当時友人がNECのCDデッキを購入したことを思い出しました。乙山 さん
 の『ウィズ・ザ・ビートルズ』は初CD盤ですよ。バブルの時代とはいえ、3200円は高かったです ね。当時のアナログ盤は2800円。400円の差lですが、CDは本当に高く感じました。といって も私がCDプレーヤーを手にしたのは平成に入ってからでした。

 今でこそアナログ派を名乗っていますが、初めてNECのCDデッキで聴かせてもらった時は音の 良さにおどろいた記憶があります。何を聴いたかは覚えていないのですが。
 
 <ハンブルクなどでぶっ続けで演奏した、叩き上げのバンド。

  本当にそうですね。14~5歳からバンド活動を続け、楽曲を書き、外国へいわば出稼ぎに行  く。メンバーチェンジもする。まさにたたきあげですね。
  コメントありがとうございました。
 

No title

まん丸クミ さん

 コメントありがとうございます。

 <私が聴いたのはいったいどちらだったのでしょうか?

  何年も気がつかなかったことがほかの人にも疑問をいだかせる。これもブロ  グの魅力ですね。
  世代は違っても共通のビートルズのお気に入り曲があるのが嬉しいです。

  また、ハスカップは名前は違えどカナダにもあるものだと勝手に決めつけて  いましたが、どうやらそうでもなさそう。
  でも、当地のイオン系スーパーマーケット『マックス・バリュー』はカナダ  産ブルーベリーのシロップ漬けが大瓶で売られています。

  ブルーベリーとハスカップが同じ色ですが、形が違います。
  そして、ハスカップの方がすっぱい。甘党の私はケーキにはハスカップの方  があう、と主張しております。ま、誰も関心をもってくれませんが。
  すいません。話がビートルズから大きくそれてしまいました。
  いつもコメントありがとうございます。

こんばんは^^

こんばんは^^
本当ですね!4人ともハーフ・シャドウで、タートルを着ているというのは"With"も"Meet"も共通なんですね。
収録曲が違うんですね。
"Don't Bother Me"、ジョージの初めての自作曲ですね。
カバー曲もどれも素敵です。
私も"All My Loving"は大好きなビートルズソングの1つです。
動画、後半のポールとジョージが一緒に歌うところが良かったです。

"With"も"Meet"も共通

 saya さん

 こんばんは

 <ハーフ・シャドウで、タートルを着ているというのは"With"も"Meet"も共通
 そうなんです。
 しかもジャケットの"With"も"Meet"があまり大きな文字でないので、しっかりとみなかったのです。
 正直、聴き比べをやるまでは全く知りませんでした。
<"Don't Bother Me"、ジョージの初めての自作曲ですね。
 これも知りませんでした。ありがとうございます。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。