スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

596枚目 ビートルズ  「アビイ・ロード」から「B面メドレー」を聴き比べました。

596枚目 ビートルズ  「アビイ・ロード」から「B面メドレー」を聴き比べました。

596枚目 アビーロード

発売年 :1970年 , 2009年
レーベル:Apple
発売:東芝音楽工業株式会社 , EMIミュージック・ジャパン
A面
1. カム・トゥゲザー
2. サムシング
3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
4. オー!ダーリン
5. オクトパス・ガーデン
6. アイ・ウォント・ユー
B面
1. ヒア・カムズ・ザ・サン
2. ビコーズ
3. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
4. サン・キング
5. ミーン・ミスター・マスタード
6. ポリシーン・パン
7. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
8. ゴールデン・スランバー
9. キャリー・ザット・ウェイト
10. ジ・エンド

アナログレコードとデジタルCDリマスター盤の聴き比べも佳境に入りました。ただ、ここでひとつ問題が生じております。
 今日までアナログ盤の方が音的に勝っていると信じて疑わず、意気揚々と書いてきましたが、正直その結果に自信がなく、一応インターネットで調べてみました。
 すなわち『アナログレコードとデジタルCDの音質は違うのか?』答えは『ハイエンド機でなければその違いはわからないだろう』ということ。
 オーディオの『ハイエンド機』とは?
 わかりましたよ、『ハイエンド機』とは何かが。何でも秋葉原や大坂の日本橋にでも行かなければお目にかかれない1台『何百万円』時には『何千万円』もするもの、のことですって。
 今日まで自分のオーディオ機器はかなりの高級なモノと信じていた自信がガラガラ音を立てて崩れ落ちました。そうです。ここ何回か続けた『聴き比べ』は虚偽の報告だったのです。1枚缶コーヒー1本で買える値段で手に入れたレンタル落ちデジタル・リマスター盤を日本国内でプレスされたアナログLP盤と聞き比べることなど、実にナンセンスな作業だったのです。『ハイエンド機でなければ違いはわからない』のですから、私の所有するオーディオ機器では所詮無理だ。

 しかし、作業はやめませんよ。エエ。
よーく考えてみると、調査結果が、誰に対しても責任があるわけじゃないし、市井の片隅でひっそり生きる還暦過ぎの老人の戯言に誰が異論をはさみますか。
 半ばふてくされて、聞き比べた「アビイ・ロード」。B面のメドレーがいいなあ!特にラジオから流れる音源だけを頼りに歌詞を覚えた『ゴールデンスランバー』から『ジ・エンド』までの流れがいいなあ。今日書ける感想はせいぜい、こんなことくらい。


こちらはU-チューブ。『ゴールデンスランバー』から『ジ・エンド』までの抜群の編集を見つけました
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

異議無し!

 CDも出始めは音が悪かったですものね。サンプリングだのDA変換だの専門用語でごまかしていたのではないかと思うくらい。ところが技術の進歩はその音までも変えてしまったのですね。
 昔デジタル録音を売りにしたアナログレコードが結構はやった時期がありましたが、私はちっとも音が良いと思いませんでした。これもデジタルという用語でごまかしていたんだと思います。
 昔のアナログアンプはアナログレコードを実にいい音で聴かせてくれました。CDをつなぐと何だか音が硬くて嫌いでした。ところがCDに特化されたアンプが出回ると(アンプもデジタルなんですね)、CDの音がクリアなんですよ。アナログレコードをつなぐと何だか音が死んでしまって、がっかりしたものです。
 『ハイエンド機』なんてナンセンス! 買えない者のひがみではなく、ソフトとハードの相性、融合、そして何と言っても聞く人の心だと思っております。
 音を計器で計るのはそういうマニアに任せておいて、音楽を聴く、ジャケットを楽しむ、個人的な感想、そこに期待しています。
 長文失礼しました。

アビー・ロード

こんにちは!
『アビー・ロード』、これもLPレコードを持っております。
「カム・トゥギャザー」のどこかワイルドな感じのジョン、
「サムシング」のギター、そして「オー!ダーリン」のポールのヴォーカル。
どれをとってもいいですね。そしてB面のメドレーもいいなあ。
やっぱりCDで欲しくなりました! もう一度聴きたい!

聴き比べは個人的な楽しみではありませんか。
他の方の意見はとりあえず置いておき、楽しみましょうね!

ソフトとハードの相性

あやのすぎつねただ  さん

 コメントありがとうございます。
 そうなのですね。音を計器ではかるマニアではなく、心で聴く。
 まさに言いえて妙、「聴き比べ」を始めて、何か本ブログ読者の皆さんに
 決定的な変化を伝えたくて、ややあせりに似た気持ちがあったことは否めません。
 素直な感想を伝えていきたいと思います。
 今後とも貴重なアドバイスをお願いいたします。

聴き比べは個人的な楽しみ

只野乙山 さん

 コメントありがとうございます。

 LP盤をお持ちなのですね。「アップル」の色がA面とB面で違う。ここがおわかりで、当時は驚いた世代のおひとりですね。
 はい、まずは自分が音楽を楽しむ。これを第一に考えて、今後1000枚いや2000枚を目指して感想を書き続けようと思います。
 今後ともよろしくお願いいたします。

No title

mikitaka08様

アナログレコードを聴く「所作」、私はこれが好きです。
音質そのものの違いは難しい判断だと思います。mikitaka08様がおっしゃるように機器のグレード、ソフトそのものの状態をある程度揃えなくてはなりません。個人ではそのような環境、到底無理です。
それでもそれでも聴き比べて「レコード贔屓」のコメントお願いします。それが私どもレコードフリークの「至上の喜び」ですから。

アナログレコードを聴く「所作」

ハゼドン  さん

 コメントありがとうございます。
 やはり音楽は心なのですね。とりわけアナログレコードを聴く作業は「心」をこめなければなりません。そうしなければ、レコードがキズついたり、針飛びしたりしますから。ハゼドン  さんのおっしゃる「所作」が大切なのです、数少ないアナログフリークとして今後も頑張ることを宣言いたします。

No title

こんばんはー、

たまりませんよね!アビーロードのB面メドレー!(^^)!
ビートルズは、何か、少しでも聞き始めると止まらなくなっちゃいます(笑)

アビーロードのB面メドレー

onorinbeck さん

 コメントありがとうございます。

<少しでも聞き始めると止まらなくなっちゃいます

 本当にそうですね。
 世界中にそんな人がたくさんいるのではないでしょうか。
 すると、毎日世界のいたるところで、ビートルズの曲が流れて
 いることになりますね。そんな時代がいつまで続くのでしょうか。

おはようございます。

コメントいただき有難うございました。
ビートルズのLPのジャケット・・・・・

見ているだけで一気に
何十年か前の青春時代に戻ってしまいますね。

今は実家の倉庫の中だと思いますが
近いうちに発掘に行こうかな、なんて思ってしまいました(w)

何十年か前の青春時代に

ゴッチ  さん

 こんばんは コメントありがとうございます。

 <見ているだけで一気に
  何十年か前の青春時代に戻ってしまいますね。

  本当にそうですね。LP魅力の何十パーセントはジャケットではないでしょうか。
  特に70年代は豪華な付録もついていて、楽しさ倍増です。音楽配信では絶対にない楽しみです。管理に失敗するとカビがはえたり、レコード盤がそったりしますが、それはそれで愛着をもって扱うことが求められ、楽しみが広まります。私のレコードの一部も実家に眠っていたものです。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。