スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

591枚目 ピンクフロイド 「原子心母」から「デブでよろよろの太陽」を聴きなおしました。

591枚目 ピンクフロイド 「原子心母」から「デブでよろよろの太陽」を聴きなおしました。



pink floyd



発売年 :1970年
レーベル:Odeon
発売:東芝音楽工業株式会社

A 面 1. Atom Heart Mother

B面
1. If
2. Summer '68
3. Fat Old Sun
4. Alan's Psychedelic Breakfast

当地は天候不順の毎日です。外の気温は現在7度です。
前回、前々回ともに「黄金週間晴天祈願」は全く効果がなく、外での畑仕事もままならなかったのです。
で、今日こそはと天気回復の祈りを込めてなかばやけ気味にレコードを引っ張りだしました。といってもそれほど多くを調べたわけではないのですが。

 今日も見つけましたよ。数に限界のある私のレコード棚と段ボールを漁って。
「デブでよろよろの太陽」。原題“Fat Old Sun”がそれ。
対訳が故今野雄二。北海道出身。「平凡パンチ」編集部から独立、1970~80年代に音楽や映画畑で大活躍した人。最近亡くなりました。
 “Fat Old Sun”を「デブでよろよろの太陽」と訳したセンスに驚きます
もちろん原題も含めてピンクフロイドの「原子心母」すべてが新鮮さ満載。今じっくり聴きなおすと私にはとても新鮮に感じられます。当時は「なんだこれは」くらいにしか思ってなかったのですが。

 エンジニアはかのアラン・パーソンズ、またジャケットの牛が当時はプログレには似合わないとの評価もあった気がします。
 ただ、当地にはぴったりの光景で、つい今日も寒空の中で草を食むホルスタインを何十頭も見てきたところです。

 さて、改めて「晴天祈願」。「デブでよろよろじゃない」、「颯爽とした、できれば女性の若くてぴちぴちした太陽が」明日の日曜日こそわが北海道に出現しますように!!



こちらはU-チューブ。「原子心母」から「デブでよろよろの太陽」

Youtubeのピンクフロイド 「原子心母」から「デブでよろよろの太陽」
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

アトム・ハート・マザー

こんにちは!
『アトム・ハート・マザー』は乙山もLPでもっているほどです。
数少ないLPですが、自分で音源を買えるようになった頃、
早速買い求めたように覚えています。
その後ほどなくCDが登場し、それから音源はほとんどCDばかりです。

さてA面はクラシック音楽を取り入れた大作ですが、
B面は素朴な曲が並んでいます。むしろこちらのほうが、
ピンク・フロイドの本質というか、地の姿であるようにも思えますね。
最近聴いていませんので、また聴いてみたくなりました。

クラシック音楽を取り入れた大作

只野乙山 さん

 こんにちは
 コメントありがとうございます。A面は23分もの大作。6つの章で構成されていますが、ここがプログレッシブといわれる所以なのですね。
 私は乙山さんとはだいぶ年齢がちがいますが、乙山さんが1970年にこのLPを求められたいうことはずいぶんと進んでいた若者だったのですね。

 内容も良いのですが、まだ若かった大森庸雄の解説によると当時のピンクフロイドは映画音楽も担当していたのですね。驚きです。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。