スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

577枚目 リック・ウエイクマン「地底探検」(ライブ)を聴きなおしました。

P1250001 (640x480)
577枚目 リック・ウエイクマン「地底探検」(ライブ)を聴きなおしました。

発売年 :1974年
レーベル:A&M
制作:キングレコード株式会社

ふとしたことでジュール・ヴェルヌの「15少年漂流記」(岩波少年文庫)を読みました。
今から50年ほど前、中学生の時に母が社員旅行のお土産に買って来てくれたことも思い出しながら。
一挙にページが進みます。面白い、実に。
スマートフォンを始めとするデジタルゲームにあけくれる今どきの中高生はこの本を読んだことがあるのだろうか
いや、今日の本題は「15少年漂流記」ではなかった。ジュール・ヴェルヌつながりで「地底旅行」。
レコードのタイトルは「地底探検」。イエスの天才的なキーボード奏者リック・ウエイクマンがロンドン・シンフォニー・オーケストラとともに20世紀フォックス社から借り受けた「地底旅行」の映画をステージ奥のスクリーンに映しながら演奏した,
とライナーノーツに書かれています。

U-チューブの映像にそれはなく、音質も割れてあまり良くない。

圧倒的にアナログレコードの方が良い。
いずれにしても、当時24歳のリック・ウエイクマンが作品の企画、作詞・作曲から舞台構成やレコーディングまでもひとりでやったのだから凄い。ロックとクラシックのコラボレーションは当然批判もあったのでしょうが、音楽に垣根はないことを示した作品であったことまちがいありません。こちらはU-チューブ の地底探検
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

大変ご無沙汰して申し訳ありません。

去年の後半から、自分のブログどころか、皆さんのブログ訪問も不義理が続いている状態です。

健康第一を謳いながら、衰えていく老親と若くはない自分の身体に戸惑う日々を送っています。

近所では去年の暮れにかけて、立て続けに3件の葬儀がありまして、気持ちは滅入るばかりです。

今年は父親が86歳、母親が78歳、立派な長男が58歳になる予定(?)でして、ミキタカさん同様今後の生活や人生の模索は待ったなしの感じを受けています。

何とかブログを楽しめるくらいの余裕を持ちたいと願っているのですが、そちらまで手が回らない自分の性格や小心が情けなく思う今日この頃です。

ミキタカさんには、どうか叔母様やご家庭を大切にしていただき、後々思い残すことがないような人生を送られることを願っております。

短い間でしたが、温かくて優しくて楽しい思い出、本当にありがとうございました。

ミキタカさんのご健勝とご多幸をお祈りしながら、またどこかでお会いできる日を夢見ています。

No title

マヌケシウム さん

 ご丁寧なコメントありがとうございます。
 古い音楽の嗜好は同じながら、切り口が全く違う。
時には時代は同じなのに全然知らない楽曲の紹介。映画や読書にも造詣が深く、「ああ、これぜひ見たい」と思う作品を何度もご紹介いただきました。そんなマヌケシウムさんのブログを訪問できなくなるのは寂しい限りです。
 しかし、ご家族のほうがもっと大切です。いや、ご家族だけでなく、地域にまで細かく目を配り、お世話しているご様子、今後一層のご活躍をお祈り申し上げます。
 ご自愛のほどを。

こんばんは

ミキタカ08シクティーズ様

私も確か中学一年生の夏休みに「15少年漂流記」読んだと思います。ミーハーだったその頃、BGMは松田聖子でした。

No title

ハゼドン さん

 コメントありがとうございます。年齢こそ違え通る道は同じですね。
 「ロビンソン漂流記」もこどもの時は確か世界名作全集(講談社)で、大人になって
 からは岩波文庫で読みました。ストーリーをわかっていながら読み直しては感動する。
だから名作といわれるのでしょう。レコード中心で本のことはほとんど触れることはないのですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

No title

こんにちは

懐かしい時代の事をいつも思いださせて頂いて

ありがとうございますね

この本はどうだったか記憶にはないのですが

もつと幼い頃のガリバー旅行記が印象に残ってますわ

舟が難破して気が付いたら小人の国で身体全体が縛られて

髪の毛もきちんと縛られて顔が動かせなかったのが強く思い出します。

ガリバー旅行記

wakasaママ  さん 
 コメントありがとうございます。

 ガリバー旅行記まで話題を広げていただきありがとうごじます。

>気が付いたら小人の国で身体全体が縛られて

 ジュール・ヴェルヌに対してこちらはイギリス文学者スイフトの傑作ですね。
 あまり本を買ってもらえなかった時代、私はこれを小学校の図書室で借りて
 読んだ記憶あります。この部分をやはり鮮明に覚えています。
 振り返ると「ガリバー旅行記」はリリパット、ヤフー、ラピュタ等 今日の企業や雑誌、製品の名 前に取り入れられていますね。興味があります。
 もう一度読み直したくなりました。
 

こんばんはー
コメントありがとうございました。
地底探検のライブ持ってましたあー!懐かしいっす。YES、キングクリムゾン、EL&P、、、プログレ大好きでした*\(^o^)/*
十五少年漂流記は小学生の頃、ボロボロになるまで何度も読み直し、当時はセリフまで完璧に覚えてたぐらいです(笑)
これからも宜しくお願いします*\(^o^)/*
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。