スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

563枚目 アストロノウツ『ツイスト・アンド・シャウト』を聴きなおしました

563枚目 アストロノウツ『ツイスト・アンド・シャウト』を聴きなおしました


アストロノウツ ツイシト



レーベル :Victor
発売元 :日本ビクター株式会社
発売年 1965年 

雨模様の日曜日はオムニバス版CD『music of the millennium 2001』で
ザ・フー、スティング、ジミヘン、ポールマッカトニー、ボブ・マーリーを聴きながら健康体操で汗を流しました。

 その後、段ボールからアストロノウツEP盤『ツイスト・アンド・シャウト』を引っ張り出しました。お若い方々にはなじみがないでしょうが、1960年代前半にアストロノウツは日本でブレイクしました。ビートルズ来日の前にすでに日本公演を行っていたのです。発売アルバム・シングルも当時はビートルズに負けないくらいだったはず。
 しかもコンスタントに売れていました。

 アストロノウツといえばベンチャーズと並んでサーフィン物インストルメントが売りですが、ヴォーカル物もあるのです。
 で、このEP盤『ツイスト・アンド・シャウト』はビートルズにくらべると味付けが平凡。そのせいか、この曲はCD化されていません。好きな人は好きなのですが。 

さらに盤面がキズとスレでボロボロ。
針飛びこそないもののノイズ満載。

 雑音のないCDを聴いた直後でもあり、最近聞こえにくくなったわが耳に心地よくありません。それでもテイストは日本の音楽市場に燦然と輝いていた60年代の洋楽サウンド。

キャピタルが、ビクターやフィリップスが、オデオンやリバティ、デッカ、セブン・シーズ
がそれぞれ特徴あるレコード袋や工夫を凝らしたライナーノーツで若者たちの心をくすぐった60~70年代を彷彿させるのです。

 原発再稼働、ブレまくる政治家達や自治体首脳陣、オウム信者の逮捕、通り魔殺人等々閉塞感漂う今日の状況から少しの間、タイムスリップし、つかのまの現実逃避をしたおじさんでした。

youtube に Twist and shout がありません。あったのは Unchain my heart
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。