スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

559枚目 キング・クリムゾン『クリムゾン・キングの宮殿』を聴きなおしました

king crimson
559枚目 キング・クリムゾン『クリムゾン・キングの宮殿』を聴きなおしました

レーベル :Atlantic Record  .
発売年 1969年 

ゴールデンウイークを迎え,コメントをためらうような悲惨な交通事故が本州の高速道路で起きました。
テレビのニュースだけでは原因がわかりません。亡くなられた方々のご冥福とけがをされた方々の回復をこころからお祈りします。

さて、キング・クリムゾン『クリムゾン・キングの宮殿』を聴きなおしました。
このような重い楽曲は普段の忙しい生活の中では聴こうという気になりません。
じっくり聴きなおすと、当時ビートルズの『アビー・ロード』をヒットチャートから引きずりおろした名曲なのだと実感します。
 1969年当時よりむしろ今の時代にぴったりだと思えるのです。
A面の『21st Century Schizoid Man』はさらにこの時代を反映している。
で、この曲が今から40数年前に作られたとは思えないほど時代を歌っているし、時代を予測している。そら恐ろしくなるほど。

 さらにこの輸入盤、リサイクルショップのジャンクレコードの中から見つけたもの。ジャケットは日焼けし、ビニール袋はよれよれでしたが、レコード本体はキズひとつなく、わが20年選手のパイオニアのレコードプレイヤーが見事に鳴らしてくれました。
 数十年に渡って、放置されたアナログ盤の呪詛と開放感を感じたのです。
 と、このように書くと、老人のたわごとと笑われそうですね。

こちら youtube の クリムゾン・キングの宮殿

東日本大震災復興ブログ
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

ミキタカ08さん こんにちは

このイラストキング・クリムゾンのインパクトの強く印象に残るアルバムに
ジャケット買いしました。
正直、曲としてはめったに聴いたことはありません、名盤なので聴いてみます・

ついジャケット買いしてしまった、印象に残るジャケットは「バナナ」のイラスト
のヴェルベット・アンダーグランド&ニコですか? ほかにも色々あります・・

No title

bass9410 さん

 コメントありがとうございます。

ヴェルベット・アンダーグランドの『バナナ』は当時をときめくアンディ・ウオーホルのイラストでしたね。
 残念ながら持っていませんが、和洋を問わずアナログ盤はついジャケット買いをしてしまう魅力がありました。

巨大ポスターやカレンダーがついているものも。
そのような付加価値が楽しみでもありました。

それが、音楽配信が主流の、楽曲だけを購入するという今日このごろ。
われわれ世代からすると味も素っ気もない時代になりましたね。

クリムゾンキングの宮殿

こんばんは。
これはジャケットといい、サウンドといい、インパクトがありましたね。
乙山が聴いたのは発売後からずっと後のことでしたが、
それはビートルズの場合でも同じ。ですが、ビートルズはどこかから
間接的に聞こえてくるものですが、キング・クリムゾンはそうではありませんでした。

なので他の人に聞こえぬよう、ヘッドフォンで聴くのがベスト、という感じなのですが、
ある程度音量を上げてスピーカーから聴くのが楽しい音楽なのです。
この種の音楽を、ご近所迷惑にならぬよう、心おきなく聴ける環境があればいいですね。

他の人に聞こえぬよう

乙山さん
今晩は
コメントありがとうございます。

>音量を上げてスピーカーから聴くのが楽しい音楽なのです。
そのとおりです。

隣に距離をおいて2軒、前は廃屋が1軒という音楽環境に恵まれた我が家では
大音響での音楽鑑賞が可能です。
この楽曲はまさに今の環境にピッタリです。

この冬、外気とさほど気温が変わらぬオーディオルーム兼寝室においた
アンプとCD・アナログプレーヤーが次々と故障しました。
原因は寒さだと思います。
オーディオ専門店に電話すると『そのメーカーは取り扱っていない』と
冷たくあしらわれ、危険を覚悟で近所の70歳を超えるおじさんひとりの電器店へ持ち込みました。
なんと信じられないほど安い値段で修理してもらいました。
今後も家人がいない時は大音量で聴こうと思います。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。