スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

516枚目 アナログ・LP盤 大木 トオル『マンハッタン・ミドナイト』

大木 トオル マンハッタンブルース
 大木 トオル『マンハッタン・ミドナイト』516枚目 アナログ・LP盤.


レーベル :CBS 発売元 株式会社 CBS・ソニー 
発売年  1979年
定価   2500円


SIDE 1 1アイガット・マイ・モー・ジョ・ウオーキン2ニューヨーク・ママ 3ビッグシティー・ウーマンブルース 4テンダラー・エンジェル 

SIDE 2 1エブリーナイト・ウーマン 2 イエロー・ダディ一 3ユードン・ハブ・トウー・ゴー 4シェイク・マイ・ブルース・アウェイ 5 アイ・ウオナ・ラヴ・ユー


ムーンライト さんと言う方から『大木トオル・美瑛ライブ』の
お誘いがありました。
病み上がりの私への励ましのお言葉でもありました。

なんと北の国からで有名な富良野の隣町
ラベンダー畑で有名な美瑛で大木トオルのライブがあるというのです。
しかも、無料で
さらに講演もあるのです。

しかし、残念なことにこの日はどうしても仕事の関係で行けません。
何人かの若い友人たちに紹介して、行ってもらおうかと考えています。

そこで今夜は気分だけでもひたろうと
大木 トオル『マンハッタン・ミドナイト』から『アイガット・マイ・モー・ジョ・ウオーキン』を聴き直しました。

それにしても大木 トオルを語らせると右に出る者はいないだろう、
ムーンライトさんからのお誘い、
ありがたいことです。
病んでみて、人の情けのありがたさをしみじみと感じます。

単身でブルースの本場へ飛び込んだ
大木 トオルの魂が弱った私の心身にビンビンと
入ってくるのです。

Youtub の大木 トオル『アイガット・マイ・モー・ジョ・ウオーキン』 


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

オジャマムシデス

大木トオル・・・渋いですねぇ~。
歌い続けるブルースマンに、孤高の男の凄さを感じます。
魂・・・、その重い言葉を、改めて噛み締めているところです。

話は変わりますが、去年の暮れに、
「ベスト・オブ・サンタ・エスメラルダ」のLPを偶然にもゲットしていました。
「魂」を探して、相変わらずの徘徊を続けています。

ミキタカさん。ありがとうございます!

ミキタカさん。
本当にありがとうございます。

「大木トオルを語らせると右に出る者はいないだろう、ムーンライトさん」
とは、何と申し上げたらいいか・・・。
私はただ大木さんの歌を聴きたかっただけです。

アマゾンに書いたレビューも14作になりましたが、
昨年12月に「セラピードックの世界」という大木さんの新著が発売されました。
これも何か書きたいのですが、まえがきとあとがきを読んでいたら大木さんの声が
聞こえるような気がして、なかなか書けません。

昨年のディナーショーで大木トオルさんがベン・E・キングさんの話をしていました。
「アメリカでの唯一の友達、ベン・E・キングに言われました。
お前はたった一人でアメリカへ来た。
それも、ブルースという難しい分野で。
ハードだ。
そして今、捨て犬を救う活動もしている。
ハードすぎる。
これからは、幸せになれ。」

結核が癒えない体で単身渡米したのも命がけでしたが、
今のセラピードックの活動も命がけです。
大木トオルさんは闘い続ける方だなぁ~としみじみ思います。

ミキタカさん。
どうぞお体をお大事に。
いつかどこかでお会いできるのを楽しみにしております。

大木トオル・・・渋いですねぇ~。

マヌケシウム さん

コメントありがとうございます。
『魂・・・、その重い言葉を、改めて噛み締めているところです』

マヌケシウム さん
本当にいいことをおっしゃる。
体調を崩し、同時に心が重いベールに包まれる気持ちになりました。
60数年生きてきて、自分がいかに弱いかを再認識しました。

そう、『魂』のないぬけがらになったような不思議な感じでした。
あなたの『ユックリ、ユックリ』という短い言葉に救われました。

十数年前に少しかじった自彊術を再開し、ウオーキングで
体をいじめ、なんとか回復しつつあります。

そんな時の 大木トオル。(あえて呼び捨てにさせてもらいます)。ムーンライトさんから偶然の連絡をいただき、魂のこもった歌だけではなく、活動そのものに感動しているところです。
大木トオルの『魂』から学ぶつもりです。

大木トオルさんは闘い続ける

ムーンライト さん

大木 トオルと呼び捨てにして申し訳ありません。
アーチストとしては呼び捨てにしますが、
活動家としては呼び捨てにはできませんね。

明朝2月14日、ムーンライトさんお勧めのNHK 総合テレビ『セラピードッグ』を見ます。
その後で、『セラピードッグの世界』(日本経済新聞社刊)の本を買いに行くつもりです。

ベン・E・キングの『お前はたった一人でアメリカへ来た。それも、ブルースという難しい分野で。
ハードだ。そして今、捨て犬を救う活動もしている。ハードすぎる。これからは、幸せになれ。』

結核をおして単身渡米し、アジア人として初めて認められた
ブルース・シンガー 大木トオルを一言で語るにはまさに名言ですね。

そして、活動家 大木 トオルさんに私も今後、注目し、少しでも
その魂溢れる活動を学びたいと思います。

魂など一度も持ち得なかった私、
このたびはムーンライト さんから
本当に適切な情報をいただき、精神的に立ち直れる一助となりました。
ありがとうございます。

大木さんを紹介した番組

おはようございます。
これからNHKの「おはよう日本」を見ようと思っているところです。
今回は7分位の特集らしいですが、大木さんの活動を取り上げた番組はたくさんあります。
その中から多くの方々に感銘を与えた番組をご紹介します。
http://www.youtube.com/watch?v=cHNkYWZwK1c
http://www.youtube.com/watch?v=u5Prvkd_76o
これは、大木さんの著書『名犬チロリ』と写真集『アイコンタクト』を合わせたような内容です。
お時間があるときにご覧下さい。^^

それから、『セラピードックの世界』は大木さんの協会からも購入できます。
http://therapydog.cart.fc2.com/

ミキタカさんとはご縁があったのだろうと、とても嬉しく思います。
大木さんのショーなどでボランティアの方々を多く見かけます。
大変ですよ~。本当に。
でも、「この活動ができて幸せ。少しでも大木代表の力になれれば」と仰るのです。
何と言ったらいいか。「あ~」っと思いました。

テレビ見ました、本読みました

ムーンライト さん

昨日テレビ見ました。
本当にお年寄りの表情が変わり、動かなかった手足が動くのですね。
驚きです。

10時開店の本屋に飛び込みました。
『セラピードッグの世界』(日本経済新聞社刊)買ってきました。
一気に読みましたが、
圧倒されました。マネできません。

2点考えさせられました。
1.殺される直前の犬がセラピー犬に変わるというより、変えるスキル。本では比較的さらっと書い てありますが、どのようにして奇跡のようなことができるのでしょうか。相当な忍耐力がなければ できない。さらにセラピー犬が人間ができないような愛情を一人一人のお年寄りにそそぐ。言葉 は悪いが『犬が』ですよ!

2.年間1兆円をはるかにこえるペット産業の闇の部分。つまり、日本国中で毎日『飽きられた』ペ ットが、犬がガス室に送り込まれ、殺されているという事実。誰も書きませんよね。
 人間の身勝手によって多くの犬が毎日殺され、白い灰になっている事実を。
 
これはショックでした。その中のほんの少しを大木 トオルさんが救っている、心無い人々の非道に腹をたてることなく、たんたんと。子ども時代のつらい思い出を犬に救われたとはいえ、それだけではけして、モチベーションにはなりえない。
そして、 誰もマネのできない、ハードな取り組み。
 読後、熱が出てきました。

大木トオル氏・札幌講演会

ミキタカさん。
お久しぶりです。お元気でしたか?
パソコンが故障して以前の情報をなくしてしまい、お知らせしたいことがあって、
このブログを探し出しました。
リスニングマラソン。541曲まで進んだのですね。素晴らしいです!


国際セラピードック協会・大木トオル代表の講演が札幌で開催されます。
日時は10月15日(土)10時から。
会場は札幌コンベンションセンター小ホールです。
入場無料ですが、事前申し込みが必要です。
私も参加しますのでご都合がよろしければ是非。
詳細は主催である北海道石狩振興局HPをごらんください。
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/hc/template.pdf



ムーンライトさん感謝申し上げます

1年半も更新していない当ブログに『大木トオル札幌講演会』の情報をいただき、ありがとうございます。私、緑内障が進み、ブログ更新を控えております。
 セラピードッグの活動に関する講演、ぜひ参加したいと考えます。
貴重なお知らせ心から感謝いたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとうございます

> ミキタカさん。
> 緑内障が進んでブログの更新を控えておられたのですか・・・
> コメントに気づいていただき嬉しいです。
>
> 講演会においでくださるとのこと、大変嬉しく思います。
> 会場に大木代表のレコードや本をご持参になったら如何でしょう。
> きっとサインしてくださると思います。^^


クーンライトさんへ

なるほど、そういう方法もあるのですね。
あまり、サインをしてもらった経験がないものですから。
アドバイスありがとうございます
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。