スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 加藤和彦『ベル・エキセントリック』から『American Bar』438枚目。

ベルエキセントリック
レーベル : Warner  発売元  ワーナー・パイオニア株式会社
制作年 1981年
定価 2800円

 Side 1
 
1. ロスチャイルド夫人のスキャンダル
2. 浮気なGigi
3. American Bar
4. ディアギレフの見えない手
5. ネグレスコでの御発展

Side 2
1 バラ色の仮面をつけたマダム
2. トロカデロ
3. わたしはジャン・コクトーを知っていた
4. Adieu,Mon Amour
5. Je Te Veux

 
加藤和彦を偲んで。第3弾!!

フォール・エポック(おかしな時代)への誘い!!
アナログ・LP版の帯にこう書いてあります。
1981年の加藤和彦作品、『ベル・エキセントリック』。

20年先を歩いていた加藤和彦。
『ベル・エキセントリック』を聴き直し、
改めて感じました。

フォール・エポック(おかしな時代)を予感していたにちがいません。

バックにテクノ路線ではないYMOを従え、
ピアノが矢野顕子。
録音はシャトウ・スタジオ・パリです。

『American Bar』はシャンソンの香りなのか、タンゴ、ジャズが入り混じる摩訶不思議な世界へ引き込みます。

ギンギンのロックや熱いディスコ・サウンドを聴きたい
当時の若者にはそんなにウケルはずがない。

それが証拠にこのアナログ盤はレンタル落ちです。
しかし、ほとんど聴いた痕跡がありません。
まっさら。音質いいこと、いいこと。
レンタル・レコード屋の閉店セールで300円で買ったもの。
今から20年以上の前のことです。

しかし、今聴き直すと、なんてぶっ飛んだ楽曲つくりのコンセプトとしゃれた歌詞。

贅沢なジャケットのデザインと金色の歌詞カード。
アナログ時代の幕切れを象徴し、きっと将来は回顧するだろうことを予言する作りなのです。


Youtube に加藤 和彦『American Bar』はありません。

スポンサーサイト

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。