スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 加藤和彦『それから先のことは』から『それから先のことは』437枚目。

加藤和彦 それから先のこと


レーベル : Doughnut Record  発売元  東芝音楽工業株式会社
制作年 1973年
定価 不明

Side 1

1.シンガプーラ
2.それから先のことは
3.ジャコブ通り
4.それぞれの夢
5.キッチン&ベッド

Side 2
1.貿易風
2.春夏秋・・・・
3.光る詩
4.二度目の冬
5.淋しい歌のつくり方

 
加藤和彦を偲んで。第2弾!!

大きく、大げさに取り上げてはいないが、
加藤和彦の突然の死がとりわけ中高年世代に
波紋をよんでいます。

あちこちのサイトをのぞき、そう感じました。

まだまだこれからも活躍を期待されていただけに、
喪失感はおおきいのです。


アナログLP盤『それから先のことは…』今から36年前のアルバムです。

サディスティック・ミカバンド解散後、初のアルバム。
安井かずみとの共作です。

ふたりの私生活を歌ったものと言われていますが、
1970年代前半のいわゆる『四畳半フォーク』の私小説風
歌詞とはちがって、軽妙洒脱でおしゃれな楽曲が大半。
その中にたとえば『光る詩』や『淋しい歌のつくり方』の
文字通り光る詩があるのです。

いずれも名曲ぞろい。
CDが発売されるまでは幻のレコードとも呼ばれました。

加藤和彦を偲んで、今晩はA面2曲目の『それから先のことは』を選びました。

安井かずみの詩が加藤和彦の30数年後の心の奥を
歌っているように感じるのです。

『♪ たまには ひとり 風の音をききたい夜は
    手を伸ばしても ふれられない 明日を想う
     たぶん君がいて
     歌がある 
   それから先のことは それから先のことは
   明日という日に つられていくだろう ♪♪』


Youtube に加藤 和彦『それから先のことは』がありません。
代わりに『シンガプーラ』を見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=CWVVyoKBrn0


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

はじめまして

私のブログにご来訪いただき、ありがとうございます。
いろいろなことを、ごちゃごちゃと書いているブログでお恥ずかしいですが、
どちらからいらっしゃいましたでしょうか。
気になります。

加藤さんの「それから先のことは」は私も大好きです。
詞の内容も、安井かずみさんの作品の中で一番かもしれません。
私もずっと動画サイトでこの曲を探していたのですが、かなり前に見つかりました。
でも、もうご存知かもしれませんね。
http://youtu.be/8Ykz03mHTdI

No title

ロミー さん

 こんばんは
 すいません、どこのサイトから貴ブログを訪問したのかは定かでありません。申し訳ありません。
 「それから先のことは」がyoutubeにあることも知りませんでした。
 本日youtubeを見ましたが、加藤和彦さんが亡くなった4年目に比べると、アップされている楽曲が増えています。
 それにしても私よりずっとお若い方がトノバンの楽曲をお好きとはちょっと驚きでした。ついでですが、先日BSで吉田拓郎と小田和正の対談があり、その中で小田さんが拓郎に当時の友人は誰だったと聞いたところ、拓郎が『加藤和彦』と答えたのが意外でした。
 これからもよろしくお願いいたします。

mikitaka08さま こんばんは。

返信ありがとうございます。
私はブログに10代の頃から大好きだった加藤和彦さんのことや、フォーク・クルセダーズのことを書いていたので、それが検索にヒットしたのかもしれませんね。
憶測で申し訳ありませんが。。

加藤さんのことを知ったのは、北山修さんが精神科医として本を書かれていたのを読んだことがきっかけでした。もう16年くらい前です。北山さんの著書「戦争を知らない子供たち」もベストセラーだったようですね。この本も大学の図書館で見つけ、読みました。

なるほど、拓郎さんは加藤和彦さんと仲が良かったのですね。

私は杉田二郎さんもはしだのりひこさんも大好きですよ。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

戦争を知らない子供たち

ロミー さん

 こんばんは
 16年くらい前からのファンとは驚きです。私はフォーク・クルセダーズとほぼ同世代です。
 彼らがアングラレコード(これ死語ですね)-今でいうインディーズでしょうかーから突然出現した時は驚きでした。
 特にファンというわけではなかったのですが、4年前に入院し眠れぬ夜NHKラジオ「ラジオ深夜便」でトノバンの楽曲がいくつか流れ、とても元気づけられました。
 全く世代が異なるのに共通の話題ができる、音楽の力はすごいと思います。これからのよろしくお願いいたします。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。