スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ジェイムズ・テイラー『Mud Slide Slim』 421枚目

ジェイムズ・テイラー
       

アナログ・ LP盤:ジェイムズ・テイラー『Mud Slide Slim』を聴き直しました。

レーベル :Warner Bros.Records  発売元  Warner Bros.Records 
制作年 1971年
定価不明

A面
1. Love Has Brought Me Around
2. You've Got a Friend
3. Places in My Past
4. Riding on a Railroad
5. Soldiers
6. Mud Slide Slim
B面
1. Hey Mister, That's Me up on the Jukebox
2. You Can Close Your Eyes
3. Machine Gun Kelly
4. Long Ago and Far Away
5. Let Me Ride
6. Highway Song
7. Isn't It Nice to Be Home Again

昨夜にひき続きシンガー・ソング・ライター特集第2弾!!

といっても特集はいつまで続くかわかりません。

とりあえず、ジェイムズ・テイラーを。
とりあえず、『Mud Slide Slim』を。
とりあえず、一番無難なYou've Got a Friendを

リサイクル・ショップで見つけたWarner Bros.Records盤です。
ジャケットにカビがはえています。
いつも思うのですが、外国盤のジャケットは実に粗悪。
天下のワーナーのジャケットの裏は濃い茶色の段ボール紙ですから。

もちろんライナーノートもない。もしかしたら、あったけど前の持ち主が紛失した?

ジャケットはボロボロですが、ディスクは完璧。
ほとんどキズがありません。つまり、ほとんど聴かれなかった。

『Mud Slide Slim』、名盤と思います。
アマゾンで調べたら、アナログLPがCDの3倍の高値です。
私の価値観では、高いから名盤なのです。
関係者に叱られます。

冗談はおいといて。
バックのメンバーがすごすぎます。
1曲、1曲こと細かに説明しません。
とにかく、ついこの前亡くなったピーター・アッシャー、作曲者で友人のキャロル・キング、k恋人のジョニ・ミッチェル、妹のケイト・テイラーがピアノをひき、バックコーラスを担当しています。

さらにダニー・コーチマー、ラス・カンケル、ローランド・スクラー等私の知らない当時有名だったミュージシャンがバックを固めています。

で、
「You've Got A Friend」が全米第1位に輝き、ジェイムズ・テイラーとキャロル・キングを中心に回り始めたかのような時代が来たのです。


Youtube の「You've Got A Friend」
ピアノはキャロル・キングでしょうか
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ジェイムス・テイラーは別格

先日はお世話になりました。感謝!感謝!
ミキタカさんの人柄がこもっているようで、大切に使わせていただきます。
で、僕は集めるのはジャズがメインなんですけど、ジェイムス・テイラーは別格です。いいですよねー!「Mud Slide Slim」や「Sweet Baby James」は僕はCDでしか持ってませんけど、LPが欲しいです。そうですか、値段は3倍もしますか!ほんとに、オリジナル盤の程度のいいものは値が上がって・・・でも、ワーナーは日本プレスでもオリジナルUS盤とほとんど音は変わんないみたいです。プレス用の原盤が輸入なのかもしれません。彼の一番好きなアルバム「One Man Dog」は、静かな一瞬を切り取ったジャケット写真も気に入ってて、ジャズメンたちと一緒に壁に掛かってます。そうそう、彼はこないだ亡くなったジャズのサックス奏者マイケル・ブレッカーとも何度か競演していて、最近も「ニアネス・オブ・ユー」というCDのなかの「Don't Let Me Be Lonely Tonight」でコラボしてました。てことで、是非、持ってらっしゃる盤全部を載せてくださーい。

You've Got A Friend

ミキタカ08さん

こんばんは~!
ここは、いろいろな古い名曲を採り上げてあるブログですね。
ビージーズの記事へのコメントありがとうございました!You've Got A Friendもとっても素敵な曲ですよね。
私もレコードは以前少し所持していましたが全部実家に置いてあり、今はどうなっているのかもわかりません。ミキタカさんみたいに今でもレコードを大切にしてある方々も居られるんですね。感心しています。

ジェイムズ・テイラーは別格

ゆうパパ さん
気に入っていただき嬉しいです。
ゆうパパさんのように音に詳しい方のコメントへの返答に窮します。

私が関心あったのは、
レコード作りに際しての相関図。
つまり、ピーター・アッシャーがいて、キャロル・キングがピアノを弾いて、
恋人のジョニ・ミッチェルがバックコーラスをつとめ、妹のケイト・テイラーもバックで歌い、
その時妻のカーリー・サイモンは
きっと録音風景を監視していた。

と、想像するのです。下品でしょう。

マイケル・ブッカーというジャズ・ミュージシャンを知りませんが競演したのですね。
ジャズと関わっていたとは知りませんでしたが、
日本のフォーク・ミュージシャンに影響を与えたであろうことは
聴けば聴くほどわかりますね。

You've Got A Friend

イルカ さん

コメントありがとうございます。
イルカさんのように1つのブログに時間と情熱をかけ、
英語と洋楽という基本路線を地道にまじめに追及している方におほめいただき、嬉しいです。
私は左のカテゴリ欄を見てお分かりのように
実にいい加減なコレクターで、今後もどのようにブログを展開していくのかも定かでありません。
たまに訪問していただき、ご意見をいただければ幸いです。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。