スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38枚目『ローハイド』を知っている人は55歳以上。

10.19 001rohide2

38枚目 :『ローハイド』はローレン・ローレン・ローハイドっていうメロディのTV主題歌。アナログ レコード・ド     ーナツ盤

TV主題歌『ローハイド』
アナログ レコード・ドーナツ盤:TV主題歌『ローハイド』を聴き直しました。

・レーベル:Columbia ・発売元:日本コロンビア  発売年:不明
定価:350円 B面:エル・パソ

テレビ映画『ローハイド』は1960年代というより、昭和30年代と言った方がぴったりですが、大人気でした。
もちろん、これを知らないとは言わせませんよ。そこの中高年の皆さん。

ただ、

♪ ローレン・ローレン・ローレンローハイド。♪ ローレン・ローレン・ローレンローハイド♪
この歌を口ずさめる人は58歳以上、もしくは記憶力のかなり良い55歳以上の方。


youtubeで聴き覚えあるか、ないかご確認ください。
主題歌『ローハイド』はフランキー・レインの歌。
とても良いのです。特にバックのハーモニカ。いえ、ブルース・ハープではありません。伴奏用のコードハーモニカです。50センチ以上ある長いハーモニカです。

それがきちんとリズムを刻む、チリチリ音と重なり、いい感じです。

今回、再発見したこと、このレコードはB面が違う歌手です。マーティ・ロビンス、C&Wの歌手でしょうか。この曲もいいのです。ウッドベースとレキントンギター(と思われます)の単純な伴奏。それにコーラス。をバックにマーティ・ロビンスが朗々と歌う。

歌詞は残酷というか、カウボーイソングの典型なのか。
メキシコ娘に恋をした主人公が酒場で恋敵を撃ち殺す。逃げまくってたどりついた、ニューメキシコの酒場で、追ってのライフルの白煙に気ずく。それは相手のうった鉄砲玉。
俺の胸深く貫いていた。という、何とも恐ろしい歌。



スポンサーサイト

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

No title

妻がこのレコード持ってます。

基本的に男性歌手嫌いな妻が 何故これを買ったのか・・・・

曲が好きだったらしいです。

妻が管理していましたから ボロボロのレコードです。

妻が管理

そうですか。
奥さんが。
女性としては珍しい。
当時この曲がテレビから流れると興奮しました。

が、今再放送で見ると、
あまり面白くないのです。

No title

また、突然おじゃましマンモス。なんてね。(KYなおじさんのダジヤレでした。すみません!)
おもしろそうなので(+夏休みでひま)ミキタカさんのブログ最初から見てましたらこれに。
フランキー・レインの歌う主題歌『ローハイド』には僕も若かりしころわくわくしたものですが、ご存知かと思いますが、フランキー・レインは1940年代には立派なジャズ歌手でした。「でした」といっても僕はその時代に居合わせたわけではありませんよ。生まれたのはそれから数年後のことです。
ミキタカさんはいあわせたかも?僕はそんな時代の彼のレコード「ザッツ・マイ・ディザイアー」を持っています。もちろん再発ですが。あと「スペクタキュラー」というジャズ・アルバムも有名ですね。
あまり関係ないかもしれませんが、実は10年ほどもたちますか、このフランキー・レインのレコードでピアノを弾いているサー・チャールズ・トンプソンというピアニスト(ビリー・ホリデイの伴奏もしたことのある伝説人)は仕事で千葉の松戸にしばらくいたことがあり、ひょんなことで偶然話す機会がありまして、フランキー・レインのジャズ・アルバムの伴奏をしたことを教えてくれたのです。
いまは、ロスにいまして、生きていれば90歳くらいでしょうか・・・。なんだか自慢話めいてしまいましたが、レコードが取り持つこんな素敵な出会いを幸福におもったものでした。では、また!

サー・チャールズ・トンプソンを知っている

今晩は
貴重なお時間を私の駄文にお付き合いいただき、恐縮です。

フランキー・レインがジャズシンガーだった。
知りませんでした。
カントリー&ウエスタンの歌手かと思っていました。

驚いたことは「ザッツ・マイ・ディザイアー」というかなり古い
レコードをお持ちになっている。
ということは、ゆうパパさんは
ジャズにお詳しい方?

そちらのサイトへ伺う方法を知らないものですから、
失礼をしておりますが、
さしつかえなければ、URIを教えてください。

さらに驚いたことには
「ザッツ・マイ・ディザイアー」というレコードのピアニスト・サー・チャールズ・トンプソン
とお話された。

調べたところ、彼の奥さんが日本人なのですね。
しばらく、日本に滞在していた。
youtubeをのぞいたら、コールマン・ホーキンスとも1960年代に共演している
実力のあるジャズ・ピアニストなのですね。

3回驚きました。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。