スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

265枚目 ヴィクトール エレスコ VICTOR ERESKO の ピアノ協奏曲第2番  PIANO CONCERTO No・2 

victo eresko1
victor eresko2
victor eresko3
265枚目 ヴィクトール エレスコ VICTOR ERESKO の
  ピアノ協奏曲第2番  PIANO CONCERTO No・2 

アナログ・LP盤 ヴィクトール エレスコ の 『ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 』を聴き直しました。

   
レーベル : ロシア語判読不明 、発売元 ロシア語判読不明 USSR、1980年
定価: 不明

USSR管弦楽団 指揮: Alexander Lazarev


先ほどは日本人の若きピアニスト 辻井 伸行の快挙を紹介し,

続いてロシア人のヴラデイーミル・アシュケナージを紹介しました。

辻井伸行
ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール優勝が
思わぬ方向にすすんでおります。


このアナログ LP盤ヴィクトール エレスコ VICTOR ERESKO の
  ピアノ協奏曲第2番  PIANO CONCERTO No・2も

何枚かのロシア盤と一緒に
リサイクル・ショップのジャンク品コーナーで
見つけました。

2~3年は経ったでしょうか、
一度もターンテーブルにのせられることなく
レコード棚でじっとこの日を待っていたのです。

そして、今晩のこの展開。


 ヴィクトール エレスコ VICTOR ERESKO の
ピアノ協奏曲第2番  PIANO CONCERTO No・2 、

判読不明のレコード盤から流れる音がいいこと。
恐るべし、開放前のUSSR盤。

ジャケットは一部糊がはがれています。

しかし、ディスクはキズひとつなく、
録音技術に関して全く無知の私でも、
良い録音だとわかるのです。

ピアニストのVICTOR ERESKOも
ピアノコンテストで何度も優勝しているようです。

日本語の記述がほとんどなく、
情報は不確かですが。

Youtube :
若き日 の VICTOR  ERESKO
曲名はちがいます



スポンサーサイト

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

No title

パイオニアのスピーカーSLH5で検索していて偶然貴殿のブログにたどり着きました。
僕もリタイヤまであと半年の単身赴任中高年サラリーマン。定年後の窮乏生活を思うと、今のうちに(かみさんが怖いので)欲しいものを買っておこう、と思ってレコード(強調!アナログです)やオーディオを漁っていたと言う訳です。SLH5は老後のたのしみに入手したいとおもって探してますが、あまり出品されません。パイオニアのPL70Ⅱにしてもうらやましいなぁ・・・(ヨダレ)
話は変わりますが、このロシア語のレーベルは「メロディア」と読みまして旧ソ連時代の国営レコードです。こう知ってみると、ロシア語ではどの文字がどんな発音をするかわかっておもしろいですねー。Nのひっくり返しが英語のIで同じくRの裏がえしがAのようです。昔々ラテン語の聖書の写し間違いが発端とか聞いたような記憶がありますがガセかもしれません。
それにしても年齢を拒絶したブッ飛んだブログですね(失礼!笑)。これらのレコードは、失礼ですが好みで集められたものですか?それにしても多彩で驚いています。僕なんかは、とんでもなく偏ってます。面白くも懐かしいので、また、ときどき寄らせていただきます。

ロシア語のレーベルは「メロディア」

ゆうパパさん
今晩は

いやー、いるものですね。
ロシア語おわかりの方。
ロシア語を解読していただきありがとうございます。
どこで学ばれたのですか。ロシア語に詳しい方、初めてです。
このレコードはUSSRのロゴと盤面のキズがほとんどなかったのに惹かれて、買いました。

血液型か、飽きっぽい父と祖父からの遺伝子のせいか、
自分でもあきれるほど、方向性なくレコードを集めて数十年がたちます。
本格的に集めたのはアナログ盤が市場に安価に放出されるようになった20年位前からです。
問題はレコードの整理で、毎日妻とけんかです。

終の棲家が決まったら、レコード整理方法は計画済みです。
決めるまであと2~3年かかりそうです。
現在、生活苦と闘いながら、現役時代の半分を下回る収入のもとで、第二の人生を送っていますが、
妻に尻をたたかれ職場へ向かう日々からの訣別を夢見て
老体にむちうっております。

中高年に物欲は大切なことです。奥様を上手にだまし、現役中にオーディオ・システムご購入をお勧めします。
あるいは退職時のどさくさにまぎれて、必要経費と称することも一計かと思いますが、
昔と違い、すべてが振り込みになっているところが
妻の目をあざむくことが非常に難しく、
大変頭の痛い問題です。

ご健闘をお祈りするとともに、今後とも本ブログへのご支援をお願い申し上げます。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。