スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

257枚目 弘田 三枝子 の 『すてきな16才  Happy Birthday Sweet Sixteen 』

弘田 三枝子 すてきな16才
257枚目 弘田 三枝子 の 『すてきな16才  Happy Birthday Sweet Sixteen 』
       
アナログ・ドーナツ盤 弘田 三枝子 の 『すてきな16才  Happy Birthday Sweet Sixteen 』 を聴き直しました。

レーベル :Toshiba 発売元 東芝音楽工業株式会社 制作年  1962年
B面 :夢のスイート・ホーム
定価 不明 たぶん 330円

東芝の赤盤です。
これもモノラル。
ライナー・ジャケットありません。

弘田 三枝子 の 『すてきな16才  Happy Birthday Sweet Sixteen 』は
中高年の皆さん
誰もが知っています。

作曲 ニール・セダカ。
で、
作詞が 漣 健児 (さざなみ けんじ)。

いいですか、訳詞ではありません。

作詞が漣 健児なのです。

中高年のみなさんがご存知のように
彼が訳詞してヒットさせた曲は相当数ある。
漣 健児の訳詞
アカデミー出版の超訳レベルではありません。

たとえば loveland が
夢のスイート・ホームになっちゃうんです。
なんでも、アメリカのレコード会社から抗議を受けたこともあるとか、
まさに漣ワールド。
だから、
訳詞ではなく作詞なのですね。

今回調べてわかったことは
この漣 健児、
音楽雑誌『ミュージック・ライフ』の初代編集長だった。
しかも、『ミュージック・ライフ』は1950年発行だった。

1963年~1969年の『ミュージック・ライフ』、
私と弟の愛読誌であった。
しかし、
物持ちのよかった母でも、実家の改築の際処分してしまった。

話が大きくそれてしまいました。

弘田 三枝子 の 『すてきな16才  Happy Birthday Sweet Sixteen 』、
モノラルでキズもたくさんありますが、
ノイズ混じりのドーナツ盤こそ彼女の真価が発揮できる。
だって、すごい歌唱力ですから。


youtube でもパンチ力抜群の弘田 三枝子


Retro Kimmer






70's Classic Rock



スポンサーサイト

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

洋楽への門

これなんですよね!
知らず知らずの内に洋楽に慣れ親しむ要因になったのは!

それとミュージック・ライフの存在!
1970年頃から1973年頃までは毎月買っていまして、当時に出た今で言う名盤たちが新譜紹介に載っていた~処分してなきゃブログ更新も楽でした(笑)

ミュージック・ライフ

私が1960年代、John Beatle Lennon さんが1970年前半、
愛読者だった『ミュージック・ライフ』は
当時どのくらい売れたのでしょう。
相当数と思います。
その大半は処分されてしまった。
雑誌の運命はそんなものでしょうね。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。