スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23枚目『ボブ・ディラン』

10.110no2rakuten用 006

23枚目 :『ボブ・ディラン!』は4曲入りEP盤

レーベル:CBS
・発売元:日本コロムビア 1966年
・定価:500円
・A面 1:『ライク・ア・ローリング・ストーン』 2:『ビュイック6』
・B面 1:『ハイウェイ 61』 2:『ミスター・タンブリン・マン』

アナログ レコード・ドーナツ盤:ボブ・ディランの『ボブ・ディラン!』を聴き直しました。

レーベルはCBS、発売元がCBS・ソニーではなく、
日本コロムビアです。
CBS・ソニーに買収される直前のレコードですね。

『ボブ・ディランはアメリカ国内ばかりでなく、ザ・ビートルズ、ザ・ローリングストーンズ、ジ・アニマルズなどのひしめくイギリスへ遠征して、彼らをしのぐ人気を集めた男。

ぼさばきの髪にデニムのズボン、ギターやハーモニカを鳴らながら自作の詩を歌う白人のブルース・シンガーで、いまアメリカのフォーク・ソング界に並ぶものなき実力を誇っている。』
とレコードライナーに書かれています。

ボブ(と書かれています、)の最初のレコーディングは1961年の秋で、そのとき彼はまだ20歳でした。

しかし、ボブ(ディランの呼び方に慣れているので、これはボブ・ディランを軽んじている感があります。)の少しの甘さもない声、そして充実した詩のことばは、たちまちに多くのフアンを生みだし、ピート・シガーによって「アメリカ最大の吟遊詩人」と呼ばれ、「風に吹かれて」をはじめとするボブの歌はキングスン・トリオやジョーン・バエズなどによっても歌われ、ヒットしているです。』

どうでもいいけど、句読点のない長い解説です。

このライナー・ノーツにはボブ・ディランの詳細な解説がたくさん書かれています。

省略します。

彼が当時のトックヤフォークシーン与えた衝撃は大きかったのですね。
今聴き直してみると、たとえばハーモニカが
その後の日本のフォークシンガー達に大きな影響を与えたと思います。


スポンサーサイト

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

No title

Like a Rolling Stone の シングル盤買いました。

ボブは好きではなかったのですが、曲が好きでした。

Like a Rolling Stone の シングル盤

今晩は
シングル盤は1965年か66年ですよね。
私はミーハーなので、
ボブ・ディランが好きというと
ちょっとカッコよ見られる
気がしました。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。