スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

207枚目 『よしだ たくろう 1971~1975』

1971-1975 takuro

 207枚目 『よしだ たくろう 1971~1975』


アナログ・LP盤 二枚組 吉田 拓郎  『よしだ たくろう 1971~1975』を
        聞き直しました。


レコード1 A面

 1旅の宿
 2春だったね
 3こっちを向いてくれ
 4親切
 5祭りのあと
 6たどり着いたらいつも雨降り

  レコード1 B面

 1 伽草子
 2 夏休み
 3 暑中見舞い
 4 せんこう花火
 5 金曜日の朝      
 6 ガラスの言葉
 7 ビートルズが教えてくれた

 レコード2 A面

1おきざりにした悲しみは             
2 落陽
3 ひらひら
4 野の仏
5 君去りし後
6 風邪
7 シンシア

    レコード2 B面

1 ペニーレインでバーボンを
2 人生を語らず 
3 知識
4 暮らし
5 戻ってきた恋人
6襟裳岬

フォーク・ソング大衆化の時代。
1960年代後半のような
時代を批判したり、風刺したり
時代と戦ったり、

そんな状況が変わったのです。

吉田 拓郎 が動けば 時代が動いたと
田家秀樹が鋭く分析しています。

思い起こせば1971年
 3回目の中津川フォークジャンボリーで
プログラムに
名前さえなかった 吉田拓郎が
『人間なんて』を歌って
ステージを興奮したファンとともに
結果的には独占した。

岡林 信康、高石 ともや、高田 渡、5つの赤い風船、
等々の日本フォーク初期世代と異質のシンガー出現。

拓郎時代の始まりです。

さらに 森 進一に提供した『襟裳岬』は1974年のレコード大賞受賞。
フォークと演歌を結びつけました。
youtube にもあります


Retro Kimmer






70's Classic Rock




スポンサーサイト

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。