スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16枚目『青い 影』プロコル・ハルム

青い影

16枚目 :『プロコル・ハルム『青 い 影』:
アナログ レコード・ドーナツ盤はプログレの先駆者。


ドーナツ盤:プロコル・ハルム『青  い  影』を聴き直しました。

・レーベル:Deram
・発売元:キングレコード 1967年
・定価:370円

・B面:『ライム・ストリー・ブルース』




 プロコル・ハルムの「青 い 影」はオルガンが響き渡ります。

以前、ビートルズの『ミスター・ムーンライト』にオルガンが使われていることを発見しました。

プロコル・ハルム『青 い 影』はその3年後のヒットなのです。

プロコル・ハルムという名はシャム猫にちなんでつけられたものだそうで、今レコードを聴き直して、知りました。

 このドーナツ盤のチリチリ音とオルガンはややミスマッチですが、ラジオをつけると「青 い 影」がいつも聞こえた時代を思い出します。


 プロコル・ハルムのメンバー5人全員がバロック音楽に凝っていました。
バッハの教会音楽をとり入れたこの曲は、詩の中身も高尚で哲学的です。
プログレッシブ・ロックのさきがけと言えるグループでしょう。

 「生命はうつろいやすく、我々は今不安な気持でいる。それは船酔いにも似たもの。暗い雲の声に私の夢は呼び起こされる。」

オルガンが響くこの曲を、1967年の英国各紙は「ビューティフル・ビューティフル・レコード」と
と表現したそうです。

以後、コマーシャルや映画にもしばしば使われ、もはや、スタンダード曲になったと言えるでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

The Whiter Shade of Pale

こんばんは!
プロコル・ハルムの『 The Whiter Shade of Pale』は、
どこかで曲だけ聞いて、これ誰だろう、といつも思っていました。
ソウルというか、ゴスペルソングのようではありませんか。

黒人のようなヴォーカル、背景に流れるオルガン、
その美しいメロディにのせて歌われる内容は、
何気ないようでいて、とても難解な(解釈がいくつもある)ものでした。

だけど、歌詞などわからなくても好きです。
iPodに入れてあって、シャッフル再生していると、ときどきかかることがあって、
そんなとき、やっぱりうれしくなるんですね。

No title

今晩は
コメントありがとうございます。
この曲は何と言ってもオルガンが特徴的でした。
1967年は私にとってロックに大きく影響された時代でした。
貧しい学生ゆえ、音源はすべてラジオ、
プロコル・ハルムは日本のG・Sにも多くの影響を与えていると、
ひとりで確信したものでした。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。