スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

116枚目 CMソング:『男の世界』ジェリー・ウオレス、チャールズ・ブロンソン。

3.23 001男の世界
116枚目 CMソング:『男の世界』。

レーベル:Liberty  発売元:東芝音楽工業株式会社 1970年
定価:400円 B面:あいつの誇り
ドーナツ盤ジェリー・ウオレス:『男の世界』を聴き直しました。

このCMソングで当時流行りました。

「All the worl loves a lover」という冒頭の部分、私には「アザーワールド」と聞こえました。Other worldってどこの世界。英語の歌詞の全体像がつかめないので、まちがえて解釈していました。

さらに歌っているのはチャールズ・ブロンソンが歌っていると誤解しました。

『男の世界』=「MANDOM」、ご覧のとおり、2枚のカラープリントのジャケット。
相当な金をかけています。

で、当時の若者は大半がヴァイタリスか、MG5派。

ここわかる方はりっぱな中高年。

今、振り返るとあれは化粧品会社の戦いだったのでしょうか。

とまれ、男女が平等に、自由に行動・生活するジェンダーフリーのこの時代、
『男の世界』=「MANDOM」というフレーズは使えません。

数十年ぶりに聴き直したこの曲、バックにアコースティックギター、エレキギター、ブラスロック、ストリングス、ピアノが豪華に、バランスよく奏で、ジェリー・ウォレスがのびのびと歌っているのです。

チャールズ・ブロンソンと広大な背景、(なんとかキャニオンのなんとかロック)の、映像がない方が良い。

良い曲です。

さすが、当時のTVCF作り担当者は耳が肥えていたのですね。

もちろんyoutubeにも映像あります。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

No title

まさに黄金の70年代の作品ですね!

当時、音だけに頼り真似て歌いましたね!

ガキんちょのくせに、髭もないのに、大人びて顎のまわりをチャールズ・ブロンソンの真似をしてなでたりしていましたね。

又、友人はポスターをゲットして部屋に飾っていました。

私は平凡か明星の付録の南沙織と天知真理のを部屋に張っていました。笑い^^!

何か”北国の帝王”の主題歌とか、グレン・キャンベルの邦題”恋はフェニックス”なんか想い出しますね!?笑い^^!

有難うございました。

グッドラック!!

Re: No title

> まさに黄金の70年代の作品ですね!
>
> 当時、音だけに頼り真似て歌いましたね!
>
> ガキんちょのくせに、髭もないのに、大人びて顎のまわりをチャールズ・ブロンソンの真似をしてなでたりしていましたね。
>
> 又、友人はポスターをゲットして部屋に飾っていました。
>
> 私は平凡か明星の付録の南沙織と天知真理のを部屋に張っていました。笑い^^!
>
> 何か”北国の帝王”の主題歌とか、グレン・キャンベルの邦題”恋はフェニックス”なんか想い出しますね!?笑い^^!
>
> 有難うございました。
>
> グッドラック!!


コメントありがとうございます。
明星、平凡なつかしいです。

南 沙織、天地真理、人気ありました。

マンダムは社運をかけて商品化されたものらしいですね。

この曲も多分ヒットしたのは日本だけでしょう。
しかし、さまざまな影響を与えた。
特に若者たちに。

1970年代の文化はたかがレコード一枚でもパワフルでした。

ポスターをゲット。
これも流行しました。

私は前田美波里の資生堂のポスターがほしかったです。
ゲットできませんでしたが。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。