スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

700枚目 「石原裕次郎」から「赤いハンカチ」を聴き直しました。

700枚目 「石原裕次郎」から「赤いハンカチ」を聴き直しました。

レーベル : TEICHIKU
発売年 :1975年
発売元 :テイチク株式会社


裕次郎

 
NHK ドキュメンタリー番組「72時間」の「昭和歌謡に引き寄せられて」再放送を見ました。熊本大地震が起きる前のことでした。
 新宿のディスクユニオンに「昭和歌謡」のCDとレコードを専門に扱っている部所があるのですね。新宿駅東口近くの「ミツ●ネ」地下にあるそうです。CDとレコードが合わせて3万枚以上あるとか、それがすべて歌謡曲ですから、まさに圧巻です。
 驚いたのはそこに集まる人たちです。昭和歌謡ですので、来店するのは高齢者と思いきや、老若男女10代から70代まで、さらに外国人も含めて多種多様、雑多な人たちが次々とやってきます。
 今流行のアルファベット+数字グループやダンスユニットではなく、80年代のグループやアイドルがいいという十代の男女。カルメン・マキとOZに心酔するフランス人。戸川 純が好きというアジア系の女性、桑名正博のプロモ―ションを担当したことがあるという広告会社の60代後半元社員、石原裕次郎の歌をバックに初恋の人を語る70代男性、うれしい時に岡田有希子を聴くという中年の岡田ファン。介護を必要とする母親が好きな美空ひばりの歌をカメラの前で歌い、母親の介護について語るこれも中年男性等々、3日間合計72時間、様々な来店者を映し続けます。
 「レコードは回る、人生も回る、そして音楽は引きつがれていく」とナレーションがさりげなく流れるのですが、いいこと言うなあ、と感心しました。最近はレコードを聴いても、レコードの回転を意識することなどなかったのです。
レコードが回転する様子を観察するのも面白く、レコード針を含むカートリッジがかすかに上下しながら円盤の中心部へ向かう所を見るのはけっこう心地よいのです。そう感じるのは私だけでしょうが。最近はその作業すら忘れていました。
石原裕次郎の「赤いハンカチ」を歌う76歳の老人は「死ぬ気になれば ふたりとも 霞のかなたに 行かれたものを ♪♪」、と口ずさみ、「死ぬ気になれなかったから一緒になれなかった」とてれ笑いしながら語るのです。実はこの部分は2番。この76歳の高齢男性は歌詞の2番をスラスラ歌えるのです。私はそれほど真剣に歌と向かい合ったり、聴いたり、歌ったり、覚えたことがありません。そこが決定的にこの方と違います。
NHK ドキュメンタリー番組「72時間」に出てきた「熱い人たち」にはなれませんが、せめて「赤いハンカチ」でも聴いてみようと思いました。歌詞カードを見ながら聴いてみて愕然としました。読めない漢字がでてくるのです。難しい漢字を諳んじ、歌詞カードをみなくても歌える、ドキュメンタリー番組「72時間」に登場した昭和歌謡をこよなく愛する人たちに拍手を送ろうと思いました。
 

こちらはyoutube
スポンサーサイト
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。