スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

698枚目 ローリングストーンズ「LIVE」から「Under My Thumb」を聴き直しました。

698枚目 ローリングストーンズ「LIVE」から「Under My Thumb」を聴き直しました。

レーベル :LONDON
発売年 1973年
発売元 キングレコード

rolling stones live


一枚目 Side1
1. Under My Thumb
2. Get Off Of My Cloud
3. Lady Jane
4. Not Fade Away
5. I've Been Loving You Too long
6. Fortune Teller
Side2
1. The Last Time
2. 19th Nervous Breakdown
3. Time Is On My Side
4. I'm Alright
5. Have You Seen your Mother Baby
6. Satisfaction
二枚目 Side3
1. Jumpin' Jack flash
2. Carol
3. Stray Cat Blues
4 Love In Vain
5. Midnight Rambler
Side4
1. Sympathy For The Devil
2. Live With Me
3. Little Queenie
4. Honky tonk Woman
5. Street Fighting Man


 今日の当地の新聞は北海道新幹線開通の話題でいっぱいです。一方では同じ日に北海道のいくつかの無人駅廃止がJRより発表され、鉄道マニアが写真撮影に集まっている。複雑な心境です。つい先日も「寝台特急カシオペア最後の運転」ということで当地の鉄道写真撮影ベストスポットに全国から鉄道カメラファンが訪れました。とにかく今月の北海道は鉄道話題が沸騰です。私は興味なく、今日は我が畑の近くに舞い降りたハクチョウを写してきました。

ハクチョウ


さて、これでもかというほど夥しい北海道新幹線記事の片隅に小さく「ハバナにR・ストーンズ」と言う記事を見つけビックリしました。
なんとローリング・ストーンズがキューバのハバナでコンサートを開いたのですね。約50万人が集まったとのこと。もちろんキューバ史上初めての大コンサート
北海道に新幹線が来ることが私にとっては夢みたいな話ですが、キューバで欧米のロックグループによるコンサートが開かれるのはもっと驚きです。というのも、個人的にキューバ危機は衝撃的な事件だったのです。
 高校受験を控えた秋だったと記憶しています。団塊世代の私たちは小学校で一つの教室に60名も詰め込まれ、中学でもひとクラス50数名でした。それが1学年15クラスもあり、とんでもない状況にありました。さすがに見かねた市の教育委員会が急きょ中学校を新設し、私は新設の中学校へ強制転校。体育館もありませんでした。高校は私立が2つ増えましたが、授業料も高く我が家の経済状況では公立しか行けません。あとは場所を選ばなければ企業内高校というものもありました(大半が本州、働きながら学ぶシステム)。担任教師からはしょっちゅう、3人に1人は全日制の高校に入れないぞと脅されていました。高校入試を目前にした時にキューバ危機が勃発したのです。1962年のこと。希望の高校に入れるか不安の絶頂にいた時のニュースでしたから鮮明に覚えています。
 人生で最も多感な時期ゆえに、ネガティブ思考が先行してキューバとの和解など、つゆほどにも思いませんでした。それどころか米ソ間で核戦争が起きるのではないかと不安が増幅しました。
 時代が大きく変わったのですね。米大統領がキューバを訪問する。キューバ音楽団が世界に出向き外貨を獲得する。今度は世界の名だたるロックバンドがラテン音楽の本場、キューバで公演。先鞭をきったのがローリングストーンズというのが衝撃でした。
 1962年キューバ危機はストーンズ結成の年なのです。彼らもまさかキューバのステージに立つとは夢にも思わなかったでしょう。1973年発売の「Live」,これは1966年ロンドンのロイヤル・アルバート・ホール・コンサート実況と1968年ニューヨーク・マジソン・スクエア・ガーデン・コンサート実況を編集した二枚組です。 3.26.2016記

こちらはyoutube
スポンサーサイト

697枚目 ジェファーソン・スターシップ「SPITFIRE」から「St. Charles」を聴き直しました。

697枚目 ジェファーソン・スターシップ「SPITFIRE」から「St. Charles」を聴き直しました。

レーベル :GRUNT
発売年 1976年
発売元 RVC株式会社

Side1
1. "Cruisin'"
2. "Dance with the Dragon"
3. "Hot Water"
4. "St. Charles"
Side2
1. "Song to the Sun:
2. "With Your Love"
3. "Switchblade"
4. "Big City"
5. "Love Lovely Love"

Windows10に手をだしたばっかりに…。
Windows7をたちあげるたびに目に飛び込んでくる『今だと無償』の二文字に負けて取り込んだのがそもそもの間違いでした!!

 高齢者の手におえないのですよ。昨日あったはずのアプリが今日はない。どころか、スタートボタンがクリックしても無反応、一昨日メールを開けたのに、今日は開けない。かつての同僚に電話しても出てくれない。
 そこで、いつも気になっていた贈答品ショップ兼パソコン修理店へ直行。かつては贈答品店、今はパソコンショップ化した不思議な店の若い担当者が私の顔を見て、多くの説明を必要とせずに事態を理解してくれ、「夕方までにセブンに戻します」と即答。
 夕方に電話が来たのですが、「どこかがバグってセブンに戻れません」、と。無理もない、購入後4年になる古いモノに最新のソフトを入れること自体が無理だったのです。何とかしてと頼み、結局8000円の出費。

かくして老人を巡る様々な問題に直面しながらも季節はあっという間に「卒業」や「入試」、「合格」、「入学」に突入しました。



1北広島高校美術部作品



私が愛してやまない当地のイベントスペースで前回ご紹介した書道部作品展を主催した高校とは別の高等学校美術作品展が開かれていました。パソコントラブル以前のことです。
もう説明の必要はありません。高校生の豊かな感性に圧倒されます。



北広校外展覧会


北広島高校美術部作品3 - コピー

このような作品を見ると内面からフツフツと力が湧いてくるような気がします。


2北広校外展


それじゃ、じいちゃんも頑張るか、と腕をふるいたくなるのですね。ところが、ふるいたくなる腕や技を持ち合わせていないのですよ。気が付くと、ですね。じいちゃんらしく琴、三味線、尺八、書道の筆に絵筆も剣道も柔道も空手もダメ。あ~あ、きちんと日本文化に取り組めばよかったなあ。

せめてレコードジャケットでも、高校生の感性に勝てないまでも負けないモノをと、選んだのがコレ。「ジェファーソン・スターシップ」の『SPITFIRE』,『星船』です。

 何枚か持っているイラストレイター長岡秀星の作品です。
で、このレコード、ジャケットやライナーノーツのイラストも素晴らしいのですが、中身もよく、全曲アタリです、ハズレがありません。


  ジェファーソン

こちらはyoutube

696枚目 「アメリカン・グラフィティ」から「Rock around the clock」を聴き直しました。

696枚目 「アメリカン・グラフィティ」から「Rock around the clock」を聴き直しました。

レーベル :RCA
発売年 1973年
発売元 ビクター音楽産業


アメリカン グラフィティ



Side1
1 ロック・アラウンド・ザ・クロック(ビル・ヘイリー&ザ・コメッツ)
2 シックスティーン・キャンドルズ(ザ・クレスツ)
3 悲しき街角(デル・シャノン)
4 恋は曲者(Frankie Lymon & The Teenagers)
5 ザットル・ビー・ザ・デイ(バディ・ホリー&ザ・クリケッツ)
6 ファニー・メエ(バスター・ブラウン)
7 アット・ザ・ホップ(Flash Cadillac & The Continental Kids)
8. シーズ・ソー・ファイン (Flash Cadillac & The Continental Kids)
9. ストロール (ダイアモンズ)
10 シー・ユー・イン・セプテンバー(テンポズ)
Side2
1サーフィン・サファリ(ザ・ビーチ・ボーイズ)
2ヒーズ・ザ・グレイト・インポスター(The Fleetwoods)
3 オールモスト・グロウン(Chuck Berry)
4煙が目にしみる(プラターズ)
5リトル・ダーリン(ダイアモンズ)
6 ペパーミント・ツイスト(ジョイ・ディー&スターライターズ)
7 バーバラ・アン(リジェンツ)
8 ブック・オブ・ラヴ(モノトーンズ)
9 メイビー・ベイビー(バディ・ホリー&ザ・クリケッツ)
10 ヤー・ヤー(Lee Dorsey)
11グレイト・プリテンダー(プラターズ)
Side3
1 エイント・ザット・ア・シェイム(ファッツ・ドミノ)
2 ジョニー・B・グッド(チャック・ベリー)
3 瞳は君ゆえに(フラミンゴス)
4 ゲット・ア・ジョブ(The Silhouetts)
5 トゥ・ジ・アイル(The Five Satins)
6 踊ろうよベイビー(ボビー・フリーマン)
7 パーティ・ドール(Buddy Knox)
8 カム・ゴー・ウィズ・ミー(The Del-Vikings)
9 ユー・アー・シックスティーン(ジョニー・バーネット)
10ラブポーションNO9(ザ・クローバーズ)

Side 4
1 シンス・アイ・ドント・ハブ・ユー(スカイライナーズ)
2 シャンティリー・レース(The Big Bopper)
3 ティーン・エンジェル(マーク・ダイニング)
4 涙のチャペル (Sonny Till & The M.G.’s)
5 サウザンド・マイルズ・アウェィ(The Heartbeats)
6 ハート・アンド・ソウル(The Cleftones)
7 グリーン・オニオンズ(Booker T & The M.G.’s)
8 オンリー・ユー(プラターズ)
9 グッドナイト・ウェル・イッツ・タイム・トゥ・ゴー(The Spaniels)
10オール・サマー・ロング(ザ・ビーチ・ボーイズ)


今は亡き北海道が誇る今野雄二が10ページの分厚いブックレットの巻頭に「ロックン・ロールとカスタム・カーのめくるめくノスタルジー・パレードの中に青春の真実がきらめいていて…『アメリカン・グラフィティ』はぼくの宝物になった!」と書き記しています。
今野雄二以外に桜井ユタカ・木崎義二・朝妻一郎・三浦 豪の4人が41曲全部にそれぞれコメントを入れています。日本側製作者の力が入った二枚組サントラ盤です。今野は『ゴッド・ファーザーのフランシス・コッポラがプロデュースし、この映画を監督したジョージ・ルーカスは今年29歳というアメリカ映画界期待の新鋭映画作家です』と結んでいます。

二枚組の各面に10~11曲を詰め込んだこのレコードの音質は正直良くはありません。しかし、このアルバムの若さと躍動感には圧倒されます。
映画「アメリカン・グラフィティ」は、その昔テレビで放映されたものを見た記憶はあるのですが、子どもたちが騒ぐ居間で見たものですから、ほとんど記憶にありません。ただ、音楽は昔よく聴いたなあ位は感じておりました。

で、このアルバムをよく聴いてみると、半分以上が知らない楽曲で、歌っているグループも初めて聞いたようなのが多いのです。かつて、なんとなく聴いたことがあると思っていた楽曲が実は聴いたことがない知らないグループのものだった。私が知らないだけなのか、それとも無名のグループの楽曲を好んでジョージ・ルーカスは採用したのか、予算がなかったのか、と疑問に残る一枚です。一部はコピペしたのですが、残りは手打ちした41曲の楽曲リスト。中身はありません。文字数だけは稼いだぞ、とウオーキング同様に魂が入っていないものとなりました。
もし、お時間がございましたら、youtubeで何曲かご覧ください。すぐに消されてしまう可能性もございます。

こちらは youtube
プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。