スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

687枚目 モンキーズ「ゴールデンアルバム」から「Daydream Believer」を聴き直しました ついでに Paul McCartney 「RAM」も

687枚目 モンキーズ「ゴールデンアルバム」から「Daydream Believer」を聴き直しました ついでに Paul McCartney 「RAM」も

レーベル :Victor
発売年 1968年
発売元 ビクター音楽産業

 

年がおしせまりました。

羊年からサル年へ変わります。

まずはモンキーズ「ゴールデンアルバム」から「Daydream Believer」

そしてPaul McCartney 「RAM」から「Uncle Albert」も、行(き)掛(か)りじょう聴きました。


RAM Monkeys


本来、
 ひつじ→sheep ですが  こひつじ→ram でご勘弁ください。
来年はどうか平和でおだやかな年でありますように。



平和で穏やかであるようにと祈りをこめて、しめ飾りを手造りしました

しめ飾り完成



秋に妻の従弟の所へしめ飾り用の稲わらをもらいに行ったのですが、最近は稲わらはトラクターが切り刻んでしまうとのことで入手できませんでした
来年は切り刻む前にもらおうと思います。完全手作りしめ飾りを目指します。

もちつき



もちをつきました
といっても、もちつき機で作ったのですが。
春に摘んだヨゴミを解凍してあんもちも作りました。小豆は90歳の義母が栽培しました。妻がそれをあんにしました。私は小豆のごみや小石をとりのぞきました。

もち米は妻の従弟のところから安くわけてもらいました。

義母が元気な内に野菜の作り方をもっと学ぼうと思います。自給自足に少しでも近ずきたい
来年は頑張ります。


それではみなさん、良いお年をお迎えください。

こちらモンキーズ 「Daydream Believer」


そしてこちらがポールマッカトニー 「Uncle Albert」
スポンサーサイト

686枚目 1970年代~80年代の「店頭デモンストレーション用レコード」を聴き直しました

686枚目 1970年代~80年代の「店頭デモンストレーション用レコード」を聴き直しました

レーベル :ワーナーパイオニア、CBSソニーレコード
発売年 1972年 1982年
発売元 ワーナーパイオニア、CBSソニーレコード

アイパッド ヘッドフォン


宣伝レコード


絵本


 今年は長い人生の中で大きな変化がありました。3月末で43年間の俸給生活に
ピリオドをうち、自給自足を目指して農業のまねごとを始めたこと。初孫が生まれ、生活観が一変したこと。そしてスマホとアイパッドを入手したこと。
 生活を変えたことを契機に屋根裏部屋のレコードを整理しているのですが、三枚の宣伝用レコードを見つけました。1枚はワーナーパイオニア、1982年11月版。後程紹介しますが、ビルボードのチャートをもとにアメリカのWarner Bros.系のレコードから16曲を選んでいます。レコード盤中央のラベルは白、見本盤・非売品と刻印されています。CBSソニーの方は1971年盤。ジャケットが素っ気ない白。ラベルに楽曲名が印刷されています。さらに、手書きで「6・7月の3・3・3シングルキャンペーン対象レコード」という印刷物が貼ってあります。
 アイパッドは使いこなしていないのが現状ですが、いつでもどこでも音楽を楽しむことができます。難点は出口、聴くためにはそれなりのヘッドフォンやイアフォンが必要でアップルは貧乏な私にこれでもかと出費を迫ります。(ケースも様々な色があります)ソフト面も充実していますから、私のように悲惨なレコード整理をしなくてもいいのですね。新曲の宣伝もこれでもかという位、多彩です。40数年間で、この信じられないほどの進化。この先、どこまで進むのか想像もできません。

 さて、孫が生まれたので新米ジジは何十年ぶりに絵本選びです。本屋で、ネットで、図書館で。当地の図書館では親切にも、乳幼児むけの推薦絵本マニュアルまで用意してありました。昔、長男を大喜びさせた、松谷みよ子さんの「いないいないばあ」は生後4か月の孫には無理なのか反応なしです。ところが、ディック・ブルーナの「0歳からの本」には反応するのです。ウシとブタの所は体をバタバタさせて喜びます。
 なんでも、今年の電子図書の売り上げが14億円を超えたとか。絵本の世界も電子図書化が進んでいます。
 でも、
 今回、図書館でたくさんの絵本・児童書を見てきたのですが、どの本にもたっぷり読みこまれた跡があります。使用度が高いのです。カバーにヨレやシワがあります。本文もそうです。中には破れをテープで補修しているものもあります。ポップアップ式の本もたくさんありましたが、大半に修理のあとがありました。我が家のディック・ブルーナの本はコンパクトでアコーディオン状になっており、うら・おもてを自由にひっくり返すことができます。それを孫の顔に向けて動かし、くっつけると大喜びで本に触れたり、つかもうとするのです。図書館の本も多くのあかちゃんやこどもたちが、見るだけでなく、さわったり、つかんだり、時にはなめたり、ひっぱったりするのでしょう。したがってイタみも早い。
 どんなにテクノロジーが進んでも、絵本の世界だけはタブレットではなく、紙製の本にかなわないと確信しました。

さて、三枚の販売促進・店頭デモ用レコードの中身は以下の通りです。一部楽曲名は省略します。

● ワーナーパオニア盤

A面
 1 ローラ・ブラニガン Gloria 2 ジョン・クーガー Jack & Diane 3 ドン・ヘンリー Dirty Laundry 4 クロスビー、スティルス & ナッシュ Southern Cross 5 シカゴ Love me tomorrow 6 リンダ・ロンシュタット Get Closer 7 ドナルド・フェイゲン I.G.Y(What a beautiful world) 8 ジョン・クーガー Hand to hold on to

 B面
 1ドナ・サマー Protection 2 フィル・コリンズ You can’t hurry love 3 プリンス
 1999  4 マイケル・マクドナルド I gotta try 5 フリートウッド・マック Gypsy 6 ジョージ・ハリスン Wake up my love 7 ドン・ヘンリー I can’t stand still 8 ロッド・ステュワート Guess I’ll always love you

CBSソニーレコード
 朝岡雪路、南沙織、にしきのあきら、フォーリーブス、本田路津子、よしだ たくろう、ジャニス・ジョップリン、ジョニー・ウインター、モンキーズ、パートリッジ・ファミリー、ボズ・スッキャグス等々の楽曲が入っています(曲名は省略)

  こちらは リンダ・ロンシュタットのGet Closer

685枚目 ブライアン・アダムス 「クリスマスタイム」を聴き直しました

685枚目 ブライアン・アダムス 「クリスマスタイム」を聴き直しました


クリスマスタイム


レーベル :A & M
発売年 1984年
発売元 ワーナーパイオニア


雪の夜景 12月17日

            昼間は叱られるので、夜ひっそりと雪の景色を写してみました。

 12月としては稀な「積雪ゼロ」が発表された次の日、20センチほど雪が降りました
暖冬のため、このところ雪かきから解放され、安心して遅くまで寝ておりました。ゆっくりと目覚め、久しぶりの降雪に気分を良くして、早速カメラを手に家の周りを撮っていたら、除雪を終えて戻った汗まみれの妻に叱られました。「ご近所にみっともないでしょ」そうです。冬がご近所とのおつきあいで一番大切なのです。除雪をしながら世間話がはずみます。降雪にブツブツいいながらも、声は弾むのです。私たち夫婦よりご高齢の方が多いこの町内会にあって、若い(?)私が率先して雪かきをしなければならないのです。だのに姿がない。カメラではなく、スコップを手にもたなければならなかったのです。「次回は頑張る」と約束しました。
 さて、本格的な雪が降り、気が付くとクリスマスまであと1週間ですね。昨年までは出勤時の雑踏の雰囲気や忘年会等で街に繰り出して「クリスマス感」を味わったのですが、人里離れてひっそり暮らす今は自分で作りださなければなりません。といって特別に何かをするわけではありません。せいぜいクリスマスレコードでも引っ張り出しますか。

 ということで何枚かのクリスマスアルバムからブライアン・アダムスの 「クリスマスタイム」を選びました。これはジャケットが地味で、いいのです。緑と赤のストライプにゴールド感のレタリング。さらに歌詞がいいですね。その訳詩の一部をご紹介します。
  ♪ ♪
 今夜はみんないっしょだ
黒人も白人も関係ないさ
みんなで声をあわせて唄おう

世界はもっと住みやすい場所になると
聖なる夜が物語る
一年に一度 この日だけは
誰もが元気いっぱいに
大きな声で挨拶を交わすのさ ♪ ♪
                          (対訳 内田 久美子)
 世界の現状を見渡すと虚しさを覚えますが、希望や期待を捨てずに歌を聴き、祈りたいと思います。


   こちらはyoutube

684枚目 ビートルズ初期の作品を聴き直しました(ジョン・レノンを偲んで)

684枚目 ビートルズ初期の作品を聴き直しました

レーベル : すべて Odeon
発売年 1962年~63年
発売元: 東芝音楽工業株式会社
定価 :すべて 330円

 今日は新聞もラジオもテレビも、インターネットの目立つ所にもジョンレノンの命日について触れていません。世界のニュースの圧倒的なスピードの前にはジョンレノンの命日などはささいなこととして扱われるのです。
 と、12月8日に書き始めた今日のブログもあっという間に12月9日になってしまいました。ま、それは私の手ノロさが原因。


 私ごとですが、子供の頃、そして、もう少し後の小・中学校時代のもの、さらには高校時代のものが手元にほとんどありません
 断・捨・離がブームの昨今、私だけの問題ではないのでしょうけど。
 つい最近もクリスマスツリーの装飾品が多すぎると妻に文句を言われたところです。
 モノを大切に取っておきたい私、整理整頓が最優先の妻、なかなか折り合いがつきません。

 結果、40年を超える結婚生活で多くのモノを失いました。貴重なオーディオ製品を筆頭に。
 しかし、これだけは死守したもの、それがレコードです。

 私の知る範囲では今日一日ほとんど目にすることのなかったジョン・レノンを偲んで、ビートルズの初期の作品品番順に聴き直しました。その一部をご紹介します。チェックしていませんが、1962年と1963年盤です。いずれも50年の時を経たモノ、ボロボロです。

 まずは品番 OR-1024。 「プリーズ・プリーズ・ミー」 B面が「アスク・ミー・ホワイ」 
 これは私と弟とふたりで買ったモノ。当時は東芝かナショナルのレコードプレイヤーを東芝製のラジオにつないで鳴らしました。ラジオは高校入学試験に合格した祝に買ってもらったもの。大学時代後半になってソニーのトランジスタラジオを買うまでずっと使いました。もちろんスピーカーはひとつ。ステレオではありません。

  

beatle1.jpg


続いて OR-1058  シー・ラヴズ・ユー」 これは赤盤。 赤盤を見た時は驚きました。その赤いディスクはキズだらけ、ライナーノーツは色あせていますが、メンバー紹介も含めてライナーの狭いスペースに当時人気のあった高崎一郎さんが熱く解説しています。

beatle2.jpg

OR-1078 はモノトーンの「ツイスト・アンド・シャウト」と 「ロール・オーバー・ベートーベン」 解説は金子貞男という方。高崎一郎さんは忙しくて書けなかったのでしょうね。



beatle3.jpg


OR-1102  プリーズ・ミスター・ポストマン」 ここから1100番台になります。これも赤盤。当時の東芝は勢いがありました。黒いレコード盤を赤くして世間のド肝をぬきました。トランジスターラジオ「ヤング7」を発売し、これも売れましたね。私は真空管5球スーパーでしたが。今の東芝は経営陣の不正問題でゴタゴタしていますが、隔世の感があります。


beatle4.jpg

OR-1118 は「ビートルズがやって来る」 と 「今日の誓い」 このころは部活一色で話題の映画「ヤア!ヤア!ヤア!」を見に行く余裕もなく、家と学校、というより学校の体育館との往復でした。勉強のことはさっぱり記憶に残っていないのですが、冬の体育館でバリバリに凍った練習着を汗をかいて柔らかくする、というトンでもないことをやっていました。つまり昨日の汗まみれの練習着を洗濯しないまま、翌日も着るのです。

beatle5.jpg

 最後は「恋する二人」 B面が「ぼくが泣く
 実はあと10枚以上もビートルズのドーナツ盤があるのですが、一度にアップする技術がともないません。
 私がいつもおじゃまするブロガーの皆さんはプロも真っ青な作品、一気に10数枚の写真をアップしてスピーディに読ませるモノ、どのように作るのかわかりませんが、細かな部品が動画じゃないのに動くモノ等々素晴らしいサイトを作っていらっしゃいますが、私は6枚の写真をアップするだけでお手上げです。
 ちなみにこの6枚のドーナツ盤のライナーノーツはすべて見開きです。すなわち、4ページを楽しむことができました。写真、解説、歌詞カード、同時に発売されている他のミュージシャンのアルバムの宣伝等です。

beatle6.jpg
こちらはyoutube の プリーズ・プリーズ・ミー

こちらはyoutubeのアスクミーホワイ

3 こちらはyoutube の シー・ラヴズ・ユー

4 こちらは youtube の アイル・ゲット・ユー

5 こちらはyoutubeの ツイスト・アンド・シャウト

6 こちらは youtube の ロール・オーバー・ベートーヴェン

7 こちらは youtube の プリーズ・ミスター・ポストマン

8 こちらはyoutube の マネー

9 こちらは youtube の A Hard Day's Night

10 こちらは youtube 今日の誓い Things We Said Today

11 こちらは youtube 恋する二人 I should have known better

12 こちらは youtube の ぼくが泣く I'll cry instead

683枚目 ピンクフロイド「Great Dance Collection」から「Another Brick In The Wall (Part 2)」を聴きなおしました

683枚目 ピンクフロイド「Great Dance Collection」から「Another Brick In The Wall (Part 2)」を聴きなおしました


pink floyd danceブログ

andy warhol



レーベル : COLUMBIA
発売年 1981年
発売元 CBS

Side1
1. One Of These Days
2. Money
3. Sheep
Side2
1. Shine On You Crazy Diamond
2. Wish You Were Here
3. Another Brick In The Wall (Part 2)

前回、芸術活動の一環としてリース作りに挑戦宣言をした私ですが、11月としては62年ぶりの大雪にすっかり芸術心(こころ)を折られてしまい、傷心と大汗と腰痛の日々を送っております。大雪も2~3日後に降った雨でかなり消えてしまったのですが、かと、言って芸術心が復活するわけでもないのです。
そんな言い訳の日々を過ごし、いつものように散歩に出かけたところ、例によって平日のフリーマーケットが開かれていました。あのおばさんがいました。覚えていました私のことを。「今日もいいレコードもってきたよ」と、おばさん。今回は1970年代に大流行した全集モノのひとつがありましたが、そそられません。他に、70年代子ども向けテレビ番組主題歌集や演歌のドーナツ盤がひっそりと数枚。柳の下にドジョウは二匹いませんでしたね。すぐに立ち去るのも気が引け、ブレンダ・リーのドーナツ盤でお茶を濁し、クリスマス用にアンティークなキャンドルスタンドを隣のおばさんから購入し、フラフラ歩き回っていたら、ありました!!ミッキーマウスのジグソーパズルの陰にアンディ・ウオホールのポスターが!!ビニールカバーは薄汚れ、一部破れています。良く見ると中はきれいで、日焼けがありませんサイズはB3でしょうか。そこのブースのお姉さんに値段を聞くと、「600円」ですって!!1000円札を渡し、「つりはいらね~ヨ」と小粋なセリフを吐きたくも、しっかりのみこみ、400円をいただき、その場を足早に立ち去りました。犯罪者のように。
 6枚の「絶滅危惧種」、teNeues Publishing Company 製です。シマウマの目が悲しい!!サイの色使いの見事なこと。カエルに関してはアンディ・ウオホールだけができる技ですね。これがすべてシルク・スクリーンですから。
 かつて年賀状をシルク・スクリーンで作り、あまりの細かさに体調を悪くしたことがありました。それだけ、難しいのです。といっても、説得力はありませんね。

さて、手持ちのピンクフロイド「Great Dance Collection」、ジャケットと紙スリーブの絵柄に惹かれて聴き直しました。特に紙スリーブの写真がいいのです。若者のダンスの写真と民族ダンスの写真、とりわけコサック帽を被ったおじいさんと、国はわかりませんがスクウエアダンスに興ずる高齢女性たちの写真が素敵です。
クリスマス商戦用に作られた、と酷評された「Great Dance Collection」。さらには日本語タイトル「時空の舞踏」にびっくりしましたが、Another Brick In The Wallは好きです、私。

こちらはyoutubeのAnother Brick In The Wall (Part 2)」
プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。