スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

677枚目 Allman Brothers Band「Brothers and Sisters 」から「Ramblin' Man」を聴きなおしました

677枚目 Allman Brothers Band「Brothers and Sisters 」から「Ramblin' Man」を聴きなおしました

allmanbrotehrs band1

allmanbrothersband2.jpg


レーベル : Capricorn
発売元 ビクター音楽産業
発売年 1973年

A面
1. Wasted Words
2. Ramblin' Man
3. Come And Go Blues
4. Jelly Jelly
B 面
1. Southbound
2. Jessica
3. Pony Boy

前回にひき続き『秋』にふさわしい楽曲ということで、Allman Brothers Band「Brothers and Sisters 」を選びました。
デュアン・オールマンが1971年に交通事故で亡くなって2年後のアルバム。メンバー数人が入れ替わった後のレコーディングのためか、アルバム見開き部分は全楽曲に関わったメンバーとその家族の写真が載っています。さらにライナーノーツの他に全曲のスタッフ名簿が添えられております。これも珍しい。ずいぶん丁寧なアルバム作りです。きっとデュアン死後の結束を図ったのでしょう。
さて、「Ramblin' Man」はボーカルがグレッグ・オールマンではなく、ディッキー・ベッツです。グレッグはバックコーラスを担当。ハーモニー部分を支えます。カントリー曲感満載のこの「Ramblin' Man」を聴くと、秋が深まったと感じます。
本来はカントリーソングを鼻歌に秋の収穫を予定していたのですが、予定通りにコトが運ばず、自給自足計画の大幅変更を余儀なくされているところです。たとえばカボチャ。義弟から種をたくさんもらったので、多種なカボチャをたくさん作ろうと苗作りに励みました。できた苗をあちこちに配り、我が畑にも植えたのです。
成長したカボチャはすべてミニサイズ。名札をつけるなどきちんと苗の管理をしておくべきでした。大きなカボチャの苗をよそにあげてしまったのです。味は悪くないのですが、腹の足しにならず、冬を越すには足りません。一方、おいしい干瓢(カンピョウ)を作るぞ、と意気込んだ夕顔はツルが伸び放題、花が咲き放題で、あまりの量に圧倒され放置しておきました。8月末には実がひとつもならなかったもので。先日、ほぼ草原と化した夕顔エリアをチェックした妻が悲鳴をあげました。「スワ!! また蛇か!」 イエ、巨大な夕顔でした。草に埋まっていました。
巨大な夕顔からたくさん干瓢がとれると喜んだのが浅はかでした。皮が硬すぎて皮をむく際に妻が2回指を切りました。私はそれを見て腰が引け、廃棄処分を命じました。かくして巨大夕顔は堆肥エリアに退避と相成りました。
世間ではハロウイーンのカボチャ(プラスチック製の偽カボチャも含めて)が大手をふっていますね。来年こそは大きいカボチャを育て、食べる前に玄関先に飾ろうと思います。他にもセロリや人参・ごぼうの成長が大幅に遅れ、収穫に間に合うのかも心配です。オーガニック農法でおいしく大量の野菜を収穫しようという発想があまかったのですね。かくして今年の野菜作りは大失敗に終わりそうです

こちらはyoutube、「Ramblin' Man」
スポンサーサイト

676枚目 George Winston「Autumn」から「Longing/Love」を聴きなおしました

676枚目 George Winston「Autumn」から「Longing/Love」を聴きなおしました

autumn windam hills

じゃがいも


レーベル :Windham Hill 
発売元 Windham Hill
発売年 1980年

A面
SEPTEMBER
1.Colors/Dance
2.Woods
3.Longing/Love
B面
OCTOBER
1.Road
2.Moon
3.Sea
4.Stars

「関東・東北豪雨」で大きな被害にあわれた皆さんに心からお見舞い申し上げます。
大変なニュースやいやなニュースが続いている中で早くも9月は半ばを越えました。

今日はGeorge Winston「Autumn」を聴き直しました。このレコードには思い出があります。最初に手にしたのは、北海道西部の地方都市にあるリサイクルショップでした。ジャケットもなく、裸のレコードが透明のスリーブに入っているだけ。センター部のレーベルが白黒印刷なのです。しかも見たことがないレーベル。もしかして掘り出し物か、と引っ張りだすとジャケットに入っていないのにキズひとつなく、ピカピカなのです。300円くらいだったと思います。家に帰って聴くと音質も良く、全曲ピアノ1台だけのシンプルな演奏がとても心地よかったのです。
 その後「ウインダムヒル」というレーベルだと知りました。以後、きちんとジャケットに入っている美盤なのに見向きもされない「Autumn」を米盤、日本盤それぞれ一枚をリサイクルショップで見つけ大事に聴いています。いつ購入したか覚えていませんが、CD盤もいたる所で乱雑に取り扱われていましたね。もちろんキズのついていない良品を入手しました。
 さて、「9月」と「10月」とに分かれ、ジャケットの写真も各楽曲のタイトルも非常にわかりやすいこのレコードから1曲選ぶのに迷いました。迷いに迷って「Longing/Love」を。理由は今まで一番多く聴いたからです。
 月の光を浴びながら、冷たい雨の音を聞きながら、風の音・虫の音を聞きながら、枯葉が舞うのを見ながら、どんな状況にも似合います。 最近「じじバカ」と化し、安価な育児書を買い求め、「泣き止まない赤ちゃん」のためのCDとか赤ちゃんの脳を発達させるモービルやガラガラ等を息子夫婦の許可を得ず買い与える典型的なダメじじいの私、ひらめきました。George Winstonの「Longing/Love」を乳幼児用に製品化しよう、と。その際、「赤ちゃん○○ポ」「西○屋」、「コ○ビ」のどこに企画書を提出すべきでしょうか。と、深夜徘徊に加え、妄想も加速化しております。
 
紹介が遅れましたが、苦労して育てた「不揃いのジャガイモたち」です。大きな木の陰になり、花が咲かず、収穫をあきらめていたジャガイモが採れました。種イモ2~3個からこれだけの収穫ですから、自然のありがたさを感じます。来年はもっと研究して、多くの収穫を目指します。


こちらはyoutubeの「Longing/Love

675枚目 イーグルス「THE LONG RUN」から「サッド カフェ」を聴きなおしました

675枚目 イーグルス「THE LONG RUN」から「サッド カフェ」を聴きなおしました

eagles long run

濡れた本の後始末



レーベル : Asylum
発売元 Elektra
発売年 1979年

A面
1. The Long Run
2. I Can't Tell You Why
3. In The City
4. The Disco Strangler
5. King Of Hollywood
B面
1. Heartache Tonight
2. Those Shoes
3. Teenage Jail
4. The Greeks Don't Want No Freaks
5. The Sad Cafe

9月に入った途端に不純な天候が続いております。
台風で大きな被害にあわれた皆さんに心からお見舞い申し上げます
晴耕雨読」の生活が自分に訪れるとは考えてもいませんでした。43年間の俸給生活を終え、今実現しました

 話は大きくそれます。私、国道沿いに住んでいるものですから、この夏は高価なバイクに乗ってツーリングする熟年ライダー、或いはオープンカーをさっそうと運転する白髪の前期高齢者、日本よりカナダに似合う大型キャンピングカーを運転する小柄なおじさん、中にはカマボコ型の外国製トレーラーもありましたね。等々、そんな優雅な熟年旅行者をたくさん見かけました。いずれも暑い夏に似合っていました、エエ。彼らが疾走する国道脇を麦わら帽子、長そでシャツ、首にタオル、反射シールをベタベタ貼った汚れたリュック、ズック(これって死語ですね。50歳以下の方々はわからないでしょう。デニムより厚い、硬い、雑な作り)製の作業エプロン、そのポケットに虫除けスプレーと蜂よけスプレーを忍ばせたゴム長靴姿の老農夫がトボトボ歩いていました。運転席からの強い視線を感じながら。私です。
大きな格差を感じたつらい夏も終わりハイテンション(国道を歩く者からの悪意と偏見に満ちた判断からですよ)の旅行者たちが去り、私の体(野菜達にはもっと強い暑さが必要)にとって恵みの雨が降りました。
久しぶりに図書館へ行き、本を借りてきました。車で行けと言う妻の忠告を無視し、傘をさして歩いて行きました。きちんとビニールの袋に入れるべきでした。そうしなかったものですから、トラッキング用防水のはずのリュックに入れた本が濡れてしまいました。タオルでふき取り、キッチンペーパーを切ってページの間にはさみ、扇風機で風を送りました。途中で何度もキッチンペーパーを換えました。半日を費やしました。ほぼ乾いたのを見計らって、板にはさんで、重しをかけているところです。今日で2日目。シミは残りましたが、シワしわにはならないようだ、と安どしていますが、さて、図書館にはどのように謝罪しようか思案中です。

 前置きが長くなりました。アナログ盤の紹介は「THE LONG RUN」から「サッド カフェ」です。乾燥作業中はレコードではなく、CD『ウエストコースト、たそがれのドライヴ・ミュージック TOPAZ SUNSET(廃盤)、』からこの楽曲を聴いたのです。リピートさせて....。「THE LONG RUN」はごらんのように味もそっけもないジャケットで、工夫を凝らしたジャケットの多いイーグルスにあって超シンプルです。イーグルスが解散した前年のアルバムですね。解散を予告するアルバムと時間がたってから言う人もいたみたい。とまれ、当時の評価は厳しかったようですが、雨に打たれ、妻の叱責を浴び、後悔の念にさいなまされる私には、「サッド カフェ」、良かったです。


こちらはyoutube
プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。