スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

655枚目 ポールモーリア「ラブサウンド・リフレクション18」から「エーゲ海の真珠」を聴き直しました。

655枚目 ポールモーリア「ラブサウンド・リフレクション18」から「エーゲ海の真珠」を聴き直しました。

paul moriat lovesound18

雪原の側溝

レーベル :PHILIPS 
発売元 日本フォノグラム株式会社
発売年 1977年
定価:2000円

 クロスカントリー・スキーで近くの牧草畑を歩きました。そこに突然のクレバスが出現。クレバスと言っても畑の潅漑溝。溝の深さは1メートル強、水深20センチほど。もし落下したら、柔らかい雪でアリ地獄状態なのです。従って、簡単にはあがれません。今来た道を戻るにも距離が長すぎる。自宅はもう見えてきた。エエい!!歩くスキーの長さを利用して渡っちゃえ!と、いうことで、何とか渡りましたが、年寄りにはちょっとした冒険でした。

 さて、ポール・モーリアを久しぶりに聴きました。正月休みで体に芯まで染みこんだ怠け心が平常に戻らず、その後の忙しさに体も心も順応できずに軽い「うつ」状態になりました。ささいなことが心に響きます。テレビのニュースに敏感に反応します。のどにひっかかる痰が妙に気になります。ひと晩眠れなかっただけで、翌日の夜は「今夜は眠れるだろうか」と不安になるのです。
 そんな時は音楽を聴く気力がおきません。
ちょっと元気になってCDを聴いてみたのですが、ジャズはダメ、ロックもダメ。不思議です。今までは日常の疲れやストレスを吹き飛ばしてくれた音楽を体が受け付けないのです。
 クラシックはまあ何とか。それも弦楽器系のみ。何かの本で読んだ「モーツアルト効果」を思い出して。モーツアルトは何とか聴ける。そんな身も心も委縮してしまった時に受け入れたのがポール・モーリアでした。ポール・モーリアを何度も聴いて自彊術体操をします。1日15000歩以上を目標にウオーキングをして、スキー場にも例年以上に通い、体を動かしました。血流をよくすることで心の重さが徐々に軽くなりました。何冊かの本と雑誌にのっていた呼吸法が効果的でした。
 心身ともに健康であることの大切さをしみじみと知りました

こちらは youtube の エーゲ海の真珠
スポンサーサイト

654枚目 エルトン・ジョンLPアルバム『キャプテン・ファンタスティック・アンド・ザ・ブラウン・ダート・カウボーイ』から「キャプテン・ファンタスティックとブラウン・ダート・カウボーイ」を聴き直しました。

654枚目 エルトン・ジョンLPアルバム『キャプテン・ファンタスティック・アンド・ザ・ブラウン・ダート・カウボーイ』から「キャプテン・ファンタスティックとブラウン・ダート・カウボーイ」を聴き直しました。

elton john captain

羊蹄山縮小版jpg


レーベル : DJM record  
発売元  東芝 EMI 株式会社
発売年 1975年

A面
1. キャプテン・ファンタスティックとブラウン・ダート・カウボーイ
2. バベルの塔
3. 苦しみの指先
4. 汽笛が鳴ったらおしえて
5. 僕を救ったプリマドンナ

B面
1. ミール・チケット
2. 僕に迫る自殺の誘惑
3. ライティング(歓びの歌をつくる時)
4. 幼き恋の日々
5. ベールの中の遠い想い出



  ルスツ・リゾート・スキー場にスキーに行ってきました。行くたびに外国人の数が増え、外国にいる錯覚を覚えます。マウント・イゾラの頂上から羊蹄山が見えました。
 
さて、
 音楽面で最近驚いたこと、といっても昨年暮れのことです。
それはエルトン・ジョンの結婚です。
 堂々と発表した「同性婚」。あまり世間では取り上げられなかった感じがするのですが、私には驚きでした。早速エルトン・ジョンのアルバムを聴き直した、と言いたいのですが、正月休み後の忙しさがギャップとなり、正直音楽を聴く気持ちになれずに、今日に至りました。

 今までほとんど聴いたことのなかった放置アルバム。今回じっくり手に取ると、実に贅沢な作りで、中身もいいのです。若いときの写真がたっぷり入ったブックレット、これは15ページもあり、現在の音楽状況ではあり得ないレコード会社のサービス精神が満載です。
 アルバムを手にとって感じたこと。エルトン・ジョンのファンの皆さんには大変申し訳ないのですが、エルトン・ジョンは「おじさん」度合いが他のミュージシャンに比べて激しい。ポール・マッカトニーやミック・ジャガーを見慣れた者にとっては、若かりしエルトン・ジョンと現在のエルトン・ジョンのギャップが大きい。

 さて、外見はどうでも良いとして、アルバム『キャプテン・ファンタスティック・アンド・ザ・ブラウン・ダート・カウボーイ』は有名な楽曲が入ってないものの、実に良い楽曲がつまっており、選曲に迷います。しっとりとしたピアノの弾き語りあり、アコースティックな曲があり、秀逸なバック・コーラスと歌う曲あり、あらためてこのアルバムのすばらしさを確かめました。

こちらはyoutube
プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。