スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

653枚目「あなたが選んだローリング・ストーンズ・ゴールデン・アルバム」から「サティスファクション」を聴きなおしました。

653枚目「あなたが選んだローリング・ストーンズ・ゴールデン・アルバム」から「サティスファクション」を聴きなおしました。

あなたが選ぶローリングストーンズ


レーベル :LONDON 
発売元 キングレコード株式会社
発売年 1967年
定価:2000円

A面
1. 黒くぬれ
2一人ぼっちの世界
3ルビー・テューズデイ
4涙あふれて
5 19回目の神経衰弱
6 夜をぶっとばせ!
B面
1サティスファクション
2 たんぽぽ
3 マザー・イン・ザ・シャドウ
4 レディー・ジェーン
5 テル・ミー
6 この世界に愛を


 元旦にWOWOWで「ザ・ローリング・ストーンズ ライブ・イン・ロンドン・ハイド・パーク 2013 -スウィート・サマー・サン」という番組を見ました。
 正しく言うと、録画して、その後何度か見ております。年を取ると一気に見ることができないのですね。目も耳も疲れるのです。小出しに見ております。
 この番組の凄いのは、合間に1969年7月5日に開催された「ブライアン・ジョーンズ追悼コンサート」が挿入されているところです。
 熱狂的なファンは今も44年前も変わらない。いや、変わっているか?2013年は女性の数が多い。子供もいる!!
 ミック・ジャガーが「あの時はブライアン・ジョーンズが死んで、ギターを手にすることができないほど落ち込み、苦しいステージだった」と語る。
 聴き比べると、23~4歳で勢いのあった当時よりも、70歳を超えた今の方が上手だ。驚いたことに、ステージの途中で44年前のコスチュームを着て出てきた。今もピッタリ、体型が44年間変わっていない。
途中でブライアン・ジョーンズの後釜ミック・テイラーがゲスト出演する。昨年暮れに亡くなったボビー・キーズもテナー・サックスを吹きまくる。 

 そこで屋根裏部屋からローリング・ストーンズのLP盤をひっぱりだしまた。
私のアナログ盤は、タイトルが今では絶対に考えられないネーミングなのです。「あなたが選んだローリング・ストーンズ・ゴールデン・アルバム」ですから。これは近所のリサイクルショップで見つけたもの。ボロボロで、レコードもキズだらけです。従って、これはもう一台のプレーヤーで聴きました。
 ボロボロLPレコードですので、ライナーノーツもありません。ネット検索をしたら、この日本オリジナル編集盤はロック系雑誌「ミュージックライフ」が企画した、読者投票による選曲を元に作られたそうです。いやあ、当時の音楽出版社もレコード会社も力があったのですね。今では考えられないことをやっていた。その企画に答えて、好きな楽曲を選んだ当時の若者のパワーも凄い!

こちらはyoutube 1965年のもの
スポンサーサイト

652枚目 ジョン・デンバー「詩と祈りと誓い」から「故郷へ帰りたい」を聴きなおしました

652枚目 ジョン・デンバー「詩と祈りと誓い」から「故郷へ帰りたい」を聴きなおしました

take me home

カントリーロード1
  
国道の先にあるのが冬は難所の狩勝峠と日勝峠です。


レーベル :RCA 
発売元 RVC株式会社
発売年 1976年
定価:不明

A面
1. 詩と祈りと誓い
2. レット・イット・ビー
3. マイ・スウィート・レディ
4. 木彫りのインディアン
5. ジャンク
6. ゴスペル・チェンジス
B面
1. 故郷へかえりたい
2. 彼はコロラドにいるだろう
3. 太陽を背にうけて
4. アラウンド・アンド・アラウンド
5. ファイヤー・アンド・レイン
6. ザ・ボックス

 年が明けた矢先に、パリでフランス風刺週刊誌社銃撃事件が起きました。また、マクドナルド製品への異物混入続出と年頭から暗い事件が続いています。
 北海道は昨日から暴風雪に襲われ、いたるところで交通が乱れています。私も昨日は車で出勤しました。帰りは高速道路が封鎖され、いつもの倍の時間がかかりました。
 
話は変わります。
 年明け4日に母の見舞いと年始あいさつを兼ねて十勝へ行きました。
往復350キロを超す長旅なので、運転中の眠気予防が大変です。まずはFMを聴く、峠に入ると音波の加減で聞こえなくなります。そこで、落語のカセットテープを取り出して聴く。これも飽きてくるのですね。たまの長旅に聴くといっても、何度も聴いたものですから当然なのですが。景色の良い所に車を止めて、写真を撮る。ところがファインダーから見えた景色とできあがりの写真が全然違うのです。一応一眼レフのデジカメです。いろいろな方々のブログにアップされている写真は見事なのに。私のは違うのです。センスがないのです
 幸い天候に恵まれ、大きなトラブルもなく帰ってくることができました。帰りのラジオで、チェリストの溝口 肇さんがジョン・デンバーの「故郷へ帰りたい」を紹介しておりました。FMから流れる「故郷へ帰りたい」を聴いて、眠気がいっぺんに吹き飛びました心に深く沁みるのですね。「ガーン」とはこないけど、「ジーン」とくる。たまに聴くジョン・デンバーはいい。
 帰宅後さっそくアルバムをひっぱりだして聴きました。
このアルバムは1971年に発売されました。私のLPは1976年もの。発売元はRVC株式会社。どうでもいい情報ですが、RCA レーベルは日本ビクターから発売されていました。しかし、1975年にRCAと日本ビクターが合弁し、RVCを発足。RCAレコードを引き継ぎ、1986年に親会社RCAの業績悪化に、BMGの一部となり、現在はソニー・ミュージックエンタテインメント(例のハッカー事件のグループ会社)の傘下に。一方日本ビクターは今株式会社JVCケンウッドという会社になったのです。
 ビクターとトリオ(ケンウッドの前身)が合併するなんて夢にも思いませんでした


651枚目 井上 陽水「LION & PELICAN」から「リバーサイド・ホテル」を聴きなおしました

651枚目 井上 陽水「LION & PELICAN」から「リバーサイド・ホテル」を聴きなおしました

しめ飾り

リバーサイドホテル


レーベル :FOR LIFE 
発売元 フォーライフ・レコード株式会社
発売年 1982年
定価:2800円


 あけましておめでとうございます。 2015年が始まりました。
さて、今年最初に聴いた楽曲は井上 陽水の「リバーサイド・ホテル」でした。

 元旦のお笑い番組に飽きてBSで映画でも、とチャンネルを探していたらBS朝日で「ザ・インタビュー トップランナーの肖像」という番組に井上 陽水が出演していました。これはトーク番組で、作家の吉永みちこさんという方と対談をしていました。トークの合間に演奏場面が入ります。「リバーサイド・ホテル」が終わって、いきなり吉永さんからの鋭い指摘がありました。「♪ 誰も知らない夜明けが明けた時 ♪」の歌詞がおかしいというのです。何十回も聴いた名曲です。読み直すと、なるほど、「腹痛が痛い」と同じことか。

 指摘された陽水は例のあいまいスマイルで「今日まで気付かなかった。当時はいい加減に歌詞作りをしていた」と答えます。今から数十年前、かつて職場の同僚と「ミュージシャンの中で一番優れた歌詞を書くのは陽水だ、いや、さだまさし、はたまた○○」と論争した陽水派の私、吉永みちこの指摘にがっかりしました
 陽水は「レコーディングの日、スタジオに入る間際に作ったこともある」そうです。
いい加減と言えばいい加減、冒頭の歌詞も現在の検閲厳しい編集段階ではすぐにカットされるそうです。当時のおおらかな空気の中ではこれも愛嬌ゆるいチェックが名曲に繋がったと言っても過言ではないのでしょう。先ほどの『がっかり』を取り消します。

 いい加減な曲作りをしたと謙遜する井上陽水が65歳となった今も声の色気は変わらずに朗々と歌います。顔のむくみが気になりますが、声は変わらない。艶がある
 
 話は大きくそれます。すいません。
大みそかのNHK紅白歌合戦をラジオで聴きました。年賀状を書きながら。。。ラジオからの歌声では、何と、すぐに歌の『上手さ』が分かるのです。これは新発見でした。偏見ですが、うまかったのは徳永英明と天童よしみ。 年末のテレビ番組で超辛口の中尾ミエが「声が出なくなったら、テレビで歌なんか歌うな」と過激な解説をしていましたが、同感ですね。
 ただ、井上 陽水の歌の上手さは中尾ミエも認めるでしょう。。。
 もちろん、ただ歌がうまい、声が良いだけが人気のバロメーターにはならないのでしょうけど。 

 元旦のお笑い東西合戦で、志村けんに『俺は好きだよ』と言わせた『ヒロシ』でさえもテレビには全く出ていないのですから。芸の中身が良くても人気には繋がらないことと同じなのでしょう。歌が下手でも、声が出なくても、話題性や『何か』があれば、人気は維持できるのだと、認識しました。
 話があちこち拡散しました。

 今日は手元のレコード棚にあった「LION & PELICAN」を聴きなおしました。

 今年もよろしくお願い申し上げます。

こちらはyoutube のリバーサイドホテル
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。