スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

635枚目 松任谷 由実「流線形‘80」から『埠頭を渡る風』を聴き直しました。

635枚目 松任谷 由実「流線形‘80」から『埠頭を渡る風』を聴き直しました。

流線形

山ウド5月


レーベル :EXPRESS  
発売元  東芝 EMI 株式会社
発売年 1978年
A面
1. ロッヂで待つクリスマス
2. 埠頭を渡る風
3. 真冬のサーファー
4. 静かなまぼろし
5. 魔法のくすり

B面
1. キャサリン
2. Corvett 1954
3. 入江の午後3時
4. かんらん車
5. 12階のこいびと

我が家の前にある「秘密の花園」ならぬ、「秘密の山菜園」で今年も見つけた「山うど」です。

酒井順子さんは著書「ユーミンの罪」第5章で、「詩とか詞とかコピーというものは、わけのわからないところからじんわりとイメージが滲み出てくる」と言っております。
けだし名言だなと思いました。

1978年リリースされたこのアルバムでは「女は常に男を『見て』いる」と解説します。
A面の1. ロッヂで待つクリスマスと3. 真冬のサーファー、B面4. かんらん車がそれです。

それぞれ、スキーロッヂから滑走する彼を(スキーを愛する私から見ると、これはド田舎のスキー場でなければ不可能です。よほどのスキー技術を持たなければ、混み合うスキー場で一人のスキーヤーを判別することはできないのです。)、失礼、話がそれました。えーと、どこまでいきましたっけ。そうそう、次に真冬の砂浜でサーフィンに興ずる彼を見る。ま、これも焚火をガンガンたいて暖をとらなければつらいでしょうね。「かんらん車」では遊園地のかんらん車の最高到達点からひとり、別れた彼が住む町を見渡すと言うのです。

 彼女はこの頃から日本の若い女性が「○○をしている男の彼女としての私」という自意識を強く持ち始めた、と分析します。
 スキーやサーフィンをしている彼が好きというより、スキーやサーフィンをしている彼を持つ自分が好き、という感覚だそうです。

 フーン、そうなの?

 家族で何十回もスキーに行きましたが、センスがなく途中で挫折した妻はスキーロッヂでいつも文庫本を読んでいました。滑りまくる私と息子二人を「いつまで滑ってんの!!」となじりながら。。。

 さて、私がこのアルバムで一番好きな曲、『埠頭を渡る風』はノリの良い楽曲です。『何もいわずに 私のそばにいて』『もうそれ以上 やさしくなんて しなくていいのよ』 『何もきかずに 横顔で笑って』とのようなやさしさで男を見つめます。

そう、とにかく男を見つめるのですね
男としては嬉しいですよね。こんなに見つめられたら。と、喜んでいたら、酒井順子さんの結論はこうです。

「この時代、女は男を『見て』いました。」 しかし、それは『この男は、私に価値を与えてくれるのか』と女たちは見定めていた。」

『埠頭を渡る風』を何度も聴いてみました。

 特にブラスセクションとパーカッションがこの曲をもりあげ、気が付くと年老いた体が芯からリズムを刻んでいるのです。

 私の硬い頭脳はこの楽曲が持つ、男と女の心の機微を読み取ることができずに、楽しい曲としか思えないのです。



こちらはU-チューブの『埠頭を渡る風』
スポンサーサイト

634枚目 荒井 由実『14番目の月』を聴き直しました。

635枚目 荒井 由実『14番目の月』を聴き直しました。

14番目の月

tulips.jpg


レーベル :EXPRESS  
発売元  東芝 EMI 株式会社
発売年 1976年
A面
1. さざ波
2. 14番目の月
3. さみしさのゆくえ
4. 朝陽の中で微笑んで
5. 中央フリーウェイ
B面
1. 何もなかったように
2. 天気雨
3. 避暑地の出来事
4. グッド・ラック・アンド・グッド・バイ
5. 晩夏(ひとりの季節)

我が家の庭にもチューリップがやっとさきました。本日の最低気温は6度です。

さて、

酒井順子さん著「ユーミンの罪」第4章『14番目の月』には「女性の自立と助手席と」という小見出しがつけられています。

この章でとりあげられた楽曲はたったの2曲。A面2曲目の「14番目の月」と5曲目の「中央フリーウェイ」です。それを12ページにわたって解説・分析しているのです。
また、このアルバム「14番目の月」は荒井由実という名前では最後のアルバムとなり、この後松任谷正隆氏と結婚し、松任谷由実に変わります。

今回は荒井由実の4枚目にして最後のアルバム「14番目の月」からA面2曲目の「14番目の月」を選びました。

酒井順子さんはこの「14番目の月」を「女の勝手」を歌っていると解釈します。それまでの日本の歌における女の姿は、男から選ばれることを欲する女であり、男を待つ女であり、受動的な女でした。と、言っております。

 淡谷のり子、笠置しず子、二葉あき子、美空ひばり、島倉千代子、五月みどり、畠山みどり、三沢あけみ、都はるみ、奥村チヨ、小川知子、ちあき なおみ、いしだ あゆみ、藤 圭子、小柳ルミ子、南 沙織、天地真理、山口百恵、桜田順子、森昌子、石川さゆり、八代亜紀等々の女性歌手が歌った歌がそうなのですねエ。

 それに対して「14番目の月」は「女の自立」を歌っている。つまり、タイトルが示すように恋愛成就を満月に例えるならば、十五夜ならぬ十四夜は恋愛の成否がまだ決定していない決定権は『私にあるの』とユーミンは歌う。と、解説するのです。

 フーム、「♪ つぎの夜から欠ける満月より 14番目の月が好き ♪」
この部分だな。

「14番目の月」のシチュエーションは男女が車に乗っている女性は助手席だそうです。酒井さんの分析鋭く、1976年当時の車の運転というのは『男性がするもの』、統計によると当時の車の免許所有率は男性76.7%、女性23.3%だったそうです。

 そのくせ、『♪ 月影の道で急に車止めないで ドキドキするわ ♪』と、
恋愛の自主性は手に入れているけど、進む方向は男性まかせ。なんです。

確かに「女の勝手」を歌っているなあ。

スピッツも歌う「14番目の月」はおよそ40年前に作られたとは思えない、確かに「女性の自立」や「女の勝手」を歌っているのだろうけど、そっちはどうでもよく(失礼)ポップス感&ロック感が満載だ。「ユーミンを聴く」私には、そう感じます。



こちらはステージで踊り、はねるユーミン 6分頃から始まります

こちらはスピッツ、ぜんぜん違う曲に聴こえます

633枚目 松任谷 由実『PEARL PIERCE 』を聴き直しました

633枚目 松任谷 由実『PEARL PIERCE 』を聴き直しました。

pearl pierce山菜



レーベル :EXPRESS  
発売元  東芝 EMI 株式会社
発売年 1982年
A面
1. ようこそ輝く時間へ
2. 真珠のピアス
3. ランチタイムが終わる頃
4. フォーカス
5. 夕涼み
B面
1. 私のロンサム・タウン
2. DANG DANG
3. 昔の彼に会うのなら
4. 消息
5. 忘れないでね

 ゴールデンウイーク、母の見舞いをかねて山菜をとってきました。

さて、ゴールデンウイークも終わり

 ユーミンの後輩である酒井順子さん著「ユーミンの罪」を読みながら、ユーミンのアルバムを聴き直しております。

 ですが、あまりに過激な酒井順子さんの解説におじさんたじたじの態、です。
だってですよ、A面の4. 「フォーカス」という楽曲の解説が「ブスに優しいユーミン」(「ユーミンの罪」p120)、と小見出しをつけて、今では映倫や放送コードに引っかかる「ブス」という語彙をたった2ページに8カ所も使用しているのです。(「ユーミンの罪」p120と121)

これも「ユーミンの罪」を読んで初めて知ったのですが、

「アルバム『PEARL PIERCE 』が発売された翌年、某大手書店新入社員採用時に『ブス、チビ、カッペ、メガネは採用しない』」 という内部書類が流出し、国会でも問題になったそうなのです。
 
 カッペ(いなかっぺ)とメガネの2語が該当する私としては黙っていられません。某大手書店がどこなのかを墓に入る前までには突き止めたい。
 K国屋、S省堂、M善、B教堂なのか、はたまたTT屋か

私の怒りをかわして、過激な酒井順子さんのパンチやフックが次々に飛んできます。

例えば、「メガネっ娘」。
次の「フォーカス」の歌詞を分析します。

 「♪ 度の強いレンズのうしろに 
      ♪ 長いこと逃げ込んでいたのよ
♪」

 ここで、「メガネっ娘」という表現を4ページにわけて、5カ所使います。皆さん、「メガネっ娘」ですよ!! 
もし、私にメガネをかけた娘がいたら、断固講談社に抗議しますよ。エエ!!
幸いにも息子しかいないのですが。。。
メガネはよしとしても、「っ娘」という表現。女性蔑視の最たる表現ではありませんか?

と、重箱の隅をつつくような文化が蔓延しているから、カルチャー全体が面白くなくなったのですね。酒井さんのようにハラハラドキドキさせるほど、大胆に書きなぐるから、還暦を随分前に過ぎた爺さんでも心から興奮し、感心・感動できるのです。

次にA面2曲目「真珠のピアス」。
一部の音楽評論家は、1980年代前半のアメリカ西海岸を中心に流行したAORの影響を受けた、いや、それを乗り越えた出来上がり、とベタぼめ。でも、この楽曲のことを「ユーミンを読む」酒井順子さんは、な・なんと「真珠爆弾」をベッド下に仕込んだ『女の特攻精神』ソングと解説するのです。
 
 この曲のシチュエーションはこうです。1組のカップルの別れの朝女性がベッドの下に真珠のピアスを片方捨てる。彼の新しい彼女は可愛い。私よりも。で、もうすぐ引っ越しだ。引っ越しの時にその彼女がピアスの片方を見つけ、修羅場となる。だろう。

 何十回となく聴いたこの曲、妻のウオークマンにもダウンロードし、二人でウオーキングしたこともあります。私、これまでこの曲をそんな恐ろしい曲とは思いもしませんでした

酒井さんのこのエッセイを読んでからですね。
私が妻のピアスをチェックするようになったのは。エエ。

 最後にB面2曲目の『DANG DANG』、これも好きです。ウオーキングにはぴったりのメロディラインです。
酒井さんの忠告に従って歌詞をじっくり読みました。
すると、
『♪彼女は知らないなら 友達になるわ ♪ それしかあなたに会うチャンスはないもの今は♪』ですって!!
1980年代前半の軽快でお洒落でウキウキワクワクするよなこの歌は
げに恐ろしいストーカーソングだったのです

こちらYoutubeの『DANG DANG』 . 楽曲の一部だけです

一方こちらはYoutubeで見つけた金子マリさんの『DANG DANG』、これは素晴らしい。
プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。