スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

610枚目 ポール・サイモン『Paul Simon』から『母と子の絆』を聴き直しました

610枚目 ポール・サイモン『Paul Simon』から『母と子の絆』を聴き直しました


ポールサイモン



発売年 :1972年
レーベル:CBS SONY
発売: CBSソニー
A面
1. Mother And Child Reunion
2. Duncan
3. Everything Put Together Falls Apart
4. Run That Body Down
5. Armistice Day
B面
1. Me And Julio Down By The Schoolyard
2. Peace Like A River
3. Papa Hobo
4. Hobo's Blues
5. Paranoia Blues
6. Congratulations


ポールマッカトニーの来日コンサートは21日、東京ドームで幕を閉じました。大相撲観戦と懸賞金の提供等話題を呼びました。
多くの方々がさっそくブログで取り上げ、興味深く読ませていただきました。中には実際にコンサートへ行かれた方もいらっしゃる。実にうらやましいこと。さらにはYOUTUBEでコンサートの模様が流れている。画像は揺れているが、画質は良好で音もしっかり取れている。小型のカメラやスマートフォンで撮影するのでしょうか、現在のデジタル・テクノロジーには驚くばかりです。
で、私は同じポールでもポール・サイモンを聴きなおしました。
1972年発売された『Paul Simon』です。アート・ガーファンクルとコンビを解消してから再出発したポール・サイモンのソロ・アルバムです。
 ライナーノーツの解説は福田一郎。このLP盤の価格は2100円です。

1972年はサッポロオリンピックとミュンヘンオリンピックがあり、浅間山荘事件やグアム島から元日本兵の横井庄一さんが帰国、沖縄返還も含む様々なことがあった年。平均寿命は男性が70.5歳女性は75.9歳大学卒初任給は5万2700円コーヒーが一杯120円かけそばは120円。国鉄運賃(都内)最安区間30円、たばこ(ピース)ひと箱50円。もちろんこのLP盤はずっと後になって生活にゆとりができてから購入しました。何度も触れましたが、レコードは高価だったのです。ちなみに私は前年の年末からこの年の1月後半まで杉並区ほぼ全域を自転車でデパートのお歳暮配達をやりました。配送内勤業務が1日1500円の時に1個35円の配達料で1日100個オーバーを目標に稼ぎました。思い出がつまったアルバムです。

こちらはyoutubeの「母と子のきずな」
スポンサーサイト

609枚目 島倉千代子『ハワイヤンによる千代ちゃんとあなたの唄』から『からたち日記』を聴き直しました

609枚目 島倉千代子『ハワイヤンによる千代ちゃんとあなたの唄』から『からたち日記』を聴き直しました

島倉千代子


発売年 :1960年
レーベル:Columbia
発売: 日本コロムビアレコード
A面
1. からたち日記
2. 炭鉱の子守歌
3. 思い出さん今日は
4.白い小指の歌
5. 哀愁のからまつ林
B面
1.襟裳岬
2.おもいで日記
3. 逢いたいなァあの人に
4. 東京の人さようなら
5. 忘れえぬ人


ポールマッカトニーー来日、コンサートチケット入手困難の記事が大きく報道されていました。一方、
今日の北海道新聞の社会面に小さく8日に死去した島倉千代子さんの記事を読んで驚きました。なんと、死去する3日前の11月5日にレコーディングをしたのです。

南こうせつさんの作曲による『からたちの小径』をご自宅に機材を持ち込んで録音を行ったそうです。こうせつさんによると「1回歌う位の体力しかないのに、3回歌われました。レコーディング後の翌日に再入院しご本人から電話をいただいた」そうです。「私の部屋の中にスタジオができ、私はできる限りの声で歌いました人生の最後に素晴らしい時間をありがとうございました」と涙声で語った、とのこと。

『人は死ぬまで働くべき』と何かの本で読みましたが、島倉さんの唄への情熱と『生きる』情熱に圧倒されます。たしか病名は肺がんだったはず、声をだすのさえ苦しいのに歌うのですから、どんなに大変だったことか。

ふだん歌謡曲はあまり聴かないのですが、今日は特別です。激動の昭和を生き抜き、激変する音楽業界でヒット曲を数多く出して今も多くのファンを惹きつけています。最後にはとりわけ私のような中高年に『生き方』を教えてくれました。
 今日はYoutube で代表的な曲聴き、2~3枚あるドーナツ盤を聴きました。さらにレコード棚から引っ張り出した『ハワイヤンによる千代ちゃんとあなたの唄』は大橋節夫とハニーアイランダースによる島倉メロディー。この珍しい25センチLPをネットで検索したのですが、ありませんでした。


こちらはU-チューブの からたち日記

608枚目 マービン・ゲイ『Marvin Gaye Twin Deluxe』から『悲しいうわさ』を聴き直しました

marvine gaye
608枚目 マービン・ゲイ『Marvin Gaye Twin Deluxe』から『悲しいうわさ』を聴き直しました

発売年 :1975年?
レーベル:MOTOWN
発売: ビクター音楽産業



日本シリーズ楽天が優勝!!
昨日にひき続きテレビの前に釘づけでした。

昨日の北海道新聞の地元欄に小さく中年男性がR&Bを中心としたレコードコレクションを市民に開放する旨の記事が載っていました。さっそく出かけてきました。
20坪ほどの煉瓦造りの小さな家に1000枚を超えるレコードコレクション。その大半がR&Bとソウルミュージック、レーベルはアメリカ中西部のタムラ・モータウンとその他南西部の地名が書かれたほとんど聞いたことがないもの。きっと価値があるものでしょうね。驚くことにこの家はレコード鑑賞用の家なのです。
アンプ、プレーヤー、スピーカーは決して高くはないが1970年代に銘機と呼ばれたものばかり。オーナーのIさんが20代からコツコツと集めたレコードは随分聴いたと思われるものでチリチリ音こそするが、音圧が高く、音質がきわめて良いのです。日本盤が大半の私のものとは違う。そこに集まったのが私を含めて7人。みな50代と60代。面白いのは好みがそれぞれ違うのです。好きなジャンルが違う。レコードの扱い方が違う。(中には白い手袋をはめてレコードを扱う方がいました。なんでもレコードに指紋がつくとか。これにはビックリしましたが。)持っているオーディオ機器が違う。「十人十色」とは良く言ったもの。全く見知らぬ者が集まったのに、壁に飾られたジャズ喫茶やロック喫茶、そして中古レコード店のマッチ箱やカタログを見て、一気に共通の話題へとつながり、大いに盛り上がる。つい先ほど自己紹介したばかりなのに、ずっと前からの知り合いのように和気あいあいとなるのです。
多くのメディアが「少子高齢化」を話題にする際、「高齢者がひとつの場に集まると、女性はすぐに知り合いになれるが、男性は孤立しがちだ」としたり顔で解説しがちです。確かにそうかも。私の場合、もし今の職場の同世代の男性たちと同じ場所で将来ともに起居すると仮定したら、何分会話がもつかな?
でも、今日のメンバーであればいつまでも話はつきないだろう。等々考えていると、あっという間に4時間が経ち、おいとましてきました。
そうそう、今日ご紹介する一枚は主催者Iさんから触発されて、私のライブラリーにもありましたR&Bのレコードが。
マービン・ゲイ『Marvin Gaye Twin Deluxe』です!!

その中から1曲『悲しいうわさ』。

この曲は1968年全米ナンバー1になった曲です。




こちらは youtube の『悲しいうわさ』
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。