スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別編 ザ・ビートルズのデジタル・リマスター盤CD初回生産限定版聴き比べ

beatles remastar finish

発売年 2009 / 9/ 9 

レーベル: EMIミュージックジャパン


古い話になります。
2009年9月9日に全世界で発売されたザ・ビートルズのデジタル・リマスター盤CD初回生産限定版のことを覚えていますか。独断と偏見で言えば、「音楽好き中高年を勝ち組と負け組」に分けたアルバム。ミニドキュメンタリーをまとめたDVDを加えたステレオ盤ボックスセットは35,800円もしたのです。そのリマスター作業は、EMIのアビー・ロード・スタジオでエンジニアチームが4年がかりで行ったという秀れモノ。勝ち組とはもちろん発売当日、派手な発売キャンペーンセールの中、誇らしげに購入できた一派。負け組とは諸事情で購入できなかった可哀想なとりわけ中高年を中心とする人たち
私は悔しいことに後者でした。
ところがですよ。苦節3年と6ヶ月。「ザ・ビートルズ・デジタル・リマスター盤CD初回生産限定版購入負け組」の私が今回それをゲットしたのです。CD全16枚中13枚も。一挙に13枚、それも極めて安価で。なんとCD1枚が缶コーヒー1本よりも安いのです!!
デジタル・リマスター盤CD初回生産限定版13枚が、しめて1300円。
「破格」と言う言葉の意味をこれほど重く・ありがたく実感したことはありません。
購入場所は○sutaya系のレンタルビデオ店。それ以上は業務上、モラル上、音楽産業流通上言えません。
ブツを発見した時は興奮を他の客に知られないように努めて冷静を装って籠に入れ、一枚一枚チェックしようとする店員を制止して現場を即刻離れました。まるで犯罪人のように。レンタルビデオ店を出た時はおもわず後をふり返りました。「値段の付け間違えでした」と店員が追ってくるのではないかと……
家に帰ってすべてをチェック。ケースにつぶれがあるものの大きなキズやスレもなく、中にはほとんど聴かれた様子もない新品同様のモノもあるのです。ゴールデンウイーク中にすべてを聴きました。
今後はLP盤との聴き比べを時間をかけてやっていこうと思います。
ということで、手始めに「ラブミードウ」を聴き直しました。
こちら U-チューブ の Love Me Do
スポンサーサイト

591枚目 ピンクフロイド 「原子心母」から「デブでよろよろの太陽」を聴きなおしました。

591枚目 ピンクフロイド 「原子心母」から「デブでよろよろの太陽」を聴きなおしました。



pink floyd



発売年 :1970年
レーベル:Odeon
発売:東芝音楽工業株式会社

A 面 1. Atom Heart Mother

B面
1. If
2. Summer '68
3. Fat Old Sun
4. Alan's Psychedelic Breakfast

当地は天候不順の毎日です。外の気温は現在7度です。
前回、前々回ともに「黄金週間晴天祈願」は全く効果がなく、外での畑仕事もままならなかったのです。
で、今日こそはと天気回復の祈りを込めてなかばやけ気味にレコードを引っ張りだしました。といってもそれほど多くを調べたわけではないのですが。

 今日も見つけましたよ。数に限界のある私のレコード棚と段ボールを漁って。
「デブでよろよろの太陽」。原題“Fat Old Sun”がそれ。
対訳が故今野雄二。北海道出身。「平凡パンチ」編集部から独立、1970~80年代に音楽や映画畑で大活躍した人。最近亡くなりました。
 “Fat Old Sun”を「デブでよろよろの太陽」と訳したセンスに驚きます
もちろん原題も含めてピンクフロイドの「原子心母」すべてが新鮮さ満載。今じっくり聴きなおすと私にはとても新鮮に感じられます。当時は「なんだこれは」くらいにしか思ってなかったのですが。

 エンジニアはかのアラン・パーソンズ、またジャケットの牛が当時はプログレには似合わないとの評価もあった気がします。
 ただ、当地にはぴったりの光景で、つい今日も寒空の中で草を食むホルスタインを何十頭も見てきたところです。

 さて、改めて「晴天祈願」。「デブでよろよろじゃない」、「颯爽とした、できれば女性の若くてぴちぴちした太陽が」明日の日曜日こそわが北海道に出現しますように!!



こちらはU-チューブ。「原子心母」から「デブでよろよろの太陽」

Youtubeのピンクフロイド 「原子心母」から「デブでよろよろの太陽」

590枚目 ローリング・ストーンズ 「山羊の頭のスープ」から「ドゥー・ドゥー・ドゥー」を聴きなおしました。

590枚目 ローリング・ストーンズ 「山羊の頭のスープ」から「ドゥー・ドゥー・ドゥー」を聴きなおしました。


山羊の頭のスープ ストーンズ



発売年 :1973年
レーベル:Rolling Stones
発売:ワーナー・パイオニア株式会社

A 面
1. ダンシング・ウィズ・ミスターD
2. 100年前
3. 夢からさめて
4. ドゥー・ドゥー・ドゥー…(ハートブレイカー)
5. 悲しみのアンジー

B面
1. シルヴァー・トレイン
2. お前の愛を隠して
3. ウィンター
4. 全てが音楽
5. スター・スター


ゴールデンウイーク後半になっても当地は天候が不順でただ今のところ、外の気温は6度です。
前回は天気回復の祈りを込めて太陽を神と崇めたアステカ帝国の名前をかぶせたアステカを聴きましたが、今日は「山羊の頭のスープ」。
ヤギは古くから生贄として使われることが多く、古代のユダヤ教でも象徴的に取り扱われていました。さらには黒魔術の生贄としても。ということで今日は天気回復を黒魔術にもすがる気持ちで聴くことにしましょう。
さて、「山羊の頭のスープ」のジャケット、誰もが一度は目にしたことがあるでしょうが、実におどろおどろしい。レコード棚から悪霊が出てくるのではないかと思うほど。
 ライナーノーツは星加ルミ子が書いています。なんとも退屈な解説で、レコーディングに1週間通ったことを自慢し、レコーディングにかかわったミュージシャンの名前を羅列しているだけ。そこでネット検索で山羊の頭のスープを。
 なんとすでに私が度々訪問するSNAKEさんがたくさんの写真と詳しい解説をされているではないですか。 参照*http://skenrock.blog10.fc2.com/blog-entry-80.html
 人気のある楽曲やグループはすでにほかの人が取り上げている。二番煎じになるところが難しいのです。

 ヒット数も少ないささやかな私のブログ、誰も読まないから言いますが、批評を生業とする「星加ルミ子」の解説などより、二番煎じでも素直なコメントを書くど素人の(失礼)皆さんのブログのほうが数倍面白い。声を大にして主張したいのです、誰も聞いていないでしょうけど。

SNAKEさんのブログによるとジャケットのデザインはミックジャガーの友人が担当したとのこと。

で、私ができること。
大変不純な動機で申し訳ないのですが、「残りの黄金週間晴天祈願」の意味を込めて今夜はボリュウムを挙げて聴きなおすこと。


こちらはU-チューブ。ストーンズはいつもと変わらず、黒魔術からは遠い感じで、晴天祈願は無理かなあ?


こちらはU-チューブ「山羊の頭のスープ 」から「ドゥー・ドゥー・ドゥー」
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。