スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーム『Disraeli Gears』463目。

クリーム 
 アナログLP盤  クリーム『Disraeli Gears』。

レーベル :Polydol  発売元  ポリドールレコード株式会社
発売年 1967
定価 不明

A面
1. Strange Brew
2. Sunshine Of Your Love
3. World Of Pain
4. Dance The Night Away
5. Blue Condition
B面
1. Tales Of Brave Ulysses
2. Swlabr
3. We're Going Wrong
4 Outside Woman Blues
5 Take It Back
6. Mother's Lament

アナログ盤ドーナツ盤アルバム、『ディスラエリ・ギアーズ』はクリームをスーパーグループにした不朽の名曲。

今日はその中からA面 1 Strange Brew を聴きました。

名曲ぞろいのアルバムですが、
特筆すべきはそのデザイン。
ごらんのとおり、
コテコテのサイケデリック。40年を経ても新鮮です。

数々あるクリームの伝説。
そして神格化されたといっても過言ではないクリーム。

1967年と言えばサイケデリック・ロックが全盛でした。
クリームが他の
サイケデリック・ロックグループとは一線を画する理由がこのアルバムに
盛り込まれている。
と、断言できるのです。

Youtube で 『Strange Brew』を聴き、
確認してください。


スポンサーサイト

バド・パウェル『クレオパトラの夢』463枚目アナログドーナツ盤。

バド パウエル クレオパトラの夢
463枚目アナログドーナツ盤  バド・パウェル『クレオパトラの夢』。

レーベル :BLUE NOTE  発売元  東芝音楽工業株式会社
発売年 不明
定価 不明


アナログ盤ドーナツ盤 バド・パウェル『クレオパトラの夢』を聴き直しました。

リサイクルショップのジャンク品コーナーで見つけました。

『BLUE NOTE』レーベルのドーナツ盤があるなんて。

驚きました。

ナンバーはNP-2009.
LP-4009 とありますので、LP盤からのシングルカットと思われます。

それにしても、
アナログレコード文化の奥深さを知りました。
ジャケットやライナーがなく、いつ発売されたかは不明ですが、
1960年代中半と推測できます。

これまで紹介した、
昭和歌謡のシュールでアナクロな部分を受け入れ、
世界を一世風靡したビートルズほかの1960年代ロックで隆盛を極め、
さらにはジャズの分野でも多種多様な試みをした
1960年代のアナログレコード。

極めつけが
まさかの バド・パウエル ドーナツ盤なのです。

これだから、アナログ消滅を前にアナログ探索の旅(ちょっとオーバーか)を止めれないのです。

何にも表記されていませんが、ドラムがマックスローチ、ベースはカーリー・ラッセルと思われます。
さて、『クレオパトラの夢』。
村上 龍のテレビ番組のテーマ曲と言えばわかりやすいでしょうか。

Youtube でお確かめください。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログLP盤  ビーチ・ボーイズ『リトル・デュース・クーペ』462枚目。

ビーチボーイズ いかしたクーペ
 ビーチ・ボーイズ『リトル・デュース・クーペ』。
レーベル :Capitol  発売元  東芝音楽工業株式会社
発売年 1964(3?)年
定価 不明


アナログLP盤 ビーチ・ボーイズ『リトル・デュース・クーペ』を聴き直しました。

1960年前半はビーチ・ボーイズ全盛時。
サーフィンからホット・ロッドへの転換です。
1. Side1
1いかしたクーペ - Little Deuce Coupe (Brian Wilson/Roger Christian) 1:38
2. バラード・オブ・オール・ベッツィ - Ballad Of Ole' Betsy (Brian Wilson/Roger Christian) 2:15
3. ビー・トゥルー・トゥ・ユア・スクール - Be True To Your School (Brian Wilson/ Mike Love) 2:06
4. カー・クレイジー・キューティ - Car Crazy Cutie (Brian Wilson/Roger Christian) 2:47
5. チェリー・チェリー・クーペ - Cherry, Cherry Coupe (Brian Wilson/Roger Christian) 1:47
6. 409 - 409 (Brian Wilson/Mike Love/ Gary Usher) 1:58
Side 2
1シャット・ダウン - Shut Down (Brian Wilson/Roger Christian) 1:48
2スピリット・オブ・アメリカ - Spirit Of America (Brian Wilson/Roger Christian) 2:23
3僕等のカークラブ - Our Car Club (Brian Wilson/Mike Love) 2:21
4ノー・ゴー・ショーボート - No-Go Showboat (Brian Wilson/Roger Christian) 1:54
5ア・ヤング・マン・イズ・ゴーン - A Young Man Is Gone (Bobby Troup) 2:15
6カスタム・マシーン - Custom Machine (Brian Wilson/Mike Love) 1:38



全編が車・車・車。
現在の車社会、とりわけアメリカの自動車産業を見れば、
時代が大きく変わったことを認識できる社会派ともとれるアルバム。

なんといってもジャケットが1932年型フォード・モデルBというアメリカ自動車産業のシンボルともいえる車ですから。

という私も、1970年代前半、日産 チェリー・クーペを所持していました。
したがって、
就職してから古本屋のレコードコーナーで見つけたこのレコードに
自分の所有する車のタイトル曲があったのに感動したものです。

さて、12曲の大半がブライアン・ウイルソンの曲、今や獄中にあるフィル・スペクターの手腕で絶頂時を迎えたのです。

『リトル・デュース・クーペ』をyoutube でお聴きください。
他の楽曲はあまりありません。チェリー・クーペも。


テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログレコード 操作法について。

461回目 アナログレコード 操作法について。

機種:パイオニア PL-70LⅡ 発売年 1981年
KENWOOD P-100(盤にキズが多いレコードはこちらで聴く)
参考品 アンプ : KENWOOD L-A1

CDプレイヤー : DENON DCD-S10
   SONY X555ES (結果的にはCDを聴くことが多い。その理由ー手間がかか                         らない。)


◎ アナログレコードについて勝手気ままに書いてきましたが、
   ふと心配なことがあります。

   それはデジタルステレオと有料音楽配信におされて、
   アナログが消滅してしまうのではないか。
   そこで今夜はアナログレコード 操作法について触れたいと考えます。



操作法 その1  ふたを開ける
操作法 1


その2 アナログ盤をのせる 
操作法2


その3 アームをセットする 
操作法3

その4 ターンテーブルを回す 
回す



その5 針を落とす 
操作法4
 その6 曲目終了後ターンテーブルを戻す

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログドーナツ盤  竹越 ひろ子『赤い皮ジャン』460枚目。

竹越 ひろ子『赤い皮ジャン』竹越 ひろ子 赤い皮じゃん

レーベル :KING  発売元  キングレコード株式会社
発売年 1966
定価 330円
B面 細い体が折れるまで

アナログドーナツ盤 竹越 ひろ子『赤い皮ジャン』を聴き直しました。

日本経済新聞によるとあと5年後もするとCDの売り上げと
有料音楽配信の売り上げが半々になるそうです。

音楽配信はCD制作の5分の1の制作費ですむそうですから、
音楽産業は今の体制で行くと大変なことになりそうです。

で、ターゲットになるのが40代以上の中高年世代。
音楽が真に好きなこの世代をまだまだ掘り起こせると音楽産業は
見ているわけです。

多分、今年のビートルズ・リマスター盤の売り上げの大半が40代以上の
世代だったのではないでしょうか。

ですから今後も過去のミュージシャンのBoxセット発売が
続きますよ。

だが、私はその手にはのりません。
音楽産業界の魂胆が見え見えですから。

ま、正直、お金がなくて買えないだけなのですが。

で、突然 竹越 ひろ子『赤い皮ジャン』。
ジャケットはなめし皮ならず、スエードの赤いジャンパー姿、竹越 ひろ子。
スタイリストは皮ジャンを赤く染めなおすくらいの気概ほしかったです。

竹越 ひろ子
歌はうまい。
でも歌詞が、ちょっと。
一、
♪ 赤い皮ジャン 風きる肩に
 生れ昭和の 血潮が通う
 女だてらに 切るたんかナンセ
 野暮な野郎が  シャクな野郎が
             多すぎる ♪

つまり、私が言いたいのは 間投詞というのですか、
 チョットとナンセの2語。
さらに言わせていただくと 『シャクな野郎』という語彙が
1960年代に一般的であったか、
深く追求すると
どの業界用語にもなかったのではないか。

その点、当時のキングレコード担当者はどう内部処理したかが
気になる一枚なのです。

皆さんは Youtube でご確認ください。
大変失礼しました。
youtube を捜しましたが、ありませんでした。
ね、ネット配信もまだまだ不備なのです。この時点では
アナログが勝っているのです。



テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログドーナツ盤  青山 ミチ『俺のブルース』 459枚目。

青山 ミチ 俺のブルース

459枚目アナログドーナツ盤  青山 ミチ『俺のブルース』。
レーベル :CROWN  発売元  クラウンレコード
発売年 1968年
定価 330円
B面 恋の芽ばえ

アナログドーナツ盤青山 ミチ『俺のブルース』を聴き直しました。

今朝の新聞にCDの売れ行き不振について載っていました。
音楽配信部門が売れてCDが売れない。

ビートルズ・リマスターCDが今年、音楽産業界最大の話題になり、
ベンチャーズやビージーズのリマスター盤が矢継ぎ早に売られる。

東芝EMIの前社長がビクターに移籍。等々。

音楽産業界は売り上げのテコ入れにやっきとなっているようです。

現在の状況から振り返ると不思議な時代があった。
私の個人的な偏見にすぎませんが。

昨日紹介した、『困るのこと ヨ』
そして今日、紹介する
青山 ミチ『俺のブルース』。の1960年代。
   
南 ひかる作詩
倉若晴生作曲
一 ♪ 女嫌いの この俺が
 あんな女に なぜ惚れた
 だらしないぜと つぶやけば
 やけに淋しい 夜の街
 やけに淋しい 夜の街 ♪

二 ♪ 好きを嫌いと いうなんて
  無理をするなよ やせがまん
  たかが一人の 女だぜ
  あたってくだけりや もともとさ
  あたってくだけりや もともとさ

女性が男性の気持ちになって男心を歌う。

知る人ぞ知る、青山 ミチは初めポップス・シンガーだったのです。
それがいつのまにド演歌を。
しかも、冷静に考えるとなぜか倒錯した世界を歌う。

前回も触れましたが、1960年代中期から後期にかけても
ビートルズ・ローリング・ストンーズを中心にロックが全盛でした。

そんな中で
あえてポップス歌手にド演歌を歌わせる
レコード会社のコンセプトとは何だったのでしょうか。

洋楽に対抗するにはアナーキーとも思われるタイトルでせまる
レコード会社の担当者の戦略とは何だったのでしょう。
そんな
どうでもいいことを考えながら聴いてみました。


さて、さすがの youtube にも 青山 ミチ 『俺のブルース』はありませんでした、

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログドーナツ盤 都 はるみ『困るのことヨ』458枚目。

都 はるみ
 

レーベル :COLUMBIA  発売元  日本コロンビア株式会社
発売年 1964年
定価 300円
B面 十円ぽっちでごめんなさい

アナログドーナツ盤  都 はるみ『困るのことヨ』を聴き直しました。


西沢 爽作詩  遠勝 実作曲
 流行歌 困 る の こ と ヨ
           都    は る み
            

甘い言葉と 知りながら
  うれし涙が ポーロポロ
    なんとかしてしてよ
    ネエ 娘ごころの この涙
    あなたが とめなきゃ
      チョイト とまらない
  アラ 私だって だって
      困るのこと  ヨ

あまりにもシュールで鮮烈なタイトルに
惹かれ、針を落としましたが、
コテコテの演歌。

そんなに魅力はありません。

ただただ、なぜこのようなタイトルにしたのか
それが不思議なのです。

1964年、そうです。
東京オリンピックの年。洋楽界はビートルズを筆頭に欧米からロックやポップスが
雪崩のように日本におしよせていました。

の時に『困るのこと ヨ』とは
当時の国語審議会で問題にならなかったのでしょうか。

この日本語。

さすがのyoutube にもありませんでした。 都 はるみ『困るのことヨ』

アナログLP盤 『アメリカン・スーパー・オリジナル・ヒッツ』からテレサ・ブリューワー『フラフープ・ソング』。457枚目


457枚目アナログLP盤 『アメリカン・スーパー・オリジナル・ヒッツ』から
テレサ・ブリューワー『フラフープ・ソング』。

teresa brewer hulahuoop song
レーベル : MCA  発売元  ビクター音楽産業株式会社
発売年 不明
定価 2500円

アナログLP盤 『アメリカン・スーパー・オリジナル・ヒッツ』から
テレサ・ブリューワー『フラフープ・ソング』を聴き直しました。

和製ポップスをご紹介した後はアメリカンポップス。

何枚かあるオールデイズのオムニバスからテレサ・ブリューワー『フラフープ・ソング』を。

オールデイズものは各社競演です。
似たようなジャケット、似たような曲目。
じっくり見ると、発売年が違うのです。

流行は繰り返す、というより各社が戦略的に流行を作った感があります。
楽曲はすべてフィフティーズ・シクスティーズ。

それを何度かリ・イシューして夢よもう一度と狙うのですね。

馬鹿な消費者の代表である私はまんまとレコード会社の戦略にのり、
オールデイズを買いました。レコードもテープもCDも。
買った年は違えど、中身は大差がない。
そりゃそうです。同じものを容器だけ変えているのですから。

で、
今回、じっくり見直したらテレサ・ブリューワーの『フラフープ・ソング』が
ありました。
A面の8曲目に。
聴いたおぼえがない。

つまり、途中でプレイヤーのアームをあげて最後まで聴いてなかったのです。

ということで、
フラフープをご存じの中高年のみなさんでも、
テレサ・ブリューワーは知らないでしょう。

たぶんyoutube にないと思って探したら、
あったのです。
アメリカ中、老若男女、多色のフラフープを
楽しんでいる単純な内容の楽曲。でもさすが日本では歌われなかったようです。


この歌を知っている方は相当のアメリカンポップス・ファンでしょう。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログドーナツ盤 エミー・ジャクソン『恋のエンジェル・フィッシュ』456枚目

恋のエンジェルフィッシュ

456枚目アナログドーナツ盤 エミー・ジャクソン『恋のエンジェル・フィッシュ』を聴き直しました。
レーベル : CBS  発売元  日本コロムビア株式会社
制作年 1966年
定価 370円
B面 さよならを言わないで

アナログ盤ドーナツ盤 エミー・ジャクソン『恋のエンジェル・フィッシュ』を聴き直しました。

バックはジャッキー吉川とブルーコメッツ。
作曲が中島安敏。作詞者は書いてません。


で、この楽曲は完全にハーブ・アルパートとティファナ・ブラスのテイスト満載。
トランペットの使い方、ベース・ライン、ドラムのドンドンドンとエンディングはまさしく、『テイストオブ・ハニー』なのです。
ただし、故井上 大輔(当時は忠夫)のテナーサックスがからみます。

英詞もシンプル。中学生英語。
単純すぎてせっかくのエミー・ジャクソン、
英語力を発揮できないまま、あっというまに曲が終るのがもったいない。


B面『さよならを言わないで』は前回同様にバラード。
ちょっとフルートがからむ以外は前回の曲つくりとまったく同じなのです。

和製ポップスの先駆者であることは認めます。
今となっては遅いのですが、もう少し、曲つくりに工夫がほしかったと思うのです。


Youtube にこの楽曲があるでしょうか、あればこの下線部の文字が
色変わりしています。なければ変わっていません。色変わりしていれば
クリックしてご確認を。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログドーナツ盤 エミー・ジャクソン『涙のゴーゴー』455枚目

エミジャクソン 涙ゴーゴー

455枚目アナログドーナツ盤 エミー・ジャクソン『涙のゴーゴー』を聴き直しました。

レーベル : CBS  発売元  日本コロムビア株式会社
制作年 1966年
定価 370円
B面 せつなくやるせない

アナログ盤ドーナツ盤 エミー・ジャクソン『涙のゴーゴー』を聴き直しました。

ラジオ関東『グランド・ヒット・パレード』の、DJエミー・ジャクソンはイギリス人を祖父に持つ元祖バイリンギャル。

洋楽オンリーのポップス界に和製ポップスで切り込んだ日本コロムビア。
エミー・ジャクソン『涙のゴーゴー』のバックをスマシュメンからジャッキー吉川とブルーコメッツに変えました。

で、この曲も前回、前々回にご紹介した故井上 大輔(当時は忠夫)サウンド。

導入はブルーコメッツのコーラスから入ります。
エレキギターが入り、井上のテナーサックスをフィーチャリング。
作詞が湯川 れい子。作曲が中島安敏。
今回はライナー ジャケットに明記されています。

リズム・テンポよくエミー・ジャクソン歌います。
しかし、『涙の太陽』に比べるとインパクトに欠けます。
何より英語の歌詞が単純すぎてせっかくのエミー・ジャクソン、
英語力を発揮できないまま、あっというまに曲が終わってしまうのです。

B面『せつなくやるせない』はバラード。
コニーフランシスの線を狙ったのでしょうが、昭和歌謡と言ったほうが
無難でしょうか。

Youtube にこの楽曲があるでしょうか、あればこの下線部の文字が
色変わりしています。なければ変わっていません。色変わりしていれば
クリックしてご確認を。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログドーナツ盤 エミー・ジャクソン『涙の太陽』454枚目

エミ ジャクソン 涙の太陽

454枚目アナログドーナツ盤 エミー・ジャクソン『涙の太陽』を聴き直しました。

レーベル : CBS  発売元  日本コロムビア株式会社
制作年 1965年
定価 370円
B面 とどかぬ想い

アナログ盤ドーナツ盤 エミー・ジャクソン『涙の太陽』を聴き直しました。

中高年であればだれでも知っている『和製ポップス』の元祖、エミー・ジャクソン。
今回初めて知ったのですが、エミー・ジャクソンは
ラジオ関東のヒット・パレード番組の、英語日本語を駆使するDJでした。

元祖バイリンギャル?でもあったのです。

70万枚も売れたというこの曲、バックがスマシュメン。
聞いたことのないグループです。
そのスマッシュメンのベンチャーズをコピーしたような演奏と
コーラス。

ブルーコメッツの初期のような感じです。
『テケテケ』、『ジャーン』や『チャリーン』ありです。

天下のCBS、といってもまだソニー傘下の前のCBSが、あろうことか、
作詞・作曲者名を書いてないのです。

で、後ほどわかるのですが、
作詞が湯川 れい子。ホットリバースと英語名をつけていたのです。
作曲が中島安敏。

それまで、洋楽をコピーしただけのポップスを聴いていた当時の若者に、
新鮮にうつりました。
で、『和製ポップス』というカテゴリーができあがったのです。

Youtube のエミー・ジャクソン『涙の太陽』

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログドーナツ盤 尾藤 イサオ『悲しき願い』453枚目

尾藤イサオ 悲しき願い

453枚目アナログドーナツ盤 (赤盤)尾藤 イサオ『悲しき願い』を聴き直しました。
レーベル : Odeon  発売元  東芝音楽工業株式会社
制作年 不明(たぶん1965年)
定価 330円
B面 シンキング・オブ・ユー・ベイビー

アナログLP盤 尾藤 イサオ『悲しき願い』を聴き直しました。

ジ・アニマルズ『悲しき願い』に比べるとテンポが速い。
演奏時間はわずか2分と8秒。
ジ・アニマルズ『悲しき願い』の黒盤に対し、こちらは赤盤。
個人的には赤盤が好きです。
音の質は変わりませんが。

プレイスタイルが違います。
編曲の故 井上大輔 、当時は井上 忠夫カラーが全編に網羅されています。
井上のサックスとブルーコメッツのエレキギター部分、
ブルー・シャトウの『ジャーン』や『チャリーン』が導入されます。

 エリック・バードンの粘着質のボーカルに対し、尾藤 イサオは軽いハスキー。
テンポよく歌います。

尾藤 イサオ『悲しき願い』も実にアナログ・ドーナツ盤が似合います。
チリチリ音が気になりません。
2分8秒ごとにプレイヤーのアームを動かさなければなりません。
苦になりません。

年齢を重ねても体型の変化なく、いつまでも若々しかった尾藤 イサオさんが
最近テレビに出ませんね。

なんでも大病をなさったとか聞いております。

また、youtube の尾藤 イサオ『悲しき願い』のように
元気に歌ってほしいものです。

アナログドーナツ盤 ジ・アニマルズ『悲しき願い』452枚目

the animals dont let me be misunderstood


452枚目アナログドーナツ盤 ジ・アニマルズ『悲しき願い』を聴き直しました。
レーベル : Odeon  発売元  東芝音楽工業株式会社
制作年 不明
定価 不明
B面 クラブ・ア・ゴーゴー

アナログLP盤 ジ・アニマルズ『悲しき願い』を聴き直しました。

久しぶりのアナログレコード鑑賞ということで
段ボールからジ・アニマルズ『悲しき願い』を引っ張り出しました。

旅行中はデジタルステレオの恩恵にあずかりました。
iPodはないものの、2台のソニー・ウオークマンが活躍したのです。

音楽を聴くというより、周囲の雑音を遮断してくれるアイテムといったほうが正しい。
音楽と適度な乗り物の揺れでまたたくまに夢の世界へ。
夜は隣人のいびきから解放される。軽いのがいい。

3~4年前に3万円もしたものが今や改良されて1万円前後で買えるのですね。
容量も大きくなっている。

しかし、久しぶりに聴くアナログもなかなかいいのです。
なぜかホッとするのです。
ドーナツ盤にいたっては1曲ごとに作業する面倒くささはありますが。
ということでジャケットがどこかにいってしまったジ・アニマルズ『悲しき願い』、
エリック・バードンの粘着質のボーカルがノイズを消し飛ばします。

Youtube のジ・アニマルズ『悲しき願い』

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

451枚目アナログドーナツ盤 森繁久彌『しれとこ旅情』

森繁久弥 しれとこ
451枚目アナログドーナツ盤 森繁久彌『しれとこ旅情』を聴き直しました。
レーベル : COLUMBIA  発売元  日本コロムビア株式会社
制作年 1965年
定価 400円
B面 旅がらす

小旅行をしてきました。
気がつくと、早くも11月の末です。

旅行に持参したのはデジタルウオークマン。便利です。充電はホテルのパソコンから。
バスの車窓から音楽を聴いてると、自然に眠くなるのです。
ふだん昼寝などしたことのない私、デジタルウオークマンの別な用途を知りました。

ということで、
久しぶりにレコードに針を落とします。

つい先日亡くなった森繁久彌の『しれとこ旅情』です。作詞が森繁久彌自身、作曲が
山本直純。

気がついたことがひとつ。タイトルが『知床旅情』ではなく、
『しれとこ旅情』なのです。
加藤登紀子やシュリークスは『知床旅情』だったはず。

いきなり尺八から始まり、バラライカでしょうか、マンドリンでしょうか、
弦楽器がからみます。
森繁久彌の発音がやや不正確なのと、わざとでしょうか、微妙にテンポをずらした
歌い方が気になります。

確かミリオンセラーだったはず。

Youtube の『しれとこ旅情』

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログドーナツ盤(赤盤) 加山雄三『小さな旅』450枚目

加山雄三 小さな旅
450枚目アナログドーナツ盤(赤盤) 加山雄三『小さな旅』を聴き直しました。
レーベル : Toshiba  発売元  東芝音楽工業株式会社
制作年 1966年
定価 330円
B面 霧雨の舗道
赤盤の加山雄三『小さな旅』のジャケットに見覚えありませんか?

そうです。
渥美清ふんする『フーテンの寅さん』。

イエ、加山雄三がマネをしたのではなく、
『寅さん』が加山雄三『小さな旅』をマネたのです。

♪ トランクさげて旅に出よう
  心に風が吹くからさ
  背広を肩に旅に出よう
  街には夢がないからさ ♪

  カンカンかぶって 旅に出よう
  星がふりそな夜だから
  山越え 野越え 旅に出よう
  僕のシグナル 青ばかり ♪

加山雄三『小さな旅』は1966年発売。
『フーテンの寅さん』はフジテレビで1969年にテレビドラマとして放映されまし。
4年の時間差。

その間、松竹制作部は構想を練り
トランクをひっさげ、背広を肩にかけ、カンカン帽子(あ、お若い方、カンカン帽子ってわかります?加山雄三がかぶっているこれです。石原裕次郎も小林 旭も赤木圭一郎も
かぶりましたヨ。)のファッションが誕生したのです。

ただ、そのままパクっちゃ著作権に触れるので、
白ワイシャツをダボシャツ腹巻に、スリッポンを雪駄に、
パナマ帽を例の帽子に変え、
20世紀日本映画の大ヒット長寿シリーズとなったのです。

その出発点がこの加山雄三『小さな旅』だという
私の勝手な推測であります。

で、歌はどうかって?

個人的には歌よりジャケットが好きです。

youtube で歌を確認しましょう。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログドーナツ盤(赤盤) 加山雄三『君といつまでも』449枚目。

加山雄三 君といつまでも
レーベル : Toshiba  発売元  東芝音楽工業株式会社
制作年 不明
定価 不明
B面 夜空の星
赤盤の加山雄三『君といつまでも』。
妻の実家にあったもの。
妻が高校時代にすりきれるほど聴きました。

チリチリ音が混じり高音部が割れます。
ジャケットもありません。
ほかにも加山雄三のドーナツ盤がありますが、
すべて赤盤ではなく、黒盤もあるのです。

当時の東芝音楽工業は同じミュージシャンになぜ
赤盤・黒盤の両方を用意したのでしょう。

すべて赤盤で押し通し、他社との差別化をはかるべきだったと考えるのは
素人考えでしょうか。

そのへんの事情に詳しい方のコメントをお待ちしております。

さて、
映画『エレキの若大将』の主題歌だった『君といつまでも』。
今聴きなおすとむしろ
B面の『夜空の星』のほうがノリよく、『エレキの若大将』のテーマにぴったりきます。


Youtubeの『君といつまでも』
これも相当ヒットされています。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログLP盤(赤盤) ナット・キング・コール『ナット・キング・コール デラックッス』448枚目

nat king coll
448枚目アナログLP盤(赤盤) ナット・キング・コール『ナット・キング・コール デラックッス』を聴き直しました。
レーベル : Capitol  発売元  東芝音楽工業株式会社
制作年 不明
定価 2000円
Sidel
1. ラ ヴ
    Love
2. モ ア
    More
3. オールナイトで踊れたら
  I Could Have Danced AllNight
4. アンフォゲタブル
   Unforgettable
5・ フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
  Fly Me To The Moon
6. マリア・工レナ
    Maria Elena
7.恋人よ、われに帰れ
   Lover Come Back To Me
8.過ぎし日の恋
   An Affair To Remember
Side2
1. 世界一周
    Around The World
2. イバネマの娘
   The Girl From Ianema
3. 月光価千金
   Get Out And Get Under The Moon
4. 悲恋のワノレツ
  I Don’t Want To Be Hurt Anymore
5. キャラバン
   Caravan
6.ユー・アー・マイ・サンシャイン
   You Are My Sunshine
7. 暑い夏をふっとばせ
   Those Lazy・Hazyr
8. ローマよ、さようなら

アナログLP盤 ナット・キング・コール『ナット・キング・コール デラックッス』から1曲選べと言われたら困ってしまいます。
なぜなら、どれも名曲だからです。

ニール・セダカにひき続き1960年代を代表するシンガー、ナット・キング・コール。
ジャズからポップスに移り、人気を不動のものにしました。

低い声、渋い声がほしいと毎日『クール』という煙草を3箱吸ったそうです。
その結果、48歳で肺がんで亡くなりました。

歌手生活20年でレコードをSP盤から含めると1000枚近く出しました。
すごい数です。

上記のようにほとんどが名の知れた曲ばかりです。
 高い音よし、低い声またよし、ちょっとしわがれたところがセクシー。
世界中のファンを魅了しました。

迷いに迷ってyoutube
から Fly Me To The Moonを選びました。

アナログLP盤 ニール・セダカ『オー・キャロル』447枚目

neil sedaka
448枚目アナログLP盤 ニール・セダカ『オー・キャロル』を聴き直しました。
レーベル : RCA  発売元  日本ビクター株式会社
制作年 不明

Side 1
1. 可愛いあの娘
2. 恋の片道切符
3. おお!キャロル
4. カレンダー・ガール
5. 恋の一番列車 
6. 悲しきクラウン 
7. 星へのきざはし 
8. 小さい悪魔

Side 2

1. 恋の日記
2. すてきな16才  
3. 小さい悪魔  
4. 悲しき慕情  
5. 間抜けなキューピット 
6. きみこそすべて
7. 涙の小径
アナログLP盤 ニール・セダカ『ニール・セダカ グランプリ アルバム』から
『オー・キャロル』を聴き直しました。
ニール・セダカ『オー・キャロル』は中学生の頃から知っていました。
でも、『オー・キャロル』のキャロルとはキャロル・キングのことだとは。
放置レコードから教わりました。
1950年代後半、キャロル・キングはニール・セダカのガールフレンドだったのです。
知りませんでした!!
何度も訴えます。音楽の奥は深いと。

人と人との関係も深いと。

ポール・アンカとともに『シンガー・ソングライター』というカテゴリーが
まだ、なかった時代からアメリカン・ポップスを支えていたニール・セダカ。
それだけではありません。
1960年代前半の日本の音楽界に多大な影響を与えました。
日本のポップスシンガーたちはこの二人のカバー曲を
歌って一時代を築いたのです。

そして、ニールセダカは一時期ビートルズ旋風に吹き飛ばされながらもしぶとく生き残ったのです。

付け加えますが、このLP盤もCD化されなかったようです。

youtube の 『おお!キャロル』

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログLP盤 アルバート・ハモンド『Somewhere In America』446枚目。

albert hamond


レーベル : CBS  発売元  CBS SONY株式会社
制作年 1982年

Side A
1.The light at the end of the line
2.Sweet defector
3.Rendezvous
4.Shoot 'em up, shoot 'em down
5.Hero on parade
Side B
1.Oh, what a time
2.Before you change the world
3.The right time
4.Doe was the loving kind
5.Somewhere in America


アナログLP盤 アルバート・ハモンド『Somewhere In America』を聴き直しました。

1972年の冬、カリフォルニアは連日冷たい雨が降っていました。
そこである放送局のDJが天気予報のバックに流したのが『カリフォルニアの青い空』。
お天気祈願をこめたのです。
それが爆発的にヒットしたのです。

というエピソードがLP盤アルバート・ハモンド『Somewhere In America』のライナージャケットに書かれている。
何がきっかけになるかはわからないものですね。

大ヒットから10年後に発売したアルバート・ハモンド『Somewhere In America』
の担当者( CBS SONY )は腰がひけている。
過去の実績にしばられ、このアルバムを絶対に売るぞという気構えが感じられないのです。

なんて、ど素人が勝手に解説できるのがブログの良いところ。
20年も前のことですから、誰も文句いわないでショ。

ということで、のんびりLP盤アルバート・ハモンド『Somewhere In America』を聞きながら調べて驚きました。

『カリフォルニアの青い空』1曲で終わった一発屋と思いきや、
アルバート・ハモンド、
1980年代、1990年代の活躍はすさまじいものがありました。

70年代はアート・ガーファンクル、オリビア・ニュートンジョン、レオ・セイヤー に楽曲を提供したまではふつうのコンポーザー。
ところが80年代に入り、
フリオ・イグレシアス、ウィリー・ネルソン 、エア・サプライ、ジェファーソン・ スターシップ、ディオンヌ・ワーウィック、ホイットニー・ヒューストン 、ボニー・タイラー、ティナ・ターナーへ楽曲を提供し、それがことごとくヒット作となりました。

そして90年代もティナ・ターナー、アレサ・フランクリン、ホイットニー・ヒューストンの
ヒット曲を連発するのです。

いやー音楽って奥が深いものですね。
こんな事実を発見できるのですから。

残念ながらyoutubeにはこのアルバムの楽曲がありませんでした。
ちがうサイトでみつけました。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログLP盤 『創業20周年記念 東芝EMI株式会社』を聴き直しました。

東芝


東芝EMI 


446枚目アナログLP盤 『創業20周年記念 東芝EMI株式会社』を聴き直しました。
レーベル : EMI  発売元  東芝EMI株式会社
制作年 1975年

『文化の日』に際して何か特別なプレゼンをと思ったのですが。
何も思いつきません。
そこで、アナログLP盤二枚組『創業20周年記念 東芝EMI株式会社』をご紹介します。

今年の音楽界で大きな話題を呼んだビートルズ・リマスターCDの発売元 EMIジャパンの元の社名です。

リサイクルショップで見つけました。
邦楽20曲、洋楽17曲が入っています。

解説は星加 ルミ子、曲数が多すぎて紹介するにはページが足りません。

従って、多くの楽曲の中から今日は エルトン・ジョンの『イエス・イッツ・ミー』を。

東京芝浦電気株式会社が昭和30年からレコード発売を開始、昭和35年にレコード会社を独立させる。年表には書いていませんが、
それが東芝音楽工業でしょう。

残念なのはビートルズやベンチャーズでレコードを売りまくった1960年代の
東芝音楽工業の年表がすっぽりぬけて、1970年からの年表しかありません。

挿入曲も1970年から75年までのもの。

15周年記念もやったそうですから、たぶんそこに含まれているのでしょう。
星加 ルミ子編集長もやや物足りなさそうです。

それにしても当時のレコード会社はすごかった。
たかが(失礼)、会社の周年行事に二枚組アルバムを非売品として作るのですから。
社長あいさつ、EMIグループ、Capitol レコードのエグゼクティブチーフが
メッセジをよこす。『日本は偉大なマーケットうんぬん。』
英語力ないもので、すいません。

心なしか、エルトン・ジョンの『イエス・イッツ・ミー』の音質が
会社創立20周年の勢いをかりて
いつもより良く聞こえるのは私の耳のせいでしょうか。

イエス・イッツ・ミー』はふつうの音質です。">Youtube の『イエス・イッツ・ミー』はふつうの音質です。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログLP盤 フィービー・スノウ『Rock Away』を聴き直しました。445枚目

foebe snow
レーベル : MIRAGE  発売元  WARNER COMMUNICATIONS
制作年 1981年
定価不明

Side A
1 Cheap Thrills 2 Baby Please 3 Gasoline Alley 4 Rock Away 5 Mercy, Mercy, Mercy
Side B 
1Games 2 Down in the basement 3 Shoo-Rah Shoo-Rah 4 Something good 5 I believe In You

シンガーソングライター特集。

フィービー・スノウ『Rock Away』は輸入盤、アマゾンを調べた限りではCD盤として再発売された形跡がありません。

放置レコードとしてほとんど聴いたことがなかったこの
LP盤『Rock Away』の 4曲目『Rock Away』にしびれました。

日本ではあまり人気がなかったフィービー・スノウは
1970年代のシンガーソングライターブームの中で
特にアメリカで人気がありました。
ビルボードの上位をにぎわしたようです。

ファンの方には申し訳ありませんが、
フィービー・スノウってこんなに良かった?

よる年波がそうさせるのか、
現代の音楽についていけず、回顧主義に陥っているのか、
晩秋の夜に聴くと、実にいいのです。
低音部も高音部も心に沁みます。特にファルセットがアコースティックといおうか
アンプラーグドといおうか、それにマッチするのです。

が、欲しいものがすぐに手に入る音楽のコンビニ、
Youtube には残念ながら『Rock Away』がありません。
他の曲でフィービー・スノウの魅力を確認してほしいものです。

それにしても、崖っぷちのロッキングチェアに座りちいさなギターをつまびくフィービー・スノウのこのLP盤のジャケットは
何を物語っているのでしょうか。

日本語のライナーもなく歌詞カード一枚の不親切な輸入盤から、
英語力不足の私には意味を読み取ることができません。

とにかくカバー曲も含めて全曲がいいのです。

Yutube から『ポエトリーマン』をお聞きください


テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

 ポール・アンカ『ダイアナ』と『クレイジー・ラブ』ドーナツ盤443枚目

ポール アンカ

443枚目 ポール・アンカ『ダイアナ』と『クレイジー・ラブ』を聴き直しました。
レーベル : RCA  発売元  ビクター音楽産業株式会社
制作年 1972年
定価500円
Side A 『ダイアナ』
Side B 『クレイジー・ラブ』

シンガーソングライター特集。

今夜はポール・アンカです。

忘れもしません。私、中学2年生。
英語の教科書は『Jack & Betty』.
出版社は大修館、東京書籍のどちらかだったはず。
今晩は日本シリーズ第2戦の後で疲れているので調べる気もしません。

とまれ、たどたどしくも英語力ない私、
レコードプレイヤーでこの曲を聴きました。
かなりでたらめな英語で必死にリピーティングしました。

残念ながらその当時のドーナツ盤ではありません。
1972年に再発売されたもの。
驚いたのは今夜日焼けしたレコードジャケットを読んで知ったこと。
なんと、ポール・アンカは15歳で『ダイアナ』を書いたのです。

カナダのオタワに巡業(坂口紀三和という方がこう書いています。巡業ですよ!!
大相撲か?)に来た
ファッツ・ドミノに直訴し、その後N・Yへ行ってデビューした。

15歳のカナダの少年が“ ♪ I’m so young and You are so old. 君は僕より年上と ♪”
というマセた曲を書き、” I still know it's a crazy love "と続けてヒット。
恐ろしい!!

で、『ダイアナ』は900万枚売れたのです。
しかも、全米ヒットチャート13週連続1位という快挙です。

youtube のポールアンカ『ダイアナ』は1957年のもの。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。