スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

231枚目   ボブ・ディラン Bob Dylan 追憶のハイウエー61 Highway 61 Revised 

bob dylan highway 61
231枚目   ボブ・ディラン Bob Dylan 追憶のハイウエー61 Highway 61 Revised 

レーベル : CBS SONY 発売元 CBS ソニー 株式会社 1973
年 ?

定価 2100円 

アナログ・LP盤 ボブ・ディラン Bob Dylan 追憶のハイウエー61 Highway 61 Revised を聴き直しました。

ザ・バンドを聴いたところで、
次はボブ・ディラン。

ボブ・ディラン・グレイテスト・ヒット Bob Dylan’s Greatest Hits から
やはり、追憶のハイウエー61です。

この楽曲は1965年の作品なのですね。

この年7月、ボブ・ディランは、
ニュー・ポート・フォーク・フェスティバルのステージに立った。

黒いジャンパー、エレキ・ギターを手に。
バックバンドはポールバターフィールド・ブルース・バンド。

ザ・バンドではなかったのですね。

今までのプロテスト・ソングから離れた
プレイ・スタイルに聴衆からの激しいヤジ。
途中でステージを降りた。

『追憶のハイウエー61』は同じ年 1965年8月にアルバム完成。
9月には全米ヒット・チャート1位になる。

一部の熱狂的なファンにロックへの転向は反発したが、
一般的には大きな支持を受けた。
さて、
ボブ・ディランの『グレイテスト・ヒット』は
CBS ソニーから1973年か4年の発売と思われます。

巨大なポスターがついています。

ご覧ください。
LP盤・ジャケットの下が巨大ポスターです。

ボブ・ディラン専用の担当がいるくらいに、
力を入れたことがわかります。

Youtube の追憶のハイウエー61
こちらのバックは The Band


Retro Kimmer






70's Classic Rock





スポンサーサイト

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

173枚目 ボブ・ディラン Bob Dylan :  Like a rolling stone

BOB DYLAN
173枚目 ボブ・ディラン Bob Dylan :  Like a rolling stone


レーベル : CBS SONY CBS SONY株式会社 1973年
3枚組 定価 5400 円
:  

アナログ・LP 盤 3枚組 ボブ・ディラン Bob Dylan : Eleven years in the life of Bob Dylan より『Like a rolling stone 』を聴き直しました。

1973年の発売です。

CBS SONYもやりますね。

LP盤3枚組を発売、
さらに1974年12月31日まで
ボブ・ディラン・キャンペーンをはっている。

この間に ボブ・ディランのアルバム5枚お買い上げの方に特別レコードを

11枚お買い上げの方に輸入写真集をプレゼントと銘打って。。。。

誰が買うものですか。

が、いたのですね。
買う人が。


1970年代の熱いアナログ・レコード販売戦略が
かくして展開され、
『輸入』、『N・Y 、 L・A 、 U.S.A.,』という言葉に弱かった
当時の若者たちが
まんまとその戦略にのせられた。

車だってそうです。
トヨタ 2000GT、スカイラインGT、フェアレディZ、マツダ・コスモ、いすず ベレット 、 ブルーバード 3S 、 日産チェリー 等々。最後尾は私の車でした。

の高い車を(最後尾はちがいます。)高いローンを組んで購入し、
ガソリン代を気にしながら、食費を削って乗り回した。

あ!、話がおもいきりそれました。

『Like a rolling stone 』はボブ・ディランの転換点といってよいでしょう。
フォーク・ロックというジャンルがこの曲によって
開かれたといえば、クレームつきますでしょうか。

最後まで誰も読まないこのブログ、
好きなように解説しても
いいよな。

 YOUTUBE でフォーク・ロックに転向した
ライク・ア・ローリング・ストーンを

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

23枚目『ボブ・ディラン』

10.110no2rakuten用 006

23枚目 :『ボブ・ディラン!』は4曲入りEP盤

レーベル:CBS
・発売元:日本コロムビア 1966年
・定価:500円
・A面 1:『ライク・ア・ローリング・ストーン』 2:『ビュイック6』
・B面 1:『ハイウェイ 61』 2:『ミスター・タンブリン・マン』

アナログ レコード・ドーナツ盤:ボブ・ディランの『ボブ・ディラン!』を聴き直しました。

レーベルはCBS、発売元がCBS・ソニーではなく、
日本コロムビアです。
CBS・ソニーに買収される直前のレコードですね。

『ボブ・ディランはアメリカ国内ばかりでなく、ザ・ビートルズ、ザ・ローリングストーンズ、ジ・アニマルズなどのひしめくイギリスへ遠征して、彼らをしのぐ人気を集めた男。

ぼさばきの髪にデニムのズボン、ギターやハーモニカを鳴らながら自作の詩を歌う白人のブルース・シンガーで、いまアメリカのフォーク・ソング界に並ぶものなき実力を誇っている。』
とレコードライナーに書かれています。

ボブ(と書かれています、)の最初のレコーディングは1961年の秋で、そのとき彼はまだ20歳でした。

しかし、ボブ(ディランの呼び方に慣れているので、これはボブ・ディランを軽んじている感があります。)の少しの甘さもない声、そして充実した詩のことばは、たちまちに多くのフアンを生みだし、ピート・シガーによって「アメリカ最大の吟遊詩人」と呼ばれ、「風に吹かれて」をはじめとするボブの歌はキングスン・トリオやジョーン・バエズなどによっても歌われ、ヒットしているです。』

どうでもいいけど、句読点のない長い解説です。

このライナー・ノーツにはボブ・ディランの詳細な解説がたくさん書かれています。

省略します。

彼が当時のトックヤフォークシーン与えた衝撃は大きかったのですね。
今聴き直してみると、たとえばハーモニカが
その後の日本のフォークシンガー達に大きな影響を与えたと思います。


テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。