スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

634枚目 荒井 由実『14番目の月』を聴き直しました。

635枚目 荒井 由実『14番目の月』を聴き直しました。

14番目の月

tulips.jpg


レーベル :EXPRESS  
発売元  東芝 EMI 株式会社
発売年 1976年
A面
1. さざ波
2. 14番目の月
3. さみしさのゆくえ
4. 朝陽の中で微笑んで
5. 中央フリーウェイ
B面
1. 何もなかったように
2. 天気雨
3. 避暑地の出来事
4. グッド・ラック・アンド・グッド・バイ
5. 晩夏(ひとりの季節)

我が家の庭にもチューリップがやっとさきました。本日の最低気温は6度です。

さて、

酒井順子さん著「ユーミンの罪」第4章『14番目の月』には「女性の自立と助手席と」という小見出しがつけられています。

この章でとりあげられた楽曲はたったの2曲。A面2曲目の「14番目の月」と5曲目の「中央フリーウェイ」です。それを12ページにわたって解説・分析しているのです。
また、このアルバム「14番目の月」は荒井由実という名前では最後のアルバムとなり、この後松任谷正隆氏と結婚し、松任谷由実に変わります。

今回は荒井由実の4枚目にして最後のアルバム「14番目の月」からA面2曲目の「14番目の月」を選びました。

酒井順子さんはこの「14番目の月」を「女の勝手」を歌っていると解釈します。それまでの日本の歌における女の姿は、男から選ばれることを欲する女であり、男を待つ女であり、受動的な女でした。と、言っております。

 淡谷のり子、笠置しず子、二葉あき子、美空ひばり、島倉千代子、五月みどり、畠山みどり、三沢あけみ、都はるみ、奥村チヨ、小川知子、ちあき なおみ、いしだ あゆみ、藤 圭子、小柳ルミ子、南 沙織、天地真理、山口百恵、桜田順子、森昌子、石川さゆり、八代亜紀等々の女性歌手が歌った歌がそうなのですねエ。

 それに対して「14番目の月」は「女の自立」を歌っている。つまり、タイトルが示すように恋愛成就を満月に例えるならば、十五夜ならぬ十四夜は恋愛の成否がまだ決定していない決定権は『私にあるの』とユーミンは歌う。と、解説するのです。

 フーム、「♪ つぎの夜から欠ける満月より 14番目の月が好き ♪」
この部分だな。

「14番目の月」のシチュエーションは男女が車に乗っている女性は助手席だそうです。酒井さんの分析鋭く、1976年当時の車の運転というのは『男性がするもの』、統計によると当時の車の免許所有率は男性76.7%、女性23.3%だったそうです。

 そのくせ、『♪ 月影の道で急に車止めないで ドキドキするわ ♪』と、
恋愛の自主性は手に入れているけど、進む方向は男性まかせ。なんです。

確かに「女の勝手」を歌っているなあ。

スピッツも歌う「14番目の月」はおよそ40年前に作られたとは思えない、確かに「女性の自立」や「女の勝手」を歌っているのだろうけど、そっちはどうでもよく(失礼)ポップス感&ロック感が満載だ。「ユーミンを聴く」私には、そう感じます。



こちらはステージで踊り、はねるユーミン 6分頃から始まります

こちらはスピッツ、ぜんぜん違う曲に聴こえます
スポンサーサイト

630枚目 荒井 由実『ひこうき雲』を聴き直しました。

630枚目 荒井 由実『ひこうき雲』を聴き直しました。

ひこうき雲

hikoukikumo.jpg



レーベル :EXPRESS 
発売元  東芝 EMI 株式会社
発売年 1973年

A面
1. ひこうき雲
2. 曇り空
3. 恋のスーパー・パラシューター
4. 空と海の輝きに向けて
5. きっと言える
B面
1. ベルベット・イースター
2. 紙ヒコーキ
3. 雨の街を
4. 返事はいらない
5. そのまま
6. ひこうき雲

―「ユーミンの罪」―ユーミンの歌とは女の業の肯定である。―
酒井順子さんの新書を読みながら、ユーミンのアナログ盤を聴きなおします。

さて、荒井 由実のファーストアルバム「ひこうき雲」。昨年話題になったアニメ「風立ちぬ」の主題歌として復活しました。その名曲には「開けられたパンドラの箱」とタイトルがつけられ、「軽やかでお洒落な死」とか「ユーミンの甘い傷跡」といった見出しでページを進めるのです。

 『刹那と永遠、両方を我が手に抱こうとした女性が大量に出現した』1970年中盤から1980年後半までの時代(このように酒井さんは分析します)を背景にユーミンが世に送り出した楽曲を酒井さんは私など全く考えられない視点から分析します。

-ユーミンに対して「いい夢を見させてもらった」「あんな夢さえ見なければ」という気持ちが入り交じった感覚を持つ人が多いはず。ユーミンを聴かずにもっと自分の足下を見ていたら、違う人生があったかもしれない。-

おそろしい!! こうもバッサリと言い切る酒井さんの洞察力にびっくりします。さらに続きます。

 ー何かを訴えるのでもなく、伝えるのでもなく、ぶつけるのでもなく、シチュエーションをそのまま提示するのが、ユーミンの歌。ー
 
  こうも分析しています。すごいでショ。

 で、聴き直しました。アナログ盤「ひこうき雲」を。酒井順子さんが言う深い意味がある歌詞は、私にはそんなに重く響かず、メロディラインだけが心地よく残ります。アナログ盤には1970年前半から今日まで、時代を超えて聴かれた名曲の数々が凝縮されています。

 やっぱり、団塊世代―どっちかというと「四畳半フォーク」側にいた私、酒井順子さんとは感性が違い、鋭く楽曲に入り込めません。ただただ、できることは『シチュエーション』をそのまま提示すること

 つい一昨日見た『ひこうき雲』をアップします。

私ができることは、この程度のこと。

こちらはyoutubeの『ひこうき雲』

629枚目 荒井 由実「コバルト・アワー」を聴き直しました

629枚目 荒井 由実「コバルト・アワー」を聴き直しました


cobalt hour


発売年 :1975年
レーベル :EXPRESS
発売:東芝EMI株式会社
 

SIDE 1
1. コバルト・アワー
2. 卒業写真
3. 花紀行
4. 何もきかないで
5. ルージュの伝言

SIDE 2
1. 航海日誌
2. チャイニーズ・スープ
3. 少しだけ片想い
4. 雨のステイション
5. アフリカヘ行きたい

 荒井由実 サードアルバム「コバルト・アワー」、誰もが知っている名曲揃いです
私にとってはユーミンのアルバムを購入したのはこれが初めて、給料が5万円ちょっとの時に2300円でした。それを友人に貸したまま戻ってこなかった。悲しい思い出のある一枚です。今回アップしたこのアルバムはその後購入して、帯もはずさずに大切に保管してきたものです。

バックのメンバーが凄いですよ。細野晴臣(Bs)、鈴木茂(G)、林立夫(Ds)、松任谷正隆(Key)、斉藤ノブ(Per)ハイ・ファイ・セット、吉田美奈子、大貫妙子、山下達郎、伊集加代子(Cho)等々そうそうたるメンバーです。もうこれだけで満足でした。

 さて、酒井順子さんの『ユーミンの罪』(講談社新書)では名曲揃いのこのアルバムを『近い過去を振り返る歌が多い』。明るいアルバムかと思いきや、このアルバムの楽曲のテーマはどれも明るくない、と分析します。
 
 私、このアルバムを買って40年。一度もそんな思いで聴いたことはありません。上記のミュージシャンたちに囲まれて歌うユーミン。ペーター佐藤のイラストによる購買欲をこれでもかとそそるアルバムの表紙と全く同じ絵が描かれた歌詞カード。解説は一切なく、10個の歌詞が並ぶだけ。当時はそれだけでお洒落でした。

 歌詞をじっくり吟味することもなく、メロディラインを追うだけで今日に至りましたが、私にとっては、どの曲もキラキラ輝くラブソング。各曲に散りばめられた、たとえば---ミルキーウエイ、白いベレG、チャイニーズ・スープ、ルージュの伝言、60年代ポップスを彷彿させる擬態語ディンドンディンドン、プティオニオン、銀色のセスナ、などなどのお洒落なキーワードにノックアウトされるのです。

 ところが立教女学院の後輩酒井さんは「チャイニーズ・スープ」は半ばやけっぱちムードと非virgin感が漂うと一刀両断。「卒業写真」では卒業写真のあの人とは誰かと問いかける。「コバルトアワー」でさえも元彼と元彼女の深夜から夜明けにかけての訳ありドライブと推理します。そして結論は、「このアルバムでは過去も不幸も旺盛に咀嚼しながら、ユーミンの飛躍は続くのです」とクールに解説します。

なるほどねえ、おじさんには若い男女の人情の機微を読み取ることができません。酒井順子さんの『ユーミンの罪』を読んで勉強させていただき,じっくりとユーミンの名曲を聴いていきます。もちろん、アナログ盤で。



こちらはyoutube の卒業写真

627枚目 松任谷 由実『MISSLIM 』を聴き直しました。

627枚目 松任谷 由実『MISSLIM 』を聴き直しました。

ミスリムpart2

3月17日朝


レーベル :Express  
発売元  東芝 EMI 株式会社
発売年 1974年

A面
1. 生まれた街で
2. 瞳を閉じて
3. やさしさに包まれたなら
4. 海を見ていた午後
5. 12月の雨

B面
1. あなただけのもの
2. 魔法の鏡
3. たぶんあなたはむかえに来ない
4. 私のフランソワーズ
5. 旅立つ秋


当地は今朝も雪でした。雪がやんだ隙に写した玄関からの前景

―「ユーミンの罪」―ユーミンの歌とは女の業の肯定である。―(講談社新書)
仕事帰りに立ち寄った小さな書店で見つけた新書のタイトルとサブタイトルにびっくりしました。
 帯がマゼンダピンクで、普通より大きめ。新書なのに目立ちます。著者が酒井順子さん。知りません。でも、即座に買いました。一気に読み進むことができた秀逸の音楽評論集です。ちなみ著者の酒井さんはユーミンの立教女学院中等部・高等部の後輩です。 

 1973年のファーストアルバム「ひこうき雲」から1991年の「DAWN PURPLE」まで20枚のアルバムを年代順に批評しているのです。ただ、今まで読んだ音楽評論とは違う。たとえば「ひこうき雲」、見出しが『開けられたパンドラの箱』で小見出しが2つ。●軽やかでお洒落な「死」 ●ユーミンの甘い傷跡。
 
 早速手元にある古いレコードを引っ張り出しました。
 「ひこうき雲」が見つからないので、セカンドアルバム「MISSLIM」を聴き直しました。1974年発売のこのアルバムは前作「ひこうき雲」に劣らず名曲ぞろい。発売当時すでに社会人なった私にとって、楽曲に関わる思い出は特にないものの、今聴き直すと実に新鮮でとても40年の時差があるとは思えません。
 
 酒井順子がきめつけます、失礼、評します。たとえば、「海を見ていた午後」 これは別れの歌。ユーミンの別れの歌はそれまでの歌謡曲や演歌の別れの歌とは違う。「別れの場面でダサいから泣かない」と解説する。ユーミン的お洒落の世界に別れの涙は格好が悪いと言う。
 「たぶんあなたはむかえに来ない」でも雨の中待っている相手の男性はこない、ふられてしまった、と、あきらめる。あきらめずに雨の中飛び出しで泣きじゃくるなどパフォーマンスしたら、それは「フォーク」とバッサリだ。演歌や歌謡曲で歌われた「男への執着」がなくなり、「ダサさ」を恐れるあまり、世の中の女性は野太さを失ってしまった、と酒井は書く。
 
 新しい解釈、というより中高年男性には絶対ない感性です。
もっとも、多くの中高年男性はユーミンを聴かないでしょうね。新書「ユーミンの罪」も読まないでしょう。

 
私には失恋ソングと思えない『たぶんあなたは迎えにこない』

501枚目 アナログ・LP盤 荒井由実 『14番目の月』から『朝陽の中でほほえんで』

a荒井由美 朝陽の中で微笑んで
荒井由実『朝陽の中でほほえんで』501枚目 アナログ・LP盤 荒井由実 『14番目の月』から


レーベル :Express 発売元 東芝EMI株式会社 
 発売年 不明
 定価 2300円

ふだん,
コーヒーを日に10杯ちかく飲みます。
かつては缶コーヒーが大好きでした。

入院中に自販機のホット・コーヒーを飲んでみました。
まったく受け付けません。
好きだった冷たい缶コーヒージョー●●アも試しましたが、実にまずいのです。

音楽も同じでした。
用意したウオークマンの数十の楽曲を聴きたいと思いません。

番組名もわからないAMラジオから流れてきた
荒井由実 の『朝陽の中でほほえんで』。
これが良かった。

コーヒーより、
飲むヨーグルトあるいは牛乳。
肉も魚もだめ、おから料理やかぼちゃの煮つけがおいしい。
一番おいしいのは、ごはんと梅干し。

短時間にしてヒトの好みはこうも変わるものかと
自分で驚きました。

日ごろから、
音楽は全くの雑食系で、どの分野も容易に受け付けるのですが。
病んだ時は違うのです。

音楽の好みも一瞬にして変わるのだと
納得した入院生活でありました。

洋楽専門のあなた。ジャズしか聴かないあなた。
クラシック専門のあなた。たまにはユーミンいかがです。
Youtube 荒井由実 『朝陽の中でほほえんで』

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。