スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

664枚目 オーティス・レディング「RECORDED LIVE PREVIOUSLY UNRELEASED PERFORMANCES」から「A Hard Day's Night」を聴きなおしました

664枚目 オーティス・レディング「RECORDED LIVE PREVIOUSLY UNRELEASED PERFORMANCES」から「A Hard Day's Night」を聴きなおしました

otis redding live at whisky a go go

ヨモギの根



レーベル : ATLANTIC
発売元 ATLANTIC 輸入盤
発売年 1982年


(Live Whisky A Go Go, Los Angeles, CA April 8,9,10, 1966)

Side 1
Your One And Only Man
2 Good to Me
3 Chained and Bound
4 Ol' Man Trouble
Side 2
1 I Can't Turn You Loose
2 I've Been Loving You Too Long
3 Security
4 A Hard Day's Night


 ゴールデンウイーク、皆さんはいかが過ごされましたか
私は1日だけ若者たちに囲まれて楽しいひと時を過ごしましたが、残りの日は連日ヨモギの根との戦いでした。「根切り」の意味がよくわかりました。
そうそう、くやしまぎれに摘んだヨモギで草餅を作ってもらい、たべました。正月用の草餅を含め、あと2~3回は作れる量を摘んで茹で、冷凍しました。ごらんの写真の数倍、売るほどたくさんのヨモギの根はネット検索したのですが、ヨモギ酒を作るくらいで、他には用途がないようです
 ヨモギと同様に繁殖力の旺盛なスギナに行く手を阻まれ、開拓者魂で取り組んだ畑の開墾ですが、なかなか大変なものがあります。種から植えて育てると決意したものの、野菜の種類によっては苦労が多く果たして育つのか先行き不透明であります。さらに、育てた苗を植える畑を開墾しなければならないものですから、ついネガティブな気持ちになってしまうのです。十勝を開墾した松山善三作 「依田勉三物語」を読んで気合を入れてみたものの、青息吐息の状態であります。

 そこで、自分を叱咤する意味で、今日は忌野清志郎が影響を受けたというオーティス・レディングを聴き直しました。この輸入盤LPは、場所を覚えていないのですが、リサイクルショップの片隅で見つけました。ジャケットが破れ、黄ばみ、さらに埃をかぶっていた。おそるおそるディスクをとりだして見ると、全く聴かれた痕跡がない。値段は500円だったと思います。早速聴いてみたら、その音質の良さに驚いたものです。
 今日は畑に出かける前に、音量を上げて聴きました。オーティス・レディングが飛行機事故にあう少し前の1966年、ハリウッド・ウイスキー・ア・ゴーゴーでのライヴ盤です。どの楽曲もオーティス・レディング絶好調で、ここで開かれた多くのミュージシャン達のどの名演奏にも負けない迫力に満ちたものです。特に「A Hard Day's Night」はレノン・マッカトニーのものとは全く違う楽曲になっています。

Youtube の「A Hard Day's Night」は音質が悪いです。LP盤とは違います。あしからず。
スポンサーサイト

530枚目アナログLP盤 オーティス・レディング『Otis Redding Recorded Live』

otis reddding a hard days night


 オーティス・レディング 『ア・ハード・デイズ・ナイト』
530枚目アナログLP盤『Otis Redding Recorded Live』

レーベル : ATLNTIC 発売元  ATLNTIC RECORDING CORPORATION
発売年  1982年
定価   不明



 日曜日、ひさしぶりにビデオ鑑賞をしました。
『グローリー・ロード』という実話に基づいたモノ。
アメリカは西部にある小さな大学のバスケット部が全米大学選手権で
優勝するという1965年にあったストーリー。

私の時代認識からすると、当時UCLAにはジャバーという
ブルース・リーの映画にも出演した有名な黒人プレイヤーがいました。
当時から黒人バスケット選手が活躍していたと認識していました。
違ったのです。

この『グローリー・ロード』はテキサスの田舎大学を強くするためにスカウティングされた7名の黒人プレイヤーと熱血コーチが描かれています。

当時のアメリカ大学バスケットは主力が白人選手で黒人選手の出番が
少なかったのです。人種差別が歴然とありました。

黒人選手を使うこのチーム。
かれらのもとへさまざまなプレッシャーやいやがらせが
きます。

ストーリーは実話に基づいていますからしっかりしています。さらにバックに流れる曲がいいのです。
ブラックミュージックにあまり明るくない私でもノラせてもらえる
数々の楽曲。

ということで、『グローリー・ロード』には流れなかったが、
久しぶりに聴きたいオーティス・レディング。
オーティス・レディング『Otis Redding Recorded Live』は1966年8月
有名なL.Aの『ウイスキー・ア・ゴーゴー』で録音されたものです。
その中から『ア・ハード・デイズ・ナイト』を聴きました。

Youtube には残念ながらオーティス・レディング『ア・ハード・デイズ・ナイト』がありません。
     その代わりに『サティスファクション』がありました




テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

 オーティス・レディング Otis Redding 『フリー・ミー  Free Me』を 312枚目『LOVE MAN』から

otis redding
312枚目 オーティス・レディング Otis Redding 『フリー・ミー  Free Me』を『LOVE MAN』から

       
レーベル :Atlantic 発売元 :ワーナー・パイオニア株式会社 
1969年
定価: 不明 見本盤


アナログ・レコードLP盤(見本盤)オーティス・レディング Otis Redding 『LOVE MAN』から『フリー・ミー  Free Me 』を聴き直しました。
A面
1. I'm a Changed Man
2. (Your Love Keeps Lifting Me) Higher and Higher
3. That's a Good Idea
4. I'll Let Nothing Separate Us
5. Direct Me
6. Love Man

B面
1. Groovin' Time
2. Your Feeling Is Mine
3. Got to Get Myself Together
4. Free Me
5. Lover's Question
6. Look at That Girl

アナログ・レコードLP盤『LOVE MAN』は死後,4番目に発表された作品。
1969年発売です。
ライナーノーツによると
オーティス・レディングが自家用機で事故死する半年前に録音されたもの。

リサイクル・ショップのジャンク品コーナーで見つけました。
見本盤です。
オーティス・レディングのCDもリサイクル・ショップで
見つけたことがあり、
ことオーティス・レディングものに関しては非常についているのです。

さて、『LOVE MAN』、どの楽曲もいいのです。
下戸の私、
コーヒー飲みながら
オーティス・レディングを聴き始めると、
とまりません。

手持ちの二枚のCDも、
さらに数枚あるソウルのオムニバス盤もはしごで
聴いてしまうのです。

今晩はグレイト・バラード曲『フリー・ミー  Free Me 』です。

それにしても
若干26歳にしてこのバラード。
心の奥底から絞り出す
歌唱法は
天賦のものとしか思えません。

youtube にも playlist にも
『フリー・ミー  Free Me 』がありません。
そこで代わりに
『Pain in my heart』を

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

37枚目オーティス・レディング『ドック・オブ・ザ・ベイ』

37枚目 オーティス・レディングの『ドック・オブ・ベイ』は死後ランキング1位。アナログ レコード・ドーナツ盤:

アナログ レコード・ドーナツ盤:オーティス・レディングの『ドック・オブ・ベイ』を聴き直しました。

・レーベル:Atlantic
・発売元:東芝音楽工業 1967年
・定価:370円 B面:エーメン

この曲は当時よく、ラジオから流れていました。トランジスターラジオが人気の時代でしたが、私のは田舎から持って行った、5球スーパーと呼ばれる管球式ラジオ。多分、東芝かなりあQだったと思います。

ビートルズが全盛でした。一方で、ソウル・ミュージックの人気も高く、ブラックパワーが炸裂する前兆でもありました。黒人文学も世間で高い評価を受け、ジェームズ・ボールドウインやラングストン・ヒューストンなどの作品を読みました。

再発見したことは、オーティス・レディングが北部のモータウンに対して南部のメンフィス・ソウル、(現在はサザン・ソウルと呼ばれる)の看板スターだったこと。(自分の頭の中で、ジャンルもあやふやでした。)
1967年12月、オーティスとバックバンドが乗った自家用飛行機が、墜落死したこと。デビューからわずか5年しかたっていなかったこと。
オーティス・レディング死後、『ドック・オブ・ベイ』は1968年3月、ビルボード誌で、週間ランキング第1位を獲得したのです。
ミュージシャンやアーティストの死後、その作品が売れる、注目される、よくあることですね。でも。日本でも大ヒットし、今でも歌い継がれているこのソウル・ミュージックの名曲。世に送ったオーティス・レディングが25歳で死んだこと、知りませんでした。

そして、思うのですが1960年代後半から1970年代前半にかけてオーティス・レディングのような名のあるミュージシャンが急死しました。ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズ、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョップリン、マービン・ゲイ、毛色は違うが5人目のビートルズ・ブライアン・エプスタイン。
動乱の時代だったのです。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。