スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

639枚目 ザ・カーナビーツ『好きさ好きさ好きさ』を聴き直しました。

639枚目 ザ・カーナビーツ『好きさ好きさ好きさ』を聴き直しました。

レーベル :PHILIPS  
発売元  日本ビクター株式会社
発売年 1967年
定価: 370円

カーナビーツ


 御嶽山の噴火、まだ下山していない方々が無事に下山されることをお祈り申し上げます。
 この山が日本百名山のひとつであることを初めて知りました。私はよく札幌駅北口周辺で早朝、登山を目指す一行が登山ガイド会社のマイクロバスに乗り込む様子を目にします。客の大半が中高年登山者。みなさん楽しそうです。
 でも、行楽の陰にはこのような危険が隣り合わせているのですね。今回は気象庁も噴火予知が難しかったと言っております。自然の驚異を常時意識していることの大切さを痛感します。

 さて、
 639枚目 ザ・カーナビーツ『好きさ好きさ好きさ』を聴き直しました。
 日本ではゾンビーズ版よりこちらの方が有名です。当時の売り上げは120万枚。150万枚と説明する記事もありました。
 訳詩がかの漣 健児さんであったことを初めて知りました。詩は単純で短く、この楽曲が120万枚も売れたことが信じられません。
 ライナーノーツはゾンビーズには触れず、あたかもザ・カーナビーツだけに提供されたような内容です。「ドラムスのアイ高野が彼独特のビートのきいたドラミングに乗って絶叫するように歌うそのスタイルはハイティーンの女の子達に圧倒的な人気を持っています」。
 そうだ、当時ハイティーンだった私は「け、何がアイ高野だ。」と怨嗟に満ちた目で立ち読みの雑誌グラビアを眺めたことを思い出しました。
 
 久しぶりに「ハイティーン」という語彙を目にしました。戻りたいとは決して思いませんが、腰痛と歯痛に襲われたこの土・日曜日、当時の健康体が懐かしいのです。


こちらはU-チューブ。映画のクローズド・キャプションの背景で演奏するザ・カーナビツの『好きさ好きさ好きさ』、今は亡きアイ高野さんのアングルがいいです。シャープホークスも出たのですねえ。脇役陣が渋い。ぜひ一度見たい映画です。
スポンサーサイト

582枚目 井上 宗孝とシャープファイブ「春の海」から「春の海」を聴きなおしました。

582枚目 井上 宗孝とシャープファイブ「春の海」から「春の海」を聴きなおしました。

P3090006 (640x480)


発売年 :1968年
レーベル:Columbia
制作:日本コロムビア

A面
1. 春の海
2. 六段 
3. 千鳥の曲
4. 奴さん
5. 越天楽

B面
1 さくらさくら
2. 祇園小唄
3. 木遣りくずし
4. さのさ節
5. 春の海

当地は本日も猛吹雪です。3月も3分の1が過ぎようとしているこの時期に連日の吹雪
一体どうなっているのでしょうか。今朝は完全防備でいつもの2倍の時間をかけてJR駅に向かい、間引き運転している列車にうまく乗ることができました。しかし、帰りのJRは運休、地下鉄とバスを乗り継ぎやっと帰宅できました。
 自然の猛威をつくづくと体感しているところです。
そして、あの3月11日がまもなくやってきます。
3月11日を前にテレビの各局が「東日本大震災」を特集しています。当時伝わらなかった事実が報道され、悲しみを新たにしておりますが、私たちができることは「3.11」を決して忘れないこと、風化させないことだと思います。
 個人的には何もできませんが、今日は井上 宗孝とシャープファイブ「春の海」を聴きなおしました。
原曲は盲目の筝曲作曲家宮城道雄が昭和4年に作曲し、日本ののみならず、世界の多くのミュージシャンに演奏された名曲。お正月につきものの曲ですね。
はのどかな瀬戸内海の春の様子をイメージして作られたものらしいのですが、東北の海が二度とあのような恐ろしい事態にならず、いつまでもこの曲がイメージする豊かでおだやかでありますように。。。
 

こちらは U-チューブの春の海。

580枚目 ザ・タイガース「ON STAGE」から「ローリング・ストーンズ・メドレー:エヴリバディ・ニーズ・サムバディ~ペイン・イン・マイ・ハート~アイム・オール・ライト」を聴きなおしました。

 580枚目 ザ・タイガース「ON STAGE」から「ローリング・ストーンズ・メドレー:エヴリバディ・ニーズ・サムバディ~ペイン・イン・マイ・ハート~アイム・オール・ライト」を聴きなおしました。

P2170001 (640x480)



発売年 :1967年
レーベル:polydor
制作:日本グラモフォン株式会社

A面
1. ダンス天国~ラ・ラ・ラ
2. タイガースのテーマ(モンキーズのテーマ)
3. ルビー・チューズデイ
4. レディー・ジェーン
5. タイム・イズ・オン・マイ・サイド
6. アズ・ティアズ・ゴー・バイ
7. スキニー・ミニー
B面
1. 僕のマリー
2. シーサイド・バウンド
3. モナリザの微笑
4. ローリング・ストーンズ・メドレー:エヴリバディ・ニーズ・サムバディ~ペイン・イン・マイ・ハート~アイム・オール・ライト
5. アイ・アンダスタンド

当地は雪・雪・雪の毎日で、除雪におわれています。
休日の朝から雪かきも癪なので、まずはレコードを聴いて熱い緑茶をすすってから雪かき出陣としましょう。
さて今日はGSブームの立役者となったザ・タイガース
なにやらグループ再生コンサートが今年の年末にあるのですね。
日本武道館公演を皮切りに全国7都市8公演の予定だそう。
 そこで、段ボールからザ・タイガース「ON STAGE」を引っ張り出しました。ライナーノーツの解説は湯川れいこ。「<strong>古都京都から出現したタイガース」は「古い霧の都、保守的な伝統を持つイギリスから世界に熱狂のうずを巻き起こしたビートルズとローリング・ストーンズ」に共通する何かがあると思う。と、解説しております。ただし、今から40数年も前のことですよ。

 なるほど。当時のタイガースはストーンズの影響を受けていたのか。にしても、70歳になっても当時とほとんど同じ体型を保つミック・ジャガーをはじめとするストーンズと、当時の面影がなくなったジュリーやテレビドラマの脇役として今やこの人をおいて他にはいない存在感の岸部一徳、高校教師を多分退職したであろう瞳みのる等のメンバーを考えて見ると、随分その軌道が違っちゃったなーという感じは否めません。
と、ほざいても素人のたわごと。今日はローリング・ストーンズ・メドレーを聴いてみました。感想はあえて控えさせていただき、youtubeに音源がありますので、ぜひ聴いていただき、皆さんにご判断を委ねたいと思います。レコードですから観客の姿は見えないのですが、多分99.9パーセントが若い女性。1967年のことです
今と違って、全国の各中学・高校はこのようなコンサートは不良の集まる所と厳しく制限していたので、入場するのはかなり難しかったのでは?でもレコードから推測すると、この日の観客は80パーセント10代と20代前半。おりからのミニ・スカートブームで脚の細い方もそうでない方もあたりかまわずツイギーファッションに身を固めて声をからし、身をよじってジュリーに声援を送ったはず。
話は若干それますが、今その方たちはどんな音楽を聴いていらっしゃるのかを知りたい。なぜなら、このレコードの持ち主、(私の妻ですが)は当時相当タイガースに熱狂したはずなのに今では私が聴くすべての音楽にうるさいと文句を言うのです。

でも、タイガースの再結成コンサートは高いチケットを買って行くのだろうな。


こちらはU-チューブのタイガース:ストーンズ・メドレー

384枚目 ザ・タイガース 『世界はボクらを待っている』

タイガース 世界はボクラを待っている
384枚目 ザ・タイガース 『世界はボクらを待っている』
       

アナログ・ LP盤:ザ・タイガース 『世界はボクらを待っている』を聴き直しました。

レーベル :Polydol   発売元 ポリドール株式会社.
 制作年 不明
定価 1750円

64回目の終戦記念日。
NHK衛星第二で『特集“あの日”昭和20年の記憶』(再)を今日も見ました。

多くの著名人の体験談の中から
作曲家すぎやまこういちさんの話をひとつ。

戦争は終わったが、
日本中の大都市、中都市、地方都市が
B29で徹底的に焼き尽くされ、破壊つくされた。

当然、その後は飢餓。
国民のほとんどが栄養失調になった。
すぎやまこういちさんは当時13歳。
栄養失調のため命の危機にあったそうです。

それを救ったのが米軍の『びっくりシチュウ
なんのことはない、米軍の残飯。
アメリカ人兵士が食べ残したソーセージやベーコン等から
摂取した動物性蛋白質で
栄養失調で死にかけている多くの日本人が救われた。

なんと皮肉なこと。

ザ・タイガース 『世界はボクらを待っている』全曲が
すぎやまこういち さんの作曲です

妻のレコード。
したがって、ほとんど聴いたことはないのですが、
A面、B面全12曲を聴いて
すぎやまこういちのメロディ・ラインをおいかけました。
過酷な戦争体験からは信じられない
明るく、開放的な心情が全曲から伝わってくるのです。



Youtube のタイガース。
 『世界はボクらを待っている』の
主題歌『銀河のロマンス』



テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

331枚目  ザ・ハンダース『想い出の渚』 海の日特集 第4弾

ハンダース 想い出の渚
331枚目  ザ・ハンダース『想い出の渚』海の日特集第5弾
       

レーベル : CBS 発売元 CBSソニー株式会社 
制作年 1979年
B面 僕のおふくろ
定価 500円


アナログレコード・ドーナツ盤 ザ・ハンダース『想い出の渚』を聴き直しました。
なぜなら、ザ・ワイルドワンズ『想い出の渚』がなかったからです。

中高年の皆さん、ザ・ワイルドワンズ『想い出の渚』をご存知でも、
ザ・ハンダース『想い出の渚』はご存じないですね。

それでいいのです。

誤解を恐れずに言えばザ・ハンダース『想い出の渚』の方を
良く知っているよと言う
あなた。

ちょいワルおやじです。

カラオケでのうけねらい。
そのコンセプトで作った楽曲ですから。
誤解を恐れずに言えば、ですよ。

でも、サイモンとガーファンクルを様々な手法で
売り込んでいたCBSソニー、
ザ・ハンダース『想い出の渚』も売ってたんだ。

こちらは由緒正しき
正真正銘の
ザ・ワイルドワンズ『想い出の渚』by youtube.

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。