スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

650枚目 ハンス・シュミット指揮・交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱」を聴きなおしました

650枚目 ハンス・シュミット指揮・交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱」を聴きなおしました

合唱 第9


レーベル :LONDON 
発売元 キングレコード株式会社
発売年 不明
定価:不明

2014年が終わります
年賀状を一枚も書かないで、年末にスキーに行ったり、突然ロケットストーブを作ったり、と家事を手伝わないで妻からヒンシュクをかっておりました。
 名誉挽回のために、大みそかに栗きんとんを作り、自分の部屋を大掃除し、蕎麦をうちました。
 そうそう、正月用しめ飾りも作りました。スーパーの店先で売っている方が安く済んだのですが、オリジナルはやはり違う。と、ひとり悦に入っております。

 屋根裏部屋で年末恒例のベートーベン交響曲第9番を探したら、ハンス・シュミット指揮盤が出てきました。
 気に入ったのが、歌詞カードに対訳がついていたことです。

  歓喜よ、歓喜よ、歓喜よ、美しい神の閃光
  楽園からの娘よ
  われらは熱情にあふれて
  天国に、汝の聖殿に踏み入ろう
  汝の魔力は世の態により
  厳しく引き離されたものを再び結びつける
  汝のやさしい翼のとどまるところ
  すべての人々は兄弟となる


  新しい年が皆様にとって良い年となることを祈念いたします。
スポンサーサイト

616枚目 ブルーノ・ワルター『ベートーヴェン交響曲第9番』から『合唱』を聴き直しました

CHORULno9.jpg

616枚目 ブルーノ・ワルター『ベートーヴェン交響曲第9番』から『合唱』を聴き直しました

発売年 :1972年
レーベル:CBS SONY
発売: CBS SONY レコード株式会社

 漫画家砂川しげひさの『なんたってクラシック』という本の中に『時たまクラシックもきくが、ポピュラーもジャズもきくという人に出くわすことがある。こういう人種をぼくはきらいである。趣味の世界まで八方美人のそんな奴は信頼できないし、人間的魅力に欠ける』と、ある。
 
 まさに私のこと。砂川しげひさにどのように批判されても、昔北海道の東の果てで、対向車の全くない寂しい国道を自宅に向かって運転していた時にカーラジオから聞こえたジプシーキングスの『ホテルカリフォルニア』に強い衝撃を受け、眠気が吹き飛んだこと。学生時代3畳一間のアパートで昼寝しながら聞いた舟木和夫の『夕子の涙』に涙したこと。数年前に入院中、深夜加藤和彦の声量のない歌声に励まされたこと。今年の秋小さなコンサートでNHK『それいけ民謡うた祭り』のレギュラーゆかりさんの民謡に鳥肌立ったこと。等々長い人生で音楽が信じられない刺激や生きる力を与えてくれたことが多々ありました。私の場合、残念ながらそれはクラシック音楽ではなく、時にロックや歌謡曲、さらには民謡の時もあったのです。
 
 で、たまにはクラシック音楽もということで今年最後に聴いたのは年末定番の『ベートーヴェン交響曲第9番』。カラヤンとベルリンフィルハーモニーが有名です。手持ちはブルーノ・ワルターとコロンビア交響楽団の『ベートーヴェン交響曲第9番』。

 もちろん大みそかにのんびりレコードを聴いているものなら妻に何を言われるかわかりません。あくまでもレコードをかけながらの諸作業です。ここ2~3年、「男のおせち」に取り組んでいます。「男のおせち」を宣言した以上は、それに取り組まなければなりません。といっても『松前漬け』と近所でこの秋採った栗で『栗きんとん』を作るだけなのですが。。。
 レコード、CD、読まない本を屋根裏部屋に片づけなければならない。年賀状も半分残っている。パソコン周辺の整理も新しい年に向けてやらなければ。車庫の雪下ろしも、だ。

 連日の雪かきで弱った重くて痛い腰をあげてやりましょか。

 みなさん良いお年をお迎えください


606枚目 ジョージ・ウィンストン『Autumn』から『Longing/Love』を聴き直しました

autumn.jpg


606枚目 ジョージ・ウィンストン『Autumn』から『Longing/Love』を聴き直しました
発売年 :1980年
レーベル:ウィンダム・ヒル
発売: キャニオン・レコード


SEPTEMBER
1.Colors/Dance
2.Woods
3.Longing/Love

OCTOBER
4.Road
5.Moon
6.Sea
7.Stars

 台風26号による伊豆大島の犠牲者の皆さんに心からお悔やみ申し上げます。
さらには次の台風も接近しているとのこと、みなさんも十分にご注意ください。それにしても自然災害の多い日本列島、今回も犠牲者を出さない方法がもっとなかったものかと思案します。

 さて、こんな時に音楽をと、心苦しさもあるのですが、こんな時だから音楽から元気をもらおうと思います。

先週の三連休を利用してレコードプレーヤーをメンテナンスしました。といっても、ほこりを丁寧にとって、アームとカートリッジを替えただけ。カートリッジはMMからMC型に
 オルトファンのようにとりわけ高価なものではなく、プレーヤー購入時についていたパイオニアのMCカートリッジで、長期間使ってませんでした。
 アームをS字から直線のものに取り替えるのでアームバランスをとらなければなりません。作業を始めたものの、最近極度に視野が狭まったせいか、暗いところが全然見えない。かつては簡単にできた作業に時間がかかるのです。四苦八苦しながらカートリッジを替えて調整用のレコードを聴いてみる。そうです、デジタル派の方々にはおわかりならないでしょうが昔は音質やバランスをはかる専用レコードがあったのです。(私の手元にあるのは菅野沖彦監修のキングレコード『ステレオ・ラボラトリー vol.8』11枚のシリーズものの一枚です。)
 で、聴いたのは、ジョージ・ウィンストンの『Autumn』。
これはジョージ・ウィンストンがウィンダム・ヒルからリリースした1stアルバムです。数多くあるレーベルの中でも私はウィンダ ム・ヒルが好きです。なによりもジャケットがシンプル。レコードが入っている袋が他とは違うのです。上質の紙のケースに入っている場合がありますが、大半はすぐにくしゃくしゃになってしまう、安物のビニール袋。が、ウィンダム・ヒルのそれはやや固くて、絶対にくしゃくしゃにはならないのです。

 さて、1週間の仕事を終え疲労感漂うこの体に染みこむ楽曲が多い『Autumn』の中でも中高年の方であれば絶対に聴いたことのある『Longing/Love』を選びました。CDよりレコードの方がずっといいのです。さらに言うとMM型カートリッジよりはMC型の方がひときわ音が冴えるのです。そんな気がします。 

こちらはU-チューブ

569枚目リリング 『バッハオルガン名曲集』から

569枚目リリング 『バッハオルガン名曲集』から『トッカータとフーガニ短調』を聴きなおしました。

レーベル : DENON
発売元 : NIPPON COLUMBIA CO LTD
発売年 1974年 

 久しぶりのアップです。持病の緑内障がこのままの進行状態では失明しますと言われてショックを受け。さらに、ちょっとした弾みで腰痛になり、腰痛体操をやりお灸をすえる意気消沈の毎日です。
そこで今日はバッハ。
PCMヨーロッパ録音シリーズの『バッハオルガン名曲集』。革命的な録音方式―PCMと詠って日本コロムビアの録音チームが、汗だくになってPCM録音機をコンサート会場に搬送H24.10.28バッハ フーガ
させてはデジタル・レコーディングに奮闘して制作したそう。。。しかし、1970年代半ば、残念ながら世界は、この新しい録音方式にほとんど関心を寄せなかった。そんなエピソードを知ると1974年ドイツの教会で録音された本日の『トッカータとフーガニ短調』はドラマや映画のバックに流れるあれらとは比較にならず、深く胸に沁みます。秋風を通り越してまるで初冬のような風がわが家の庭の木や花を揺らす様子と『バッハオルガン名曲集』のパイプオルガンの音色がマッチします。家にひとり。ボリュームをあげて聴く『トッカータとフーガニ短調』。学生時代、稀に出席したチャペルアワーのパイプオルガンを思い出し、すっかり老けこんだ自分を再認識しながら。
でも、感傷に浸ってばかりはいられません。つい先日ローリングストーンズのコンサートのことを知りましたが、70歳を越えてなお意気盛んな彼らに元気をもらい、寒風吹きすさぶ中をウオーキングに出かけるとしましよう。
こちらはU-チューブ 演奏はリリングではありません

550枚目 ご冥福を祈ってブラームス 『ドイツ鎮魂曲』

ブラームス レクイエム

ブラームス 『ドイツ鎮魂曲』
レーベル :Angel
発売元  東芝音楽工業株式会社.
発売年 不明 

東日本大震災からちょうど1年がたちます。
1万9千人を超える犠牲者の方々のご冥福を祈って
黙祷。


東日本大震災について想起する時、音楽を語ることに
ためらい、たじろぐのですが、
自分のこれまでの取り組みは『音楽は力をくれる』と信じることです。
いつもの様にアナログレコードを引っ張り出しました。

ブラームス 『ドイツ鎮魂曲』レーベル :Angel 発売元  東芝音楽工業株式会社.
発売年 不明 
指揮 オットー・クレンペラー
フィルハーモニア管弦楽団
フィルハーモニア合唱団
ソプラノ エリザベート・シュワツコップ
バリトン デイートリッヒ・フィッシャー・ディースカウ


こちらは YOU TUBEのブラームス 『ドイツ鎮魂曲』アナログ盤とは演奏者 合唱者が異なります


★東日本大震災のことを決して忘れることなく、
そして今なお行方のわかっていない3155名の方々が
一刻も早くみつかることをお祈りし、
自分ができることを今後模索していきたいと思います。

★次に
東日本大震災 復興ブログを始め、多くの方々からの
発信に常に興味関心を持ち続けたいと思います。

東日本大震災 復興ブログ

プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。