スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

695枚目 「津軽三味線 髙橋竹山 その三 」から「岩木Ⅱ」を聴き直しました。

695枚目 「津軽三味線 髙橋竹山 その三 」から「岩木Ⅱ」を聴き直しました。

レーベル :CBS
発売年 1978年
発売元 CBSソニー


高橋竹山


Side 1
1 秋の笛
2 阿婆
3 雨
4 竹(尺八)
5 廃船
Side2
1 砂山
2 十三潟(語り)
3 岩木Ⅱ


今日で2月も終わりです。
私が訪問させていただく皆さんのブログには春の香りがいっぱいです
鉢植えの色とりどりの花々ふきのとうが芽をだしているところ、調理したふきのとうの写真、ジャガイモや小松菜を植えたという信じられないお話。
に、比べて私ときたら。イヤ、私のせいじゃない。私が住む場所のせい。真冬です。

ご覧ください。今朝の我が家から見える国道の写真です。モノクロではありません。写真テクニックを持たない私、いつもオートで写します。

129日ブログ


今朝は計りませんでしたが、昨日の朝は当地の気温はマイナス15度でした。昨夜も寒くて、夜中に目を覚ますと、傍らの湯タンポが冷たいのですふとんの外にはみ出ると、さすがの湯タンポも湯冷めするのです。

先に雪かきを始めた妻を追って、朝食前に雪かきを1時間半ほどしました。天気予報は明日にかけて荒れるそうです。ああ、夕方にもういちど雪かきをしなければならない。状況から判断すると、2時間以上かかるでしょう。「さらに明日にかけて」、というテレビキャスターの言い回しを当地風に翻訳すると、今晩降り積もった雪は明朝雪かきに最適の状態になっていますよ、ということなのです。
 こんな日はウオーキング中止。だって、もうすでに万歩計は3500歩を越えていますから! レコードを聴きます。
津軽三味線 髙橋竹山 その三 」、サブタイトルが津軽三味線組曲≪十三潟≫、これはボリュームをあげて聴くのです。三味線だけですから単調といえば、単調です。ただ、レコードのチリチリ音も含めてデジタル音とはちがうサウンドを髙橋竹山が奏でます。

と、ライナーノーツを読んで、雪かきごときで泣き言をいう私は髙橋竹山からパンチをくらいました。
15,6歳の頃からさまざまな所を歩いてきて、ろくなものも喰わなかったが、よく病気もせずに生きてきたもんだ。中略。犬と同じで外にばかりいるもんだから、なれてしまって寒いなんて思わなかったな。汽車なんか乗るもんでねえ。みんな歩きだ。泊まるところは乞食宿だべ。シラミはいる。ノミはいる。ノミいるに、蚊いるに、夜なんか寝られたもんでねえ。蚊取り線香あるわけでねべ。朝早く起きて五里でも六里でも乞食仲間と組んで歩いた。朝早く歩いて昼間に寝ていた。昼はノミがあまりいねもんだから。』
竹山はこうして、家々の前で演奏して僅かの日銭を得ながら北海道や樺太まで旅しました。歩く時間や寝る場所を確保するのに割く時間で、稽古にあけくれたわけではないとも、語っています。親から買ってもらった安い三味線でどのように演奏するか、口を糊するための三味線だから、どうやって聴く者をひきつけるかを工夫して、彼独特の奏法を身に着けた、という解説があります。
テレビで竹山特集を見たことがありますが、苦労して三味線を学んだ様子を語る口から苦しさ、つらさ、絶望等を感じませんでした。たんたんとあっけらかんと語っていましたね。

それじゃ、私もひとやすみして、夕方の雪かきに備えましょう。
夕方の雪かきで歩数はさらに3000歩を軽く超え,合計8000歩近くになるでしょう。

こちらはyoutube 即興曲の岩木です
スポンサーサイト

98枚目高橋竹山『岩木』のド迫力

12.29 03chikuzann

98枚目高橋竹山『岩木』のド迫力に圧倒されました。

LP盤高橋竹山『岩木』を聴き直しました。
レーベル:CBSソニー 1978年
定価:2500円
さきほどイブモンタンとマリリン・モンローの色気に圧倒された私。

気持ちを引き締め、ここは邦楽をひとつ。

邦楽といえば三味線。
現在、吉田兄弟をはじめ若手の台頭著しく、たのもしい限りですが。

そこは原点に戻って、高橋竹山を。

目の不自由な方が、楽器を存分に弾く。
洋の東西を問わずにたくさんいらっしゃいます。

高橋竹山はそのひとり。
津軽三味線即興曲【岩木】は独奏ですが、ステレオの音量を上げて聴くと、
バチが飛んできそうな位の
ド迫力で迫ってきます。

このレコード、小さなノイズありますが、全く気になりません。
高橋竹山の気迫が伝わってきます。
そう、目をつぶって聴くといいのです。
高橋竹山もすごいが、レコードにしたCBSソニーもえらい。

百聞は一見にしかず、
Youtubeにありました
あり日の竹山と、感動の物語が。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。