スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

679枚目 アンソニー・パーキンス「月影のなぎさ」を聴きなおしました

679枚目 アンソニー・パーキンス「月影のなぎさ」を聴きなおしました

アンソニーパーキンス

にんじん


レーベル : RCA
発売元 日本ビクター株式会社
発売年 不明
B 面 ファースト・ロマンス

 街は「ハロウイン」一色です。
いつ頃から「ハロウイン」が日本の街を席巻するようになったのでしょう。札幌では仮装パレードがあるそうで、参加者募集の案内が新聞にでていました。
 本来は秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う立派な宗教行事。春から秋の大豊作を夢見て頑張ってきた私には参加する資格があるそこいらのあんチャンねーチャンが包帯を巻いたり、どぎつい口紅を塗りまくって闊歩する姿を見ると、「君たちは秋の収穫とは無関係だろ」と啖呵のひとつもきってみたい。
でもねえ~、ご覧ください。写真は我が家の今年度におけるニンジンの全収穫量です。中央のマジックペンは極太マジックではありません。普通の、いやむしろ細い方のそれです。一度目が失敗したので、二度種をまきました草取りに費やした時間は莫大です。腰も痛めました。虫とも戦い、スズメバチの襲撃にそなえ、作業エプロンにスズメバチ撃退スプレーをいつも忍ばせておりました。で、結果がこれです。カレーやシチューにすると数回分。飯寿司をはじめとする数種類の漬物には飾りにしかならないでしょう。
 さらに悲しいできごとが続きます。「ハロウイン」のカボチャを作ろうと畑に残したオレンジ色のカボチャを畑用小屋として借りている車庫に忘れてきました。昨日それを取りに行ったのですが、ビニール袋から完全に消え去りました。種を数粒残しただけ。金属ガレージの隙間から侵入できるのは野ネズミだけ。皮すら残さない凄まじい食欲です。しようがないので、たったひとつ畑にポツンと捨てられていた緑色のこれを拾ってきました。来年はきっと立派なものを作ります。
 「ハロウイン」ネタは以上ですが、うれしいこともありました。昨日、当地のJR駅に隣接する複合施設を買い物帰りに通ったらフリーマーケットをやっていました。平日のフリーマーケットですから、人もまばら、売っているモノもまばら。なにやら日常品や婦人用衣料に混じってドーナツ盤レコードが数枚ありました。どんな状況でも眼前にレコードがあると必ず目を通す私、ビックリしました。アンソニー・パーキンスの「月影のなぎさ」があったのです。初めて見ました。もちろん購入。家に帰って早速聴くと、これは昔よく聴いた曲でした。多分皆さんも聴いたことがあると思います。でも、このレコードは見たことがないでしょう
 「月影のなぎさ」は「サイコ」(1960年)に出演する前の作品(1958年)だったのです。でも、これは再発モノ、70年代のものと思います。当時「のっぽ物語」でバスケットプレイヤーを演じたアンソニー・パーキンスに同じくバスケットを愛する私はあこがれました。「サイコ」と「のっぽ物語」のキャラの違いに驚きました。


 Youtubeにはないと思いましたが、あったのです。
スポンサーサイト

648枚目 のパット・ブーン「クリスマス・スーパー・デラックス」から「ホワイト・クリスマス」を聴きなおしました

648枚目 のパット・ブーン「クリスマス・スーパー・デラックス」から「ホワイト・クリスマス」を聴きなおしました

pat boone

logo Dot


レーベル :Dot 
発売元 ビクター音楽産業株式会社
発売年 1974年
定価:2500円

A面
1. ホワイト・クリスマス
2.ジングル・ベルス
3.サンタが町にやってくる
4.もろびとこぞりて
5.サンタクロースがやってくる
6.ベツレヘムの小さな町で
7.アベ・マリア
8サイレント・ナイト
B面
1. 赤鼻のトナカイ
2. ブルー・クリスマス
3. ウインター・ワンダーランド
4. アデステ・フィデリス
5.メリー・クリスマス
6オー・ホーリー・ナイト
7クリスマス・ソング
8蛍の光


 先週、低気圧が日本を襲撃しましたが、当地は大きな混乱もなく、平穏でした。
しかし、北海道東部に大きな被害をもたらしました。かつて私が住んでいた根室市では低気圧による高潮が発生し、低い地域は冠水の被害にあいました。知人によるとメディアでは紹介されなかったが、たくさんの漁船が漂流しており、漁業の妨げになっているそうで、迅速な対応が必要とされています。ちなみにそれらの漁船は廃業漁師のものらしく、持ち主が不明。冠水にあった知人の会社は地下室のボイラーや建物の痂疲を調査するのに年を越し、一部が使用できない。長年その地域に暮らすお年寄りの話では、こんな高潮を今までに経験したことがないと言っているそうです。

世界のニュースでは、パキスタンのイスラム武装勢力「パキスタン・タリバン運動(TTP)」がペシャワルの学校を襲撃して多くの生徒を殺害した。さらに、ナイジェリアでは、イスラム過激派ボコ・ハラムと見られる武装集団が、ボルノ州の村を襲撃し、女性や子供らを含む180人を超える村民を拉致した。そこはこの夏女子高から少女約270人が拉致された近くだと言う。

 昨日仕事帰りに寄った2軒のホームセンターではクリスマス・ツリーの大幅値引き商品と正月の角松グッズが隣合わせて売られていました。クリスマスが終わっていない内からそれに関わる商品が陳列棚の片隅に追いやられ、次のイベント用商品が拙速にならべられる。この季節感のなさ。業者のえげつないまでの商魂

 明日は職場の忘年会。状況の違いに戸惑いながら、そして、年末の高揚感がややそがれた感がありますが、日曜日の午後にクリスマス・アルバムでも聴いてみましょう。手持ちのクリスマス・アナログ盤は以前にアップしましたので今日は定番のパット・ブーン。Amazonを調べたら、パット・ブーンのCDがあること、あること!!多分、多くのシンガーの中で一番クリスマス・ソングをリリースしたのではないでしょうか

 でも、この「クリスマス・スーパー・デラックス」はありませんでした。前回の2009年クリスマスには「ゴールデン・クリスマス」盤を紹介しました。これはDot盤でした。筆記体でDが黄色、oが赤、tが青です。このロゴが好きです。しかし、今回の1974年盤は大文字ゴシック体でDOTと、なんとも味気がありません。デジタル派からみると小さな、どうでもよいことでしょうが、アナログ派はレコードのロゴにもこだわりがあるのです

 私がよくお邪魔をするまん丸クミさんはカナダのアナログ盤はつくりが雑で魅力に欠けると書いていらっしゃいます。同感です。手元にわずかにある輸入盤はどれも日本のように丁寧に作られていません。
 あ、話がクリスマス・ソングからそれてしまいました。



こちらはyoutubeのパット・ブーン

625枚目 ナンシーシナトラ&リーヘイゼルウッド「サマー・ワイン」を聴き直しました

625枚目 ナンシーシナトラ&リーヘイゼルウッド「サマー・ワイン」を聴き直しました



サマーワイン ナンシー&ヘイゼル 最終アップ


吹雪の中の閉店酒屋




発売年 :1967年
レーベル :reprise
発売:ワーナーパイオニア株式会社
 
B面  さすらいの男
 




 先日の大雪、皆様の地域はいかがでしたか。雪害で被害にあわれた方々には心からお見舞い申し上げます。
 北海道も大雪が降りました。昨年春の猛吹雪で車に閉じ込められた人々が被害にあい、死者もでました。今年はその教訓が生かされ、それほど大きな被害がなかったものの、自然の猛威は本当に恐ろしいです
 私はこの時期、車で遠出するときは必ず、スコップと菓子や飲料水、サバイバルシートを用意します。基本的にはそんな天候状況では車に乗らないことにしていますが。

 一方で、ソチオリンピック。日本人選手の活躍に国中、連日一喜一憂しておりますが、私もすっかり寝不足であります。

 冬一色のこの時期、奇をてらってナンシーシナトラ&リーヘイゼルウッド「サマー・ワイン」を聴き直しました。「春のイチゴとサクランボと天使の口づけ、サマーワイン」など等、何故か春と夏の単語がちりばめられたこの曲、毎晩湯たんぽを抱きながら眠り、雪かきに疲れた体を癒してくれるのです。

 さて、この冬多くのブロガーさんがとりあげている「雪景色」。みなさんプロも顔負けのすばらしい写真をアップしています。そこで私も通勤リュックにカメラをしのばせ、冬の写真を何枚か撮ってみようと思います。
今日は北海道大学近くにあるつい最近閉店した酒屋さんを通勤途中に写しました。「サマー・ワイン」と正反対の絵柄です。


こちらはyoutube のナンシーシナトラ&リーヘイゼルウッド「サマー・ワイン」

624枚目 リトル・ペギーマーチ「アイル・フォロー・ヒム」を聴き直しました

624枚目 リトル・ペギーマーチ「アイル・フォロー・ヒム」を聴き直しました


アイウイルフォローヒム

雪まつり




発売年 :1963年
レーベル :Victor
発売:日本ビクター株式会社
 
B面  こんどの土曜に恋人を(サム・クック)


 

 札幌雪祭りに行ってきました。
仕事帰りに立ち寄りました。長い間北海道に住んでいて、目的意識を持って見たのは今回が初めてです。会場のそばを通ったこと、雪像を壊すのを見たことがあったものの、きちんと見たことはありませんでした。
 今日初めてじっくり見て感じたのは、意外と雪像の数が少なかったこと。でも、ひとつひとつが巨大で丁寧に作られているのには感心しました。人が多く(特にアジアからの観光客が多いです)、屋台の数が多いのも印象的でした。
 
雪像を映すカメラマンの多いことも驚きでした。三脚を持参する方もたくさんいて、その姿勢に驚かされます(中高年男性が多い)。まずは会場に設置されたモーグル用のスロープを滑走するモーグラーの撮影だ。将来のオリンピック選手が音楽とDJの紹介に合わせ次々とパフオーマンスをくりひろげます。周囲のカメラマンは大半が長いレンズをつけた一眼レフでバシバシ。かたや、若い女性たちはスマートファン。いずれも連続撮影が可能なんでショ。こなた、私が勇んで持ち込んだデジカメは600万画素のオリンパス。モグラーの写真はすべてピンボケでした。で、敗北感を背に次の会場へ。そこはプロジェクションマッピングで話題の「イティマド・ウッダウラ」、ここも高級一眼デジカメを持った人たちがワンサカいました。


雪祭りを見て決意したことがひとつ。清水寺の舞台から飛び降りるつもりで「カメラを買うぞ」。妻に内緒で「絶対に買うぞ!!」。
というのも、私のオリンパス、撮影途中で動作不可つまりフリーズするんですヨ。手袋の中にいれ、手で温めて、ほうほうのていで写した「イティマド・ウッダウラ」をご覧ください。

 あ、肝心の楽曲紹介だ。
ミーハーの私が妻に内緒で、なけなしのヘソクリでカメラを買おうと決心した夜、聴いた楽曲は「I will follow him」。himではなくthemが正しいのでしょうね。この場合は。

http://www.youtube.com/watch?v=mAQb8diTloEこちらはペギーマーチが日本語で歌ってます。口パクで

623枚目 パット・ブーン『悲しきカンガルー』を聴き直しました

623枚目 パット・ブーン『悲しきカンガルー』を聴き直しました

>悲しきカンガルー

2月2日きつね足跡


発売年 :1963年
レーベル :Dot
発売:日本ビクター株式会社
 
B面  
 

 「あら、きつねさん
「バカ、きつねに、さん付けするな」
今朝の我が家の会話です。
写真を撮ろうと庭に出ましたが、もういません。そこで足跡だけを写しました。夜、何度か訪問されたことはあるのですが、日中しかも日曜日の朝、食事中に訪問されたのは初めてです。何しろ庭に積もった雪がほぼ窓と同じ高さですので、良く見えるのです。すぐそばに小さな茂みがあるものの小動物の数も少なく、キタキツネたちも餌がないようです。
 この地に移って3回目の冬。彼らの姿を何度か見ましたが、冬の寒さで飢え死にした様子はありません。もちろん我が家には彼らに餌を与える経済的な余裕もありませんし、エキノコックスという病気がこわい。キタキツネの糞の中にある菌を媒介とする伝染病のひとつです。したがって、キタキツネを見つけた時は脅します。手をたたき、大声で「コラ」、と。
 
 
ということで、今日はキタキツネにまつわる音楽ではなく、パット・ブーン『悲しきカンガルー』を聴きなおしました。
 というのも、フォークの大御所ピート・シガーさんが亡くなりましたが、私のイメージとしては『悲しきカンガルー』が流行った時に、ピート・シガーというフォーク歌手を知ったような気がするのです。高校生の時でした。フォークギターに憧れました。『悲しきカンガルー』はブラザーズ・フォーのものをよく聴いた記憶があります。

こちらはyoutube のパット・ブーン『悲しきカンガルー』
プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。