スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログドーナツ盤(赤盤) 加山雄三『小さな旅』450枚目

加山雄三 小さな旅
450枚目アナログドーナツ盤(赤盤) 加山雄三『小さな旅』を聴き直しました。
レーベル : Toshiba  発売元  東芝音楽工業株式会社
制作年 1966年
定価 330円
B面 霧雨の舗道
赤盤の加山雄三『小さな旅』のジャケットに見覚えありませんか?

そうです。
渥美清ふんする『フーテンの寅さん』。

イエ、加山雄三がマネをしたのではなく、
『寅さん』が加山雄三『小さな旅』をマネたのです。

♪ トランクさげて旅に出よう
  心に風が吹くからさ
  背広を肩に旅に出よう
  街には夢がないからさ ♪

  カンカンかぶって 旅に出よう
  星がふりそな夜だから
  山越え 野越え 旅に出よう
  僕のシグナル 青ばかり ♪

加山雄三『小さな旅』は1966年発売。
『フーテンの寅さん』はフジテレビで1969年にテレビドラマとして放映されまし。
4年の時間差。

その間、松竹制作部は構想を練り
トランクをひっさげ、背広を肩にかけ、カンカン帽子(あ、お若い方、カンカン帽子ってわかります?加山雄三がかぶっているこれです。石原裕次郎も小林 旭も赤木圭一郎も
かぶりましたヨ。)のファッションが誕生したのです。

ただ、そのままパクっちゃ著作権に触れるので、
白ワイシャツをダボシャツ腹巻に、スリッポンを雪駄に、
パナマ帽を例の帽子に変え、
20世紀日本映画の大ヒット長寿シリーズとなったのです。

その出発点がこの加山雄三『小さな旅』だという
私の勝手な推測であります。

で、歌はどうかって?

個人的には歌よりジャケットが好きです。

youtube で歌を確認しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

アナログドーナツ盤(赤盤) 加山雄三『君といつまでも』449枚目。

加山雄三 君といつまでも
レーベル : Toshiba  発売元  東芝音楽工業株式会社
制作年 不明
定価 不明
B面 夜空の星
赤盤の加山雄三『君といつまでも』。
妻の実家にあったもの。
妻が高校時代にすりきれるほど聴きました。

チリチリ音が混じり高音部が割れます。
ジャケットもありません。
ほかにも加山雄三のドーナツ盤がありますが、
すべて赤盤ではなく、黒盤もあるのです。

当時の東芝音楽工業は同じミュージシャンになぜ
赤盤・黒盤の両方を用意したのでしょう。

すべて赤盤で押し通し、他社との差別化をはかるべきだったと考えるのは
素人考えでしょうか。

そのへんの事情に詳しい方のコメントをお待ちしております。

さて、
映画『エレキの若大将』の主題歌だった『君といつまでも』。
今聴きなおすとむしろ
B面の『夜空の星』のほうがノリよく、『エレキの若大将』のテーマにぴったりきます。


Youtubeの『君といつまでも』
これも相当ヒットされています。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。