スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

698枚目 ローリングストーンズ「LIVE」から「Under My Thumb」を聴き直しました。

698枚目 ローリングストーンズ「LIVE」から「Under My Thumb」を聴き直しました。

レーベル :LONDON
発売年 1973年
発売元 キングレコード

rolling stones live


一枚目 Side1
1. Under My Thumb
2. Get Off Of My Cloud
3. Lady Jane
4. Not Fade Away
5. I've Been Loving You Too long
6. Fortune Teller
Side2
1. The Last Time
2. 19th Nervous Breakdown
3. Time Is On My Side
4. I'm Alright
5. Have You Seen your Mother Baby
6. Satisfaction
二枚目 Side3
1. Jumpin' Jack flash
2. Carol
3. Stray Cat Blues
4 Love In Vain
5. Midnight Rambler
Side4
1. Sympathy For The Devil
2. Live With Me
3. Little Queenie
4. Honky tonk Woman
5. Street Fighting Man


 今日の当地の新聞は北海道新幹線開通の話題でいっぱいです。一方では同じ日に北海道のいくつかの無人駅廃止がJRより発表され、鉄道マニアが写真撮影に集まっている。複雑な心境です。つい先日も「寝台特急カシオペア最後の運転」ということで当地の鉄道写真撮影ベストスポットに全国から鉄道カメラファンが訪れました。とにかく今月の北海道は鉄道話題が沸騰です。私は興味なく、今日は我が畑の近くに舞い降りたハクチョウを写してきました。

ハクチョウ


さて、これでもかというほど夥しい北海道新幹線記事の片隅に小さく「ハバナにR・ストーンズ」と言う記事を見つけビックリしました。
なんとローリング・ストーンズがキューバのハバナでコンサートを開いたのですね。約50万人が集まったとのこと。もちろんキューバ史上初めての大コンサート
北海道に新幹線が来ることが私にとっては夢みたいな話ですが、キューバで欧米のロックグループによるコンサートが開かれるのはもっと驚きです。というのも、個人的にキューバ危機は衝撃的な事件だったのです。
 高校受験を控えた秋だったと記憶しています。団塊世代の私たちは小学校で一つの教室に60名も詰め込まれ、中学でもひとクラス50数名でした。それが1学年15クラスもあり、とんでもない状況にありました。さすがに見かねた市の教育委員会が急きょ中学校を新設し、私は新設の中学校へ強制転校。体育館もありませんでした。高校は私立が2つ増えましたが、授業料も高く我が家の経済状況では公立しか行けません。あとは場所を選ばなければ企業内高校というものもありました(大半が本州、働きながら学ぶシステム)。担任教師からはしょっちゅう、3人に1人は全日制の高校に入れないぞと脅されていました。高校入試を目前にした時にキューバ危機が勃発したのです。1962年のこと。希望の高校に入れるか不安の絶頂にいた時のニュースでしたから鮮明に覚えています。
 人生で最も多感な時期ゆえに、ネガティブ思考が先行してキューバとの和解など、つゆほどにも思いませんでした。それどころか米ソ間で核戦争が起きるのではないかと不安が増幅しました。
 時代が大きく変わったのですね。米大統領がキューバを訪問する。キューバ音楽団が世界に出向き外貨を獲得する。今度は世界の名だたるロックバンドがラテン音楽の本場、キューバで公演。先鞭をきったのがローリングストーンズというのが衝撃でした。
 1962年キューバ危機はストーンズ結成の年なのです。彼らもまさかキューバのステージに立つとは夢にも思わなかったでしょう。1973年発売の「Live」,これは1966年ロンドンのロイヤル・アルバート・ホール・コンサート実況と1968年ニューヨーク・マジソン・スクエア・ガーデン・コンサート実況を編集した二枚組です。 3.26.2016記

こちらはyoutube
スポンサーサイト

653枚目「あなたが選んだローリング・ストーンズ・ゴールデン・アルバム」から「サティスファクション」を聴きなおしました。

653枚目「あなたが選んだローリング・ストーンズ・ゴールデン・アルバム」から「サティスファクション」を聴きなおしました。

あなたが選ぶローリングストーンズ


レーベル :LONDON 
発売元 キングレコード株式会社
発売年 1967年
定価:2000円

A面
1. 黒くぬれ
2一人ぼっちの世界
3ルビー・テューズデイ
4涙あふれて
5 19回目の神経衰弱
6 夜をぶっとばせ!
B面
1サティスファクション
2 たんぽぽ
3 マザー・イン・ザ・シャドウ
4 レディー・ジェーン
5 テル・ミー
6 この世界に愛を


 元旦にWOWOWで「ザ・ローリング・ストーンズ ライブ・イン・ロンドン・ハイド・パーク 2013 -スウィート・サマー・サン」という番組を見ました。
 正しく言うと、録画して、その後何度か見ております。年を取ると一気に見ることができないのですね。目も耳も疲れるのです。小出しに見ております。
 この番組の凄いのは、合間に1969年7月5日に開催された「ブライアン・ジョーンズ追悼コンサート」が挿入されているところです。
 熱狂的なファンは今も44年前も変わらない。いや、変わっているか?2013年は女性の数が多い。子供もいる!!
 ミック・ジャガーが「あの時はブライアン・ジョーンズが死んで、ギターを手にすることができないほど落ち込み、苦しいステージだった」と語る。
 聴き比べると、23~4歳で勢いのあった当時よりも、70歳を超えた今の方が上手だ。驚いたことに、ステージの途中で44年前のコスチュームを着て出てきた。今もピッタリ、体型が44年間変わっていない。
途中でブライアン・ジョーンズの後釜ミック・テイラーがゲスト出演する。昨年暮れに亡くなったボビー・キーズもテナー・サックスを吹きまくる。 

 そこで屋根裏部屋からローリング・ストーンズのLP盤をひっぱりだしまた。
私のアナログ盤は、タイトルが今では絶対に考えられないネーミングなのです。「あなたが選んだローリング・ストーンズ・ゴールデン・アルバム」ですから。これは近所のリサイクルショップで見つけたもの。ボロボロで、レコードもキズだらけです。従って、これはもう一台のプレーヤーで聴きました。
 ボロボロLPレコードですので、ライナーノーツもありません。ネット検索をしたら、この日本オリジナル編集盤はロック系雑誌「ミュージックライフ」が企画した、読者投票による選曲を元に作られたそうです。いやあ、当時の音楽出版社もレコード会社も力があったのですね。今では考えられないことをやっていた。その企画に答えて、好きな楽曲を選んだ当時の若者のパワーも凄い!

こちらはyoutube 1965年のもの

626枚目 ローリングストーンズ「Gimme shelter」を聴き直しました

626枚目 ローリングストーンズ「Gimme shelter」を聴き直しました


stones 1


レーベル :LONDON
発売元 : キングレコード株式会社
発売年 : 1971年


― ストーンズなんか、寂れたロック喫茶の片隅でタバコをふかして、
ジャリジョリいう古いレコードで聴いていればいいんだよ。―


私がたびたび訪問するブログ「レコードを聴きながら」の櫟コナラさんがこう書いています。
コナラさんの小気味良い記述におもわず拍手しました。何らかの形で音楽業界とつながる評論家達には絶対書けない文章です。もう、感服のいたりですね。

こちらが櫟コナラさんのブログ 「レコードを聴きながら」
 
 コナラさんは1990年、ストーンズ初来日の時の感想も当時コンサートに集まった聴衆、とりわけ『とんがったお兄さん』たちや時代を分析し、回想しながら鋭く書いています。2014年東京公演もご家族で行かれ、2回の公演に集まった聴衆の差異を見事にまとめています。実際に現場に行かれた方だけに説得力がある。ロック評論の世界に君臨するSやOやIのブログよりずっと面白かった。 で、両方とも行っていない私はコナラさんのずっと上の世代。
ストーンズネタから言うと「西郷輝彦:ローリング・ストーンズは来なかった」(https://www.youtube.com/watch?v=K_txCWpHb2U)世代なのです。
ここの部分を理解していただける方はごく僅かでしょうね。
現在60歳以上で当時ギンギンにロックにまみれていた方々か、同じく60歳以上で純粋に西郷輝彦ファンの二派に限っておわかりいただけると思うのですが。

その「ローリング・ストーンズは来なかった」世代にとって(私にとって)、この先長くない人生の中で、二度と来ないであろうこの機会に東京ドームに行きたかった。
でも、行けなかった。

二つの理由からである。
理由その1。
経済的理由で。すなわち、仮にチケットを手に入れたとしても、交通費・宿泊費を入れると十万円をこえ、わずかなへそくりから捻出することは不可能である。我が家の大蔵大臣(コレ今は死語なんでショ。)に相談しても「ダメ!」と一喝されるだけだ。
理由その2。業務上の理由から。年度末の多忙な時期に、東京行きは絶対に無理であること。
 以上、二つの理由からストーンズ東京公演に行くことができない私、悶々としていましたよ。エエ。

 そこに何とも小気味良く、貧しき中高年を救済する名探偵多羅尾伴内のようなこのセリフ。

―ストーンズなんか、寂れたロック喫茶の片隅でタバコをふかして、
ジャリジョリいう古いレコードで聴いていればいいんだよ。―
 
 

目から鱗が落ちました。
ストーンズ東京公演に関する日本中のブログでこれほど、鮮やかにバッサリと切り口鋭くコメントした人はいないでしょう。私を含めた(もしかすると、私だけかなア?)諸事情で東京公演に行けない中高年男性のもやもや感を一掃してくれたものはないでしょう

 早速ストーンズの『古いレコード』を引っ張り出しました
 たばこは吸わないので、コーヒーを飲みながら聴いてみました。今回の東京公演と重なる楽曲は少ないのですが、胸にじんと沁みました。

 涙が出ました。
 いろいろな意味で。。。
 
ストーンズ ギミーシェルター コンサート

618枚目 『Rolling Stones:Still Life』から『Under My Thumb:A列車で行こう』を聴き直しました

618枚目 『Rolling Stones:Still Life』から『Under My Thumb:A列車で行こう』を聴き直しました

rollingstones still life

スコップ類



発売年 :1982年
レーベル:Rolling Stones
発売: 東芝EMI
 
A面
 1. イントロ:A列車で行こう(インストゥルメンタル)
2. アンダー・マイ・サム
3. 夜をぶっとばせ
4. シャタード
5. トゥエンティ・フライト・ロック

B面
1. レット・ミー・ゴー
2. タイム・イズ・オン・マイ・サイド
3. ジャスト・マイ・イマジネーション
4. スタート・ミー・アップ
5. サティスファクション

『デューク・エリントン:A列車で行こう』で華々しくスタートを切った2014年個人的に、ですよ。こう自分自身に言い聞かせているんですがね、エ。エ)、『デューク・エリントン:A列車で行こう』に続く楽曲を発見しました。
 『Rolling Stones:Still Life』のイントロが『A列車で行こう』なんですよ。

ほんの短い時間ですが。
youtubeでご確認ください。
 
このアルバムは1981年のアメリカ・コンサートのライブ盤です。画面のように『A列車で行こう』の楽曲に乗って勇んでステージに飛び出すローリング・ストーンズ
 に、倣って新しい年に飛び出そうと目論んだのですが。。。

当地は連日の雪。雪。雪。年が明けて毎日雪かきです。なにしろ妻が雪かきダイエットに取り組んでいるものですから、それに付き合うこちらは大変です。多い時は1日に3回ですよ。それに費やす時間は多い時で2時間を超えるのです。も、すっかり気持ちが萎えちゃって、でもこの作業をしなければ我が家のライフラインを確保できないのです。北国の冬って大変でしょう。。。

 そこで本日紹介するのは我が家が雪かきに取り組む際の必須アイテムです。ホームセンターで『ママさんダンプ』と称する大型雪かき機、大・中・小。それに各種スコップ。これも雪質によって使いわけるのです。何年も使って錆ついているものもあります。つらい作業ですが、心地よい汗を流すことができ、体が軽くなり熟睡
できるのです。私にとってはスポーツ雪かきなのです。

この週末は寒波が北海道を襲うという天気予報。
 WOWWOWで録画した『ローリングストーンズ・ハイドパークライブ』を見ながら英気を養うことにしましょう。
 

こちらはyoutube の『Rolling Stones:Still Life 導入部 A列車で行こう』

590枚目 ローリング・ストーンズ 「山羊の頭のスープ」から「ドゥー・ドゥー・ドゥー」を聴きなおしました。

590枚目 ローリング・ストーンズ 「山羊の頭のスープ」から「ドゥー・ドゥー・ドゥー」を聴きなおしました。


山羊の頭のスープ ストーンズ



発売年 :1973年
レーベル:Rolling Stones
発売:ワーナー・パイオニア株式会社

A 面
1. ダンシング・ウィズ・ミスターD
2. 100年前
3. 夢からさめて
4. ドゥー・ドゥー・ドゥー…(ハートブレイカー)
5. 悲しみのアンジー

B面
1. シルヴァー・トレイン
2. お前の愛を隠して
3. ウィンター
4. 全てが音楽
5. スター・スター


ゴールデンウイーク後半になっても当地は天候が不順でただ今のところ、外の気温は6度です。
前回は天気回復の祈りを込めて太陽を神と崇めたアステカ帝国の名前をかぶせたアステカを聴きましたが、今日は「山羊の頭のスープ」。
ヤギは古くから生贄として使われることが多く、古代のユダヤ教でも象徴的に取り扱われていました。さらには黒魔術の生贄としても。ということで今日は天気回復を黒魔術にもすがる気持ちで聴くことにしましょう。
さて、「山羊の頭のスープ」のジャケット、誰もが一度は目にしたことがあるでしょうが、実におどろおどろしい。レコード棚から悪霊が出てくるのではないかと思うほど。
 ライナーノーツは星加ルミ子が書いています。なんとも退屈な解説で、レコーディングに1週間通ったことを自慢し、レコーディングにかかわったミュージシャンの名前を羅列しているだけ。そこでネット検索で山羊の頭のスープを。
 なんとすでに私が度々訪問するSNAKEさんがたくさんの写真と詳しい解説をされているではないですか。 参照*http://skenrock.blog10.fc2.com/blog-entry-80.html
 人気のある楽曲やグループはすでにほかの人が取り上げている。二番煎じになるところが難しいのです。

 ヒット数も少ないささやかな私のブログ、誰も読まないから言いますが、批評を生業とする「星加ルミ子」の解説などより、二番煎じでも素直なコメントを書くど素人の(失礼)皆さんのブログのほうが数倍面白い。声を大にして主張したいのです、誰も聞いていないでしょうけど。

SNAKEさんのブログによるとジャケットのデザインはミックジャガーの友人が担当したとのこと。

で、私ができること。
大変不純な動機で申し訳ないのですが、「残りの黄金週間晴天祈願」の意味を込めて今夜はボリュウムを挙げて聴きなおすこと。


こちらはU-チューブ。ストーンズはいつもと変わらず、黒魔術からは遠い感じで、晴天祈願は無理かなあ?


こちらはU-チューブ「山羊の頭のスープ 」から「ドゥー・ドゥー・ドゥー」
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。