702枚目 『帰って来たヨッパライ』を聴き直しました

702枚目『帰ってきたヨッパライ』を聴き直しました。

レ-ベル:Capitol

発売年:1967年

発売元:東芝音楽工業



フォークるEP


先日はしだ のりひこさんが亡くなりました。

長い間パーキンソン氏病の闘病生活を送られていたのですね。

はしださんはフォーククルセダーズのメンバーとして日本のフォーク界を牽引しました。

私は『帰ってきたヨッパライ』を初めてラジオで聴いた時はビックリしました。

同時にこんなのはすぐに消え去るだろうと思っていたのですが、

二番目にプチヒットさせた『イムジン河』がまったく違うプレイスタイルだったのに二度驚かされました。


なんという音楽センスのグループなのかと、同じ世代の人間として彼らの才能をうらやましく思いました。

ただ、大ヒットの陰ではしだ のりひこさんは

自分の目指すものとちがう、と苦々しく思っていたそうです。


凡人の目には見えない世界なのですね。

その後すぐにフオークルは解散し、はしださんはちがうグループを作りヒットさせるのですが、

60歳で自死した加藤和彦さんと重ねて、もっと頑張っていて欲しかったと思います。

Amazon プライムビデオの詳細はこちら


コロムビアミュージックショップの詳細はこちら

セブンネットショッピング ミュージック部門の詳細はこちら
スポンサーサイト

ザ・フォーク・クルセダーズ 『紀元弐阡年』436枚目 

folk crusaders


436枚目 ザ・フォーク・クルセダーズ 『紀元弐阡年』から『オーブル街』を聴き直しました。
レーベル : Capitol  発売元  東芝音楽工業株式会社
制作年 1968年
定価 2000円

  
Side 1.
1紀元弐阡年
2. 帰って来たヨッパライ
3. 悲しくてやりきれない
4. ドラキュラの恋
5. 水虫の唄
6. オーブル街
Side 2
1. さすらいのヨッパライ
2. 花のかおりに
3. 山羊さんゆうびん
4. レディー・ジェーンの伝説
5. コブのない駱駝
6. 何のため


 突然の訃報を聞き驚きました。
加藤和彦さんの自殺

うつ病が原因とか。
ガンや心臓病、脳溢血等脳の病気もこわいですが、
うつ病がこわい。

私たち中高年世代の最も華やかな舞台にいた人が突然自ら命をたつのですから。

アナログ・LP盤ザ・フォーク・クルセダーズ 『紀元弐阡年』はジャケットがありません。
弟が買ったもの。
何度も聴いてキズだらけです。

『帰って来たヨッパライ』を初めて聴いた時はむしろ、不快感を感じました。
しかし、
そのグループが『イムジン河』をヒットさせて、そのギャップに驚き、才能豊かなところを示しました。

そして、グループはあっという間に解散。

ソロになった加藤和彦は才能にあふれ、常に時代の先端にいました。
サディスチック・ミカ・バンドでの活躍、ソロになってからは異色の曲作り、プロデューサとして多くのアーティストを育成しました。

豊富な人脈とたびたび雑誌等で報道されるファッションセンスや私生活の華やかなこと

矢沢永吉とは対極にある栄華さ。それが『ヨッパライ』をヒットさせた学生時代から今日まで続くのです

うらやまずにいられません。
そんな彼が。。。

今日の午後は赤盤ザ・フォーク・クルセダーズ 『紀元弐阡年』を何度も聴きました。

Youtube の『オーブル街』。span>個人的な見解ですが、この曲が
最も加藤和彦らしいのです。


テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
検索フォーム
人気商品
人気商品2
人気商品3
RSSリンクの表示
リンク