719枚目 スーパートランプ 「Breakfast In America」を聴き直しました

719枚目 スーパートランプ 「Breakfast In America」を聴き直しました

スーパータランプ


発売年:1979年
レーベル :A&M
発売元:キングレコード

Supertramp Breakfast In America
収録曲
A面
A1 Gone Hollywood 5:15
A2 The Logical Song 4:12
A3 Goodbye Stranger 5:44
A4 Breakfast In America 2:40
A5 Oh Darling 4:10

B面
B1 Take The Long Way Home 5:09
B2 Lord Is It Mine 4:03
B3 Just Another Nervous Wreck 4:32
B4 Casual Conversations 2:53
B5 Child Of Vision



1979年発売のこのレコード、日本ではずいぶん売れたもの。
自信はないのですが、CMでも使われたような気がします。

テレビのCMにはオーディオ製品や
若者をターゲットにしたラジカセが各社から手を変え、品を変えて
売り出されていた時代のことです。

そのような時代背景だったからヒットした曲、というイメージもあります。

楽曲はもちろん、このアルバムの親しみやすはレコードジャケットです。

今じっくり眺めると、このアルバムデザインは色々な思いで鑑賞できます。

なにしろ、レコード盤中央がレコード会社のロゴではなく、

小太りのオバちゃんウエイトレスのイラストなんです。

レコード会社A&Mの力の入れ方が伝わってきます。

当時は聞き流していたこの楽曲、

クラリネットのからみが不思議なプレイスタイルだなあ、と思います。

ロックにクラリネットはあまり聴いたことがありません。

アナログレコードとの相性も良いなあ、と何の根拠もなく思うのですね。

さて、苦労してアップした動画は一瞬にして削除されました。

アマゾンプライム会員は無料で楽しめるのですが。

アマゾンプライム会員は無料体験の詳細はこちら。









スポンサーサイト

718枚目 サンタ・エスメラルダ 「悲しき願い」を聴き直しました

718枚目 サンタ・エスメラルダ 「悲しき願い」を聴き直しました

サンタ 悲しき願い


アマゾンプライム会員は無料体験の詳細はこちら。




発売年:1986年
レーベル :CARRERE
発売元:キングレコード

収録曲
A面 悲しき願い 

B面  セビリャの夜

今日の7インチEP、サンタ・エスメラルダの「悲しき願い」は再発盤です。

オリジナルは1977年。

「悲しき願い」はサンタ・エスメラルダの楽曲ではありません。
アニマルズが1965年にヒットさせ、もっとさかのぼるとニーナ・シモンが歌ったのです。
サンタ・エスメラルダは
1977年、「悲しき願い」をディスコサウンズにのせかえて全世界で400万枚以上売りました。

フル・オーケストラ編成。

だがリズムセクションが全面に出てきます。

最大の特長はフラメンコギター。

ブラス部門ともからみあい、ルロイ・ゴメスのボーカルをひきたてます。

この「悲しき願い」は
なんと14分に及ぶロング・バージョンもあるのです。

アニマルズ、いえ、
もっと言えば尾藤イサオ派(え、ご存知ない? あのう、明日のジョーの主題歌を歌っていた方です)の私にとっては全く新しい楽曲に聞こえます。

それが1986年に復活しました。
『ユーロビート』の波に乗ったのでしょうね。



さて、私の課題は録画した「悲しき願い」が、アップされるか、どうかであります。



こちらは1965年の尾藤イサオ版「悲しき願い」、

びとう 悲しき願い


ね、見たことあるでショ。
「悲しき願い」より、『明日のジョー』の方が有名でしょうか。
こちらは東芝系です。アップしてくれません。

楽天市場の尾藤イサオ

716枚目 レッド・ツエッペリン「ロックンロール」を聴き直しました

716枚目 レッド・ツエッペリン「ロックンロール」を聴き直しました


つえっぺりん ロックンロール



発売年:1972年
レーベル :ATLANTIC
発売元:ワーナー・パイオニア

収録曲

A面 ロックンロール

B面  FOUR STICKS

おそるおそるアナログレコードの演奏をアップしています。

今日の7インチEPはレッド・ツエッペリンの「ロックンロール」です。

「レッド・ツエッペリンⅣ」からのシングルカットです。

後期レッドツエッペリンを代表するアルバムの「レッド・ツエッペリンⅣ」。

『天国への階段』をはじめ名曲が多い中で、すぐにノれる楽曲が「ロックンロール」

だと、思います。

12インチアナログ盤で過去3枚のアルバムから音楽的な変化をとげた

ツエッペリンを確認すると、

興味深いのでしょうが、

たった2曲しか入っていない、ドーナツ盤「ロックンロール」を聴いて、

単純に楽しむのもアリか、と思わせる一枚です。


今年の3月にはボックスセットが発売されますね。

今から注目のようです。

さて、私のアナログレコード演奏はブロックされました。

こちらは400万回以上も再生されているPVです。




ツエッペリン 伝説のライヴ ─HOW THE WEST WAS WON─ <2018リマスター>【スーパー・デラックス・ボックス・セット】(3CD+4LP+2DVD Audio) Limited Editionの詳細はこちら

アマゾンでは今予約すると、割引価格で購入できるのですね。


アマゾンプライム会員は無料体験の詳細はこちら。

704枚目 デヴィッド・ボウイ『スターマン』を聴き直しました

704枚目 デヴィッド・ボウイ『スターマン』を聴き直しました



スターマン1


スターマン3


発売年: 1972年
レーベル: RCA
発売元: ビクター音楽産業

B面 サフラゲット・シティ

1970年代もっとも先鋭的で活動的だったロックミュージシャンといえば、デイヴィッド・ボウイだと思います。

70年代のボウイはアルバムを発表するたびに変容ぶりが激しく、世間を驚かせました。
駄作がほとんどないと言われるデイヴィッド・ボウイですが、中でも名盤といわれるのが『ジギー・スターダスト』、1972年の作品です。

その中のさらに傑作『スターマン』を聴き直しました。

スティーブン・スピルバーグをも虜にした『スターマン』。
SF映画「未知との遭遇」は、「スターマン」から多くのヒントをもらった話はあまりにも有名です。

私のEPスターマンはRCA盤。ビクター音楽産業からの発売です。

で、LP盤『ジギー・スターダスト』は東芝EMI盤なのですね。

不思議です。

さて、デイヴィッド・ボウイ。
死後ますます人気が高まっている感じがあります。

アマゾンでは『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュータウン 1977-1982 完全限定盤
が売れ続けています。

数多くの映画作品もあるボウイ。

さすがにアマゾン・プライムビデオの大量のライブラリーの中に無料で鑑賞できるボウイ作品はありませんでした。

有料です。

しかし、見たいときにいつでもすぐに見ることができるのは魅力です。
アマゾン・プライムビデオのライブラリーをチェックしていく中で、

いくつもの新しい発見もありました。

アマゾン プライムの詳細ページを確認 

ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュータウン 1977-1982 完全限定盤の詳細を確認

楽天市場デヴィッドボウイ売り場の詳細はこちら



699枚目 ボブ・シガーとThe Silver Bullet Band「Against the Wind」から「Against the Wind」を聴き直しました。

699枚目 ボブ・シガーとThe Silver Bullet Band「Against the Wind」から「Against the Wind」を聴き直しました。

レーベル :Capitol
発売年 1973年
発売元 EMI

silver bullet band


Side One
1. "The Horizontal Bop"
2. "You'll Accomp'ny Me"
3. "Her Strut"
4. "No Man's Land"
5. "Long Twin Silver Line"
Side Two
1. "Against the Wind"
2. "Good for Me"
3. "Betty Lou's Gettin' Out Tonight"
4. "Fire Lake"
5. "Shinin' Brightly"

 友人の見舞いと母の看病をかねて北海道の東まで行ってきました。
走行距離は往復800キロを超えました。今回はひとり旅でした。
友人は私よりひとまわり若いのですが、脳血栓で倒れたのです。幸い体に麻痺は残らずに回復したのですが、めまいが治らず歩くこともままなりません。めまいの気持ち悪さをつい先日体感しただけに、かける言葉もありませんでした。あとは薄皮を一枚一枚むくように時間をかけて回復を待つしかないそうです。心臓に重い症状をかかえているのに今春の豪雪でいつも以上に雪かきを頑張りすぎたのが原因だったようです。
友人を見舞った後は要介護5の母の見舞いと看病を妹に代わって1週間やってきました。口をあけてものを食べるという動作を忘れてしまったようで、全くと言ってよいほど食べようとしません。なんとか粘ってひとくち、ふたくち食べさせます。痩せ細った体に点滴は無理で、口から栄養を摂取するのがただ一つの方法です。

芽室駅線路

長旅の途中に通った踏切です。
 北海道の東のJRは単線ですので鉄路を見ただけでも寂しいのです。
 さらに本数も削られるものですから、ますます寂しさがつのります。

さて、長旅のためか、片方の目がひどく充血しておさまりません。今日はかかりつけの眼科へ行ってきました。原因は何年もさしている緑内障の点眼薬だとのこと。薬を換えてもらいました。突然薬が合わなくなるのですね。医者はよくあることと軽く受け流していましたが、これも加齢がなせるわざなのでしょうか。
診察を待っていると年配のご夫婦が私の前に座り、そこに奥さんの知り合いの女性が通りかかり、挨拶を交わしながら、ご主人の目の状態について話すのが聞こえてきました。緑内障が悪化して片方が失明状態とか、私と同じ病気なので、ショックでした。放置していたのではなく、きちんと通院していたというのです。年配の女性同士ですから声も大きく、聞きたくなくても聞こえてきます
意気消沈し帰宅した後に、選んだレコードはまずジャケットの絵柄から。若い馬が疾走しているこのジャケットが好きです。ボブ・シガーの歌も力強くていいです。長旅の途中に通る日高の牧場では若い馬の走る様子が残念ながら見ることができませんでした。
このレコードはUS Capitol盤、前回のキングレコード盤に比べると音質が格段にちがいます。

こちらはyoutube
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
検索フォーム
人気商品
人気商品2
人気商品3
RSSリンクの表示
リンク