スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

522枚目 アナログLP盤 ザ・バンド 『ザ・バンド』から『ロッキー越えて』

the band  ロッキー越えて
 ザ・バンド 『ロッキー越えて』522枚目 アナログLP盤『ザ・バンド』から

.
レーベル : CAPITOL 発売元  東芝EMI株式会社
発売年  1969年
定価   2500円

Side 1

1. ロッキー越えて
2. ラグ・ママ・ラグ
3. オールド・ディキシー・ダウン
4. ホエン・ユー・アウェイク
5. クリプル・クリーク
6. ウィスパリング・パインズ
Side2
1. ジェミマ・サレンダー
2. ロッキン・チェアー
3. ルック・アウト・クリーブランド
4. ジョーボーン
5. アンフェイスフル・サーヴァント
6. キング・ハーヴェスト

バンクーバーオリンピック応援歌ということでカナダ人アーティストを特集してきましたが、
当初の計画どおりにアップできないままエンディングを迎えるところです。

今日は日本中、フィギュアスケート女子の決勝の話題でもちきりです。
そのコメントは他のブロガーの方たちにゆずるとして、
カナディアン・アーティストについてご紹介します。

自分の所有するアナログレコードの中という限界の中で、ザ・バンドを選びました。
メンバーの5分の4がカナダ人。
カナディアン・アーティストにくくります。

さて、彼らの二枚目のアルバム『ザ・バンド』は
名盤のほまれ高く、カナダ人でありながら、アメリカ南部の
ル-ツミュージックを見事に体現したといわれています。
土着的で人間の本能に強く訴えかけるサウンド。
それをアメリカ人でなくカナダ人がオルガンやアコーティオンまで
使ってたっぷりと表現しているのです。

カナダが何個金メダルを取ったかわかりませんが、
自国の金メダルだけに固執するのではなく、
他国の金メダルを鷹揚に受け止める。
そんな国民性があると思います。(ちがっていれば、お許しを。)

そんな国民性を持つ ザ・バンドの『ロッキー越えて』
Youtube
『ロッキー越えて』


スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

ザ・バンド『ザ・バンド・ストーリー』 アナログLP盤464枚目。

the band the band history
464枚目 アナログ・LP盤  ザ・バンド『ザ・バンド・ストーリー』。

レーベル :Capitol  発売元  東芝音楽工業株式会社
発売年 不明
定価 不明


アナログLP盤 ザ・バンド『ザ・バンド・ストーリー』を聴きなおしました。
ボブ・ディランのバックバンドから出発した、ザ・バンド。
アメリカ・サザンロックを代表するバンドに飛躍しました。
1960年後半から70年代にかけてのことです。

特筆すべきは実は南部出身者がたったひとりで、あとはカナダ人メンバーだったこと。
言わば外国人グループが後半になって、あのマディ・ウオーターズとコラボレーション
する実力をつけるのです。

けして派手でめだつグループではなかったが、
ソウルフルで時にはゴスペルソングの味を出し、
シャープなギターテク、重厚なオルガンが当時は新鮮な
驚きを与えたのです。

このアルバムにも” I shall be released,” “ The weight “,
“ Georgia on my mind” 等名曲も多いのです。

今日は“ Georgia on my mind”を選びました。
じっくり耳を傾けると、いぶし銀のように
渋いのです。

こちらは youtube の “ Georgia on my mind”

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

230枚目   ザ・バンド The Band   オフェリア Ophelia 

the band southern cross

230枚目   ザ・バンド The Band   オフェリア Ophelia 

レーベル : Capitol 発売元 東芝EMI株式会社 1975年
定価 不明 

アナログ・LP盤 ザ・バンド The Band   オフェリア Opheliaを聴き直しました。

プレスリーの
誰でもがわかるロックン・ロールのあとは、

これもわかりやすいザ・バンド。

ボブ・ディランのバックバンドが、
サザン・ロックの代表、
いやアメリカン・ロックを代表するグループへと成長した。

シャープなギターに
ゴスペル調豊かな重厚なオルガン、
ブラス・セクションを効果的な使った
郷愁を覚えるような楽曲。

それが
ザ・バンドの大きな魅力だと思います。

ノイズまじりのオフェリア Ophelia、
LP盤『南十字星』から選びました。

ボブ・ディランとの交流で
互いにレベルを高めあったと言われますが、
アメリカ南部のルーツ・ミュージックに
グループの大半がカナダ人である
ザ・バンドが取り組んだこと。

外から眺めた方が
より魅力的だったアメリカ南部のルーツ・ミュージック。

そこにたどりつくには
ボブ・ディランなしでは
ありえなかったでしょう。

多岐にわたって枝分かれしていた
当時のロックシーンに
大きな影響を与えたグループと言って
いいでしょう。

youtubeへのアップは少ないのですが
ありました ザ・バンド The Band   オフェリア Ophelia



Retro Kimmer






70's Classic Rock





テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。